2007/10/4

たくさんの感謝を!  日記

今年の秋は今年一度限りのもの。深まりゆく秋の気配の中で〈今〉という時間を大切に過ごしたいと思います。いつも応援してくださる皆さん、本当に有難うございます。
秋になると澄んでゆく空気の中で、遠い空の高さや青さばかりを見上げてきたような気がします。けれど足元をよく見れば、落ちている一枚の葉や路傍に咲く花にも様々な表情がある。そして何気ない風景も振り返れば、いつしか、かけがいのない思い出となっていたりする。
ブラームスが〈四つの厳粛な歌〉を作曲してから111年程が経つわけですが、その曲が途切れず演奏されてきたことの意味をあらためて考えています。
皆さん、どうぞよい秋の日をお過ごしください。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0



2007/10/5  21:57

投稿者:みな

相手が人であっても、物であっても、何かと出会ったとき、そのご縁を大切に大切にしたいものです。風景だって、今、自分の目に映る風景は、今、この時しか同じものは見られないわけですからね。そう考えると、すべてが愛おしく思えてきます。肌寒い夜ですが、心温まる文章との出会いで、ちょっぴり幸せになりました。ありがとうございます。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ