2007/12/5

週末は「第九」に行ってきます  音楽

朝夕冷え込む季節になってきました。お元気でお過ごしでしょうか。濡れ落ち葉を踏みしめて歩くと芳しい香りに清清しい気持ちがします。
春に見事な花を咲かせていた桜も鮮やかな紅葉となり、夏には青々と美しかった銀杏はまさに見事な黄金色となって目を楽しませてくれています。
乾燥して風邪が流行っているようなので、温まるグリューヴァインの簡単な作り方を。(日本でいうなら玉子酒のようなものですが)ドイツやウィーンでは寒い冬に身体を温める飲みのものです。
赤ワイン、または白ワインを鍋で温め、クローブやシナモン、オレンジの皮などを入れて
沸騰させない程度に温めて飲みます。お好みで砂糖を入れますが、最近は国産のフルーティーな酸化防止剤無添加ワインなどもたくさんありますので、国産ワインなら砂糖は必要ないでしょう。井筒ワインなどもお勧めです。
とても簡単ですので、お酒の飲める方は試してみてください。風邪を惹きそうな時に飲んで眠ればぐっすり休めるかもしれません。
でも、演奏する人は演奏の前後にアルコールを飲んだ状態で歌うと喉に負担がかかるのでお勧めはできませんが。
http://www8.wind.ne.jp/ibun/moyooshi/moyoosi.html
○2007年12月8日[土] 開演18:30 伊勢崎市文化会館

館林第九演奏会平成19年度文化庁芸術創造活動重点支援事業
群馬交響楽団 巡回演奏会 館林公演
○2007年12月9日[日] 開演14:00 会場/館林市文化会館
http://www.gunkyo.com/
 指  揮:梅田 俊明
 ソプラノ:半田 美和子 メゾ・ソプラノ:小畑 朱実
 テノール:藤川 泰彰  バリトン:多田羅 迪夫
 合唱監督:多田羅 迪夫  合唱:館林第九合唱団
  ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調作品125《合唱付き》
  ベートーヴェン/序曲「コリオラン」 作品62 3000円館林市文化会館
クリックすると元のサイズで表示します
0



2007/12/16  2:32

投稿者:葡萄葛

初めまして、葡萄葛でごいます。
Blog楽しみに読ませていただいております。格調高い文章を読んで、文章を書くことも演奏することも同じなんだ、と感じます。
9月のリサイタル、今年の第九も聴かせていただきましたが、本当に素晴らしい演奏をする多田羅先生を愛してますエ

2007/12/10  21:15

投稿者:grapefruit

第九の魔力ですか…
館林の方が羨ましいですね。多田羅さんのレッスン受けられるなんて!私はちょっと遠くて行くのは難しいですが…
私はすっかり多田羅さんの魔力に魅せられてます。まだまだ追いかけさせていただこうと思ってますので、公演情報宜しくお願いします。m(_ _)m

2007/12/10  12:54

投稿者:モプシーの母

grapefruit様
くま太郎様

館林第九を、遠い所、そして、お忙しい中を、お聴きいただきまして、大変ありがとうございました。
昨日は、自分なりに、思いっきり歌え、楽しかった!
多田羅先生とも、梅田先生とも、ツーショットで、写真をとり、おまけに握手をしてしまった!
音楽は、コミュニケーション!!
第九で広がるみんなの輪!
いいですね。。。
まだまだこれから寒くなりそうです。
みなさま風邪などひかぬように、ご自愛くださいませ。

     モプシーの母より

2007/12/10  11:50

投稿者:くま太郎

伊勢崎第九を歌う会3年目のくま太郎と申しますm(_ _)m 8日の公演お疲れ様でした。そして有難う御座いました。 私は音符も読めない素人です。でも、歌う事が大好きな人間です。3年前第九に飛び込んでみたものの、楽譜は読めない!ドイツ語は話せない!何て事をしちゃったんだヽ(゜*、゜)ノと後悔もしましたが、既に3回歌っています♪魔力に取り憑かれたんでしょうね。 今年指揮をされた梅田さんのパワフルな指導には、正直ビビりながら半泣きでしたが(笑)終わってみたら迫力のある演奏で感動しました。 レセプションでの撮影会も良い記念になります。お忙しいところお付き合いして頂き有難う御座いました。因みに隣にいました(#^-^#)v 年末に向けてまだ演奏会もあるかと思いますが、お体無理せず、素晴らしい歌声を皆さんに届けて下さいね。

2007/12/8  1:06

投稿者:grapefruit

>モプシーの母様
確かに第九は奥が深いですね。明後日の館林第九、聴きに行きますのでがんばってください。
でも、明後日が本番ならお酒は控えられたほうが良いと思いますが…?

2007/12/8  0:11

投稿者:モプシーの母

すみません!先ほどのコメントですが、
「先生のコメントを・・・」ではなく
「先生のブログを・・・」のまちがいです。
おわび申し上げます!

2007/12/8  0:02

投稿者:モプシーの母

先生のコメントを読まさせていただくのを、大変楽しみにしております。

学生の頃より、第九を歌いはじめて、早、20年!知っているつもりでも、毎年新しい発見があります。

実は、昨夜、梅田先生との、合わせのレッスンがありました。そう!私は、先生の合唱団の愚弟子であります。

昨夜の練習は、先生には、申し訳ないくらい、注意されどうしでした。でも、私にとって新しい勉強になったのは、繰り返し注意をされた、’n’の発音ではなく、650 uber Sternen mus er wohnenのところをリズム感を持って歌うということです。
すごくゆっくりの部分なので、いつも指揮棒をみて、歌っていましたが、自分なりに拍をとるのを、あまりやっていませんでした!

それから、先々週の高瀬先生での、レッスンでのこと。ソプラノののどを上だけでなく、下にもひろげるということ。どうしても、高い音程は、上に音をあてることばかり考えてしまいすが、下もひろげることによって、響きが充実してくるということが、わかりました。

毎年歌っていても、毎年新しい発見があり、新しいことを、勉強することができます。

そして、なにより人生の苦しかったときには、第九をはじめとする、歌、そして、音楽が私のそばに、いつもあって、私を、ささえ、なぐさめてくれました。

先生!こんな片田舎にまで、教えにきてくださり、本当にありがとうございます。今夜はグリューヴァァインを飲んで、早寝をし、あさっての本番に備えたいと思います。

先生も、どうぞおきをつけて!

先生のお越しを心よりお待ち申し上げております!


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ