2005/9/15

プッチーニ『マダム・バタフライ』(お蝶夫人)  公演情報


1990年、フィンランドのサヴォンリンナ・オペラ祭に客演した際に、私は領事シャープレスを演じました。
この版の楽譜は、一般に上演されることの多いパリ版とは違い、ミラノ初演版に基づいたもので、音楽的にも慣行版といろいろ違いがあって興味深い体験でした。
指揮は大野和士さん。演出は故人となってしまった三谷礼二さんの映画のように美しい舞台。今でも音楽とともに沢山の思い出がよみがえってきます。
クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ