2008/10/17

昨夜の公演を終えて  日記

昨夜は「声楽家のアトリエ」バス&バリトンの世界、無事に終えることが出来ました。
休憩をはさんでアンコールまで3時間近いコンサートとなしましたが、舞台と客席とが双方向で共振するような、濃厚な時間があったように思います。
長時間お付き合い頂いたお客様、遠方からいらしてくださった方々も遅くまで本当に有難うございました。
素晴しい演奏を聴かせてくれた出演者の皆さん、お世話になった紀尾井ホールのスタッフの方々、関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

昨夜はバス&バリトンの場面を中心に、沢山のオペラの優れた名場面をご紹介することが出来ました。オペラが私たちにとって身近でありながら、次の時代へ受け継がれる生命の通った、希望に満ちた芸術でありますように。
そんなメッセージを込めてこれからも日々精進してゆきたいと思っています。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
10



2008/10/17  8:43

投稿者:カプチーノ

おとといの公演を拝見いたしました。すばらしい3時間でした。おとといの夜は眠れず、昨日も頭のなかで♪が舞っていました。
多田羅先生はパンフレットに「低声にこそさまざまな色のパレットが内在する」と書いておられましたが、透明なピアノの音を交えて幅広い色彩があふれ出たような公演でした。

なかでも、まろやかでいながら力強い、多田羅先生の声は「金色」だと感じました。心から感動しました。
歌と歌の間のトークには、先生の気さくなご様子が表れていて、楽しむことができました。(でも、オペラに不慣れな私には、作曲家や登場人物の名前で聞き取れないところがありました。とくに固有名詞は初心者向けにゆっくりお話くださるとうれしいです・・・こちらの勉強不足で申し訳ないのですが)

これまでオペラは甲高いソプラノが中心と思いこんで、管弦楽ばかり聞いていましたが、多田羅先生のおかげで新しい世界が開けました。今後も勉強していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

2008/10/17  6:18

投稿者:星は光りぬ

「声楽家のアトリエ」では、オペラというのはやはり演奏が第一だということ、歌手たちが主役だなぁと、(本来あたり前のことですが)そうした濃厚な時間を堪能しました。多田羅さんのMCや字幕もすごく自然でよかったです。ありがちな、ただのガラコンサートというのでなく、全体の構成や曲目、演技も含め、きめ細かにさりげなく計算された完成度の高いものでした。
しかもピアノ一台でしっかり広がりのある演奏を堪能させて頂きました♪
やはり、自分でお金を払って演奏会に行く身としては、いいものを聴きたいですよね。
いくら有名な音楽評論家の人たちが「これがいい。これが新しい」と絶賛するような宣伝にお金をかけたプロダクションでも??というものもありますから。
その人たちはどうせ招待されて観ているのでしょうし…。
特に好きな作品を変に読み替えられたり、演奏を邪魔するような演出は、音楽のパワーをダウンさせると感じる者もいることを主催者は知ってほしい。ト書きのままにと古臭いことを言っているのではないのです。
日本の歌手のレヴェルは高いのですから、オペラはすばらしいと心から思わせてほしい。そういう意味でも邦人演出家にもっと活躍してほしいですね。
何も外国からカタカナ名を呼んでこなくても、たとえば映画監督などでセンスのいい人もいると思います。

先日もお金と時間が有り余っているわけでもないのに、やりくりして遠くまで泊りがけで観にいったオペラで「あーあ」と思うことがありました。しかも演出家が一ヶ月も時間をかけて稽古したというわりには、私の楽しみにしていた場面が、全く違った設定に変えられ、しかも字幕は元の設定のままでちぐはぐで中途半端だったし。たぶん分業なんでしょうか。
思いつきや頭でっかちでなく本当に琴線に触れる演奏を聴衆は、(少なくとも私は)求めているので、多田羅さん、これからもがんばってください。

2008/10/17  5:04

投稿者:Masatoshi

昨日、友人に誘われてひさびさ紀尾井ホールへ行きました。音楽は好きだけど、オペラって長くてステレオタイプで眠たいものかと思っていたら、なんかスゲーな、いい仕事してるなと。
生の魅力。どの演奏もプロフェッショナルというか、直球で本気が伝わってきて、ほんとに面白かったというか素直に感動しちまいました。昨日聴けた俺は運がよかった。
でも世の中には宣伝過多で、料金は高いのに行ってみたらがっかりするようなコンサートやオペラもある。どうやって見分けたらいいんですかね。

2008/10/17  4:23

投稿者:夢の続き

昨日は皆さん素晴しかったです。あっという間の3時間というか、もっと聴き続けていたい!と思える至福の時間でした。なんだか最近、コンサートで感動しなくなっている自分がいましたが、まるで自分が「マイスタージンガー」の歌合戦の場面にいるかのうような!
皆さんの演奏の気迫が伝わってくるようで、わくわくしました。活力を頂きました。ありがとうございます。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ