2006/10/15

カレル・チャペック  雑感

10月8日、9日と藝大オペラ『セビリャの理髪師』が無事に幕を閉じました。藝大の中にある奏楽堂で上演し、毎年楽しみにいらしてくださる方々も多いようです。
その演出を手がけたのは、粟国淳さん。故粟国安彦さんのご子息で、イタリアで育ちました。粟国安彦さんは1941年沖縄の南大東島の生まれ。歌い手から演出を目指しイタリアへ留学し日本でもイタリアオペラを中心に沢山の舞台を手がけ、48歳の若さで才能を惜しまれつつ亡くなったオペラ演出家ですが、今、その意思を継いで演出家となったご子息の活躍を、好きだったというホットビールでも飲みながらどこかで感慨深く見守っていることでしょう。

11月には東京二期会『コジ・ファン・トゥッテ』が、日生劇場で上演されます。この作品の活き活きとしたアンサンブルをご覧になるには、日生劇場は大きすぎず、ちょうどよい空間だと思います。今回、フェルランド役には芸大出身の鈴木准君がデビュー。高音も多く通常の舞台ではカットされてしまう24曲のフィオルディリージへの美しい求愛のアリアなども演奏するそうで楽しみです。

カレル・チャペック『マクロプロス事件』の翻訳本は増刷されておらず手に入りにくいようですね。   
私はケルン歌劇場のギュンター・クレーマー演出でこのオペラを観ました。音楽の素晴らしさと不老不死をテーマにした台本の面白さで、ヤナーチェクのオペラの中でもぜひ上演したい作品です。
カレル・チャペック(1890年1月9日-1938年12月25日)は20世紀前半のノーベル文学賞作家候補にもなったチェコの作家ですが、48歳で夭折しています。
「ロボット」の語源は、チャペックが、機械文明の発達と乱用への批判を描いた戯曲「R・U・R「エル・ウー・エル」(ロッサムの万能ロボット会社)」の中で用いた造語で、チェコ語で強制労働を意味する「robota」が語源といわれています。チャペックの戯曲の魅力はSFを越えて、人間にとって真実とはなにかを追求したところにあるのかもしれません。
「R・U・R」では、科学が発展し人間の子供が生まれなくなった近代に、労働力として人造人間(ロボット)が大量生産されるのですが、ある女性がロボットに心を持たせることを会社に要請したため、心を得たロボットたちが反乱を起こして人類を滅ぼしてしまうのだが…という話で、その後のSF文学や近未来映画にも影響を与えていると思われます。
クリックすると元のサイズで表示します
0



2006/12/6  22:17

投稿者:しゅーまん2号

マクロプロス事件、探しましたが、見つけられませんでした。代わりに、ロボットと、山椒魚戦争は読みました。チャペックいいですね。マクロプロス事件のオペラも是非見てみたいです。

2006/11/26  10:52

投稿者:霜月の娘

12月10日(日)にも伊勢崎第九で多田羅先生のお声が聴けますよ。
指揮者、ソリストは館林第九と同じです。

12月10日(日)
14時開場・14時半開演
伊勢崎市文化会館大ホール

チケット
前売 一般\2500 高校生以下\1500
当日 一般\2800 高校生以下\1800

私に連絡いただければ、チケット前売を御用意できますが…


2006/11/26  1:41

投稿者:多田羅ファン

最近ブログを更新なさっていませんね。
もうすぐ師走。お忙しい時期なのでしょうか。
去年も群響「第九」を聴きました。
12月9日は出勤日なので多田羅さんの「第九」を聴きにいけません。近辺で歌うご予定があれば教えてください。

2006/11/26  1:25

投稿者:Freude

館林第九演奏会 の情報です。
2006年12月9日[土] 18:30開演
会場/館林市文化会館
〈指揮〉高関 健(群響音楽監督)
 管弦楽:群馬交響楽団
〈ソプラノ〉木下 美穂子 
〈メゾ・ソプラノ〉秋葉 京子
〈テノール〉成田 勝美 
〈バリトン〉多田羅 迪夫
〈合唱音楽監督〉多田羅 迪夫 
〈合唱〉館林第九合唱団
モーツァルト/交響曲 第32番 ト長調 KV318
 ベートーヴェン/交響曲 第9番
ニ短調 作品125《合唱付》
チケット:全席自由 3,000円 

http://homepage3.nifty.com/tatebayashi_daiku/

2006/11/25  12:41

投稿者:夢の巡礼

地元香川で多田羅先生の出演情報を見つけました。なかなか東京まで行けないのでぜひ聴きにいきます。
わくわく!

かがわのアーティストシリーズX
第1部 オペラ・ガラ・コンサート
第2部 バタフライ・セレクション
2006年12/17(日) 14:00開演 グランドホール
入場料:S席・・・5,000円 A席・・・3,000円 学生席・・・1,000円
出演: 林 康子(ソプラノ)蝶々さん
    多田羅 迪夫(バリトン)シャープレス
    永井 和子(メゾソプラノ)スズキ
    東原 貞彦(バス)
    村越 大春(テノール)
指揮:菊池彦典
管弦楽:高松交響楽団
合唱団:高松マスターズコーラス 香川県合唱連盟 高松第一高等学校合唱部

香川県県民ホール
高松市玉藻町9-10 電話:087-823-3131

2006/11/10  15:14

投稿者:今村 睦

こんにちは、いつも楽しくブログ拝見させていただいております。20年来のオペラファンの主婦です。最近はお休みですが、二期会はよく聴いておりました。
 ヤナーチェクのオペラって日本ではあまりウケないというか、(オペラは単純でないとウケない?)あの不思議な世界が大好きです。利口な女狐など、ステキな曲ですよね!ところで、NHK「みんなの童謡」で「雪の降る街を」を聞きましたら、多田羅先生のお声でした。以前より低音が太くなられたような?とてもステキでした!

http://plaza.rakuten.co.jp/nanahoshitentou/

2006/11/5  22:27

投稿者:Maria

オペラは全て“夢”ですね。舞台に上がるのも、舞台を観るのも。本当にその世界にドップリ浸かって、幸せな気分を楽しむことができます。

今日は二期会コジ・ファン・トゥッテを観てきました。率直に言って、最高に楽しかったです!6人のソリストさんが皆さんそれぞれの個性を出し切って演じていて、もちろん歌も素晴らしい声で、なんというか、観に行って良かった!という感じです。
鈴木准さんのフェランド、素晴らしかったですよ!以前、第九でご一緒させていただいたこともありますが、その頃より格段に成長しているのが手に取るように感じられて嬉しかったです。

2006/11/4  0:24

投稿者:Maria

二期会コジ・ファン・トゥッテの初日は大盛況だったようですね!私は明後日5日に観に行きますが、多田羅先生のお弟子さん、鈴木准さんのフェランドを楽しみにしています。(*^o^*)

2006/10/22  22:07

投稿者:星は光りぬ

そうですかぁ。
私は80年代はまだオペラを観ていなかったのが残念です。でも日本オペラ協会が40周年記念で新作上演した『修禅寺物語』(99年、新国立劇場)は聴きに行き、大変感銘を受けました。一緒に行った友人たちも言っていますが、多田羅さんの夜叉王、めちゃくちゃかっこよかったです! 
もともと岡本綺堂の本が好きなんですが、『修禅寺物語』はオペラとしても傑出していました。田中均さんの音楽も良かったし。
最近は日オペも二期会も邦人オペラを上演しないけれど、『修禅寺物語』はぜひ多田羅さんの主演で、新国で上演してほしいです。名作はDVDにしてほしいな。


2006/10/22  21:28

投稿者:中井 久作

多田羅さんといえば、日本オペラ協会の邦人オペラでのご活躍が印象に残っております。最近は良い邦人オペラが上演されないのが残念です。日本人の歌手の方が邦人オペラに出演した場合、なにかしっくりこないと思うことが多いのですが、多田羅さんの場合は、まるで能楽師か歌舞伎役者かと思わせるような舞台での姿の美しさと、気持ちよく声が立つというか、音色が本当に豊かで、ドラマの中に観客を引き込む力がある数少ない方だと尊敬しています。粟国安彦さんのお名前が出てきたので思い出しましたが、私がオペラにはまったきっかけは、1986年、日本オペラ振興会『舌を噛み切った女』(原嘉壽子作曲)でした。後に和製カルメンと言われ、「すて姫」とされた作品。その時の多田羅さんと郡愛子さんの迫真の演技唱に、日本にも凄い歌役者が出てきたなとすごく興奮したのを覚えています。その翌年、民音でイタリアオペラ、ロッシーニ『シンデレラ』の上演があって、それも栗國安彦演出。しかもドン・ラミーロの先生で哲学者のアリドーロ役で多田羅さんが出演していて、今度はとても面白かった。映像が残っていたらぜひもう一度観てみたいものです。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ