2007/5/6

端午の節句も過ぎもう立夏  日記

最近、ブログを更新していませんね。と皆さんに言われながら、すっかりご無沙汰してしまいました。一時、ちょっと風邪をひいたりもしましたが、おかげさまで何とかつつがなく過ごしています。薔薇の芳しい季節ですね。

一粒の麦さん、星は光りぬさんもアート・ガイア掲載情報など有難うございました。事務所に届いていると思うので聞いてみます。

さて、3月25日に上野の東天紅で門下生たちが、私の「還暦祝いの会」を開いてくれました。20年以上の間の門下生たちが50人近く集まってくれて、あっという間のようでもありましたが、本当に月日の流れを感じます。今年は節目の年として、一日一日を大切に過ごそうとあらためて思ったりしています。
秋にはベートーヴェン、シューマン、ブラームスの歌曲でリサイタルを開く予定です。

さきほど、昨年末に出版された「毎日楽しむ名文」という本をぱらぱらとめくっていて、5月5日の頁は、なだいなだ さんの「火を盗め」の一節でした。
…死んだ人間からであろうと、生きた人間からであろうと、その胸から火を盗め。人間は、他の人間の胸の中に燃えている鬼火のようなものを盗むことによって、はじめて生命を得るのである。…この種のぬすびとが絶えぬかぎり、精神は滅びぬであろう。
いい言葉ですね。
演奏者も演奏する時、作曲者のそして作詩者の心に燃えていた炎に思いを馳せ、その意味と息吹をまた次の世代に絶やさずつたえてゆくことが出来たら。
遥かなる時代を生きた作曲家たちの歌曲を歌いながら、そんなことを考えていました。
クリックすると元のサイズで表示します
0



2007/5/6  14:48

投稿者:多田羅ファン

沖のさざ波さん、CD情報ありがとうございます。

残念ながら、僕は松本での「エディプス王」には行けなかったのですが、なんと最近、その時のDVDが安く買えるんですよね。CDとほぼ同じ3000円程度でした。

「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」初年度を飾るプロダクションということで、かなり気合が入っていますね。
キャストは、王にフィリップ・ラングリッジ、ジェシー・ノーマン、使者に多田羅さんですが、多田羅さんの衣裳と振り付け、なんだか私には《ガッチャマン》を思い出してしまいました。すごいメイクですがすぐにわかりましたよ。

演出は、ミュージカル『ライオン・キング』の成功で世界的に有名になる前のジェリー・テイモアですが、独創的な舞台です。ネットで注文したらすぐ翌日とどきました。これは内容的にもかなりお買い得と思いました。
確かに白石加代子さんの語り、かなり怖いですが…(笑)。

ストラヴィンスキー:オペラ・オラトリオ
『エディプス王』

 エディプス王:フィリップ・ラングリッジ(T)
 ヨカスタ:ジェシー・ノーマン(S)
 クレオン:ブリン・ターフェル(Br)
 ティレシアス:ハリー・ピーターズ(B)
 羊飼い:ロバート・スウェンセン(T)
 使者:多田羅迪夫(Br)
 
サイトウ・キネン・オーケストラ
サイトウ・キネン・フェスティバル・ダンサーズ 
 小澤征爾(指揮)
 演出&監督:ジェリー・テイモア
 美術:ジョージ・ツィーピン
 衣裳:ワダ・エミ
 仮面,人形製作:ジェリー・テイモア 
 収録:1992年9月6,12日、松本文化会館
 5.1ch.サラウンド音声付き(本編のみ)

CAMI VIDEO&NHKとPHILIPSが特殊効果も取り入れた映像で海外輸出用につくったんでしょうか。英語の字幕付。
演奏はラテン語、語りは日本語です。


2007/5/6  14:20

投稿者:沖のさざ波

こんなところになぜかシュライアー氏を発見!!

いつも多田羅さんのblogを楽しみに拝見しています。
さて、連休の大掃除、CDの整理をしていたら、買っただけでちゃんと聴いていなかったCDがいろいろ出てきました。
「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」第1回作品だった「エディプス王」(92年)のCDが93年に発売されていたのをよく見たら、そのエディプス王がペーター・シュライアー氏だったのですね。
先日、「ヨハネ」でシュライアー氏の指揮でイエスをお歌いになられましたが、多田羅さんとシュライアー氏、こんなところでも共演なさっていらしたとは!
でも、私、松本にオペラを観にいった時、王には他のテノールの方が出演していたはずですが、録音の時だけキャストが変わっていたのでしょうか。
ラテン語なんて普段聴く機会はないですが、なんだかこの響き好きですね。合唱もがんばっていますし、ジェシー・ノーマンと多田羅さんのお声もかなりの迫力で。
しかしナレーション(日本語)はどうも想像力を途切れさせるというか、邪魔な気もしました。
それにしても奏者の方々は、日本語以外にもドイツ語、イタリア語、フランス語などいろいろな言葉で演奏なさっていますが、どうやって頭を切り替えているの
でしょう。謎です。

■エディプス王/ストラヴィンスキー
  (PHILIPS / PHCP-5159)

指揮:小澤征爾
サイトウ・キネン・オーケストラ
Peter Schreier/エディプス
Jessye Norman/ヨカスタ
Bryn Terfel/クレオン
Harry Peeters/ティレシアス
Robert Swensen/羊飼い
多田羅迪夫/使者
白石加代子/語り手
東京オペラシンガーズ
(56分)


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ