川南町のムッチー牧場だよ〜ん。

川南町の色んな出来事を紹介していきますので、ご覧ください。
ご意見等御座いましたら、コメントも宜しくお願いします。

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:主婦です
4月から口蹄疫のニュースは意識していましたが、まさかここまで何も知らない人がいるなんて驚いて声になりませんでした。
それ以上に政府の対応に…絶句しました…
鳥インフルの時の経験が、どこにも生かされていないなんて…
こんな時代にネットに個人情報を出して声を上げる勇気に感服しました。
お手紙を出させていただこうかとも思いましたが、不必要に車両を行き来させてしまうのは心苦しいのでこちらに書き込みをさせていただきます。
こんな事、簡単に言ってしまって良いのか…ですが、どうか国や病気に負けないでください…
謂われない悪口雑言に負けないでください…
無知な人の無恥な戯言に負けないでください…
マスコミの非道に負けないでください…
ネット上では徐々に、でも確実に伝播しています。
私を含め、私の周りの人は、皆さんを応援しています。
投稿者:
人間の数だけ考え方もそれぞれです。でも通りすがりの消費者さん・・・それはちょっとひどくないですか?どんな職業も一緒だとおもうけど農家の方も必死なんです。牛も豚も経済動物です。あなたがおっしゃるようにこの子たちを生産し育成しお金にして生活しているのです。でもそれにはただ何にもしないで餌と水だけあたえていてもそれだけのモノにしかならないのです。毎日それこそ1時間のくるいもなしに飼育してるのです。そこには自然と愛情も入っているのです。その大事な子たちが殺傷処分されるのを同情がほしいだけで言うとは思えません。資産も生活費もなくなるのですから本当に大変なことになりました。私も酪農に携わる人間として心痛めています。通りすがりさんには到底分からないことと思いつつ・・・パソコン打っています。
投稿者:かめ
通りすがりの消費者さん...「通りすがり」というからにはまたここを見られるかわかりませんが、
「同じ殺されるでも自分の目の前か、自分の目に入らないか、の違い」では無いのです。
「糧となる喜びと悲しみの感謝の死と、無となる怒りと悲しみの無駄死に、の違い」です。
通りすがりの消費者さんのような考え方をもたれる方が他にもいると思いますが、とても悲しいことです。
食事の前に「いただきます」と言いますか?「いただきます」の意味を考えてください。(ちなみに欧米ではわかりやすく「神」に対して感謝します。)
動物の命、植物の命、その動植物が育つための糧となった沢山の他の動植物の命。畜産農家の方々も命を削って家畜を育てるのです。その沢山の命がかかわった命をいただくのですから感謝するのです。その感謝には喜びと悲しみが内在するのです。糧を得る喜びと、命を絶つ悲しみと感謝があるのです。
1度、自分の命のための糧を得るために、他人の糧を作り出すという事をしてみてください。

そりゃ、出荷される家畜に対しては前述の感謝にプラスして、現実問題ある程度の割り切りが必要です。人間にも心があるから。

殺処分される中には、出荷される家畜だけではなく、親豚、親牛や乳牛達もいるのです。

出荷対象の家畜に対して理解できないのでしたら、一般家庭でペットとしてかわれている愛犬等と、同様に愛情を注がれているであろう、親豚、親牛や乳牛達のことを思ってください。
投稿者:通りすがりの消費者
今回のこと、農家の方々は本当に大変だと思いますし、お気の毒だとも思います。ですが、我が子のようにかわいがってる牛さん豚さんが殺されるのを見てられないと書かれていますが、あなたがた畜産農家の方は、そのかわいい家畜を売って生活されてるんですよね?売られた家畜は殺されて食べられるわけですよね?同じ殺されるでも自分の目の前か、自分の目に入らないか、の違いではないですか?その点が気になりました。そのような書き方は同情をかおうとしているとしか思えないんですが…。困っておられるのは、家畜を失って今後の収入や生活の心配のほうなのではないでしょうか。家畜に愛情を持って育てているなんて言われても、結局は食べるために殺されるわけですよね。なんだか矛盾を感じました。
投稿者:ぶんぶん
涙出ます。
私の地域も報道ありません。

牛さんの力を貸して頂き、
子供育てました。

我が子がそんな事態であれば、発狂しそうです。

身動きも取りにくい中、皆様に必要な物お送りしたくても、輸送、受け取りに手間取るだけかと考えあぐねています。

口座に入れておくのが
今のところ役立つと
勝手に解釈して、向かいます。
体調、環境芳しくなく、
ミルク現物が何より欲しいと
切実な経験しているので、

専門分野、近隣でない者でもお役立て出来ることないでしょうか?



5/10日のブログを初めに拝見しました。読み始めは体制に対しての不平、不満が多かったので、ん?と思ったのが正直な感想です。ブログを読み続けるうちに実名まで公表し訴えかける弥永さんの酪農家としての思いやプライドが伝わり感銘を受けました。今回被災にあわれた方々の苦しみや悲しみは計り知れない程あると思います。しかしこういった時にこそ現場の生の声を沢山の人に伝え、生産者が守られる体制ができることを願ってやみません。私は東京在住の為、現地で直接お力添えすることはできませんが、募金という形で協力させて頂きます。今後も日本の食を守り続けて欲しいと願っております。
投稿者:holy
まずは、お見舞い申し上げます、また早い沈静を祈ってやみません。
微力ですが、わずかばかりの寄付とブログへの転載をさせていただきました。
事後報告で申し訳ありません。
どうぞよろしくお願い致します。

http://blogs.yahoo.co.jp/kurin9ruri4/25333351.html
投稿者:らぶたん
がんばってください!
これしか言えません!(涙)
微力ですが転載させていただき、募金をよびかけさせていただきます!
がんばれ宮崎!!

http://blogs.yahoo.co.jp/vw19152004
投稿者:Lily
読んでいて涙が出てきました。
あなたの、牛や豚に対する深い愛情が伝ってきました。
愛情を持って育ててらっしゃる可愛い牛や豚たちを、殺処分という形で失うことの辛さは想像を絶するものだと思います。
ましてや、それをわかっていながら世話を続けるなんて…。
こうして読んでいるだけの自分でさえも胸が締め付けられる思いですから、当事者である農家の方々の苦しみは、計りしれません。

テレビでは表面的な数字や口蹄疫の特徴くらいしか伝えてくれません。
他のどうでもいいことはもうたくさんというくらい報道しているのに。
日本のマスコミは一体どうしてしまったのでしょうか。

どうか農家の皆様の苦しみがもうこれ以上大きくなりませんように。
投稿者:ちか
はじめまして。
たかやま小児科のブログから来ました。

先日、とうとう我が新富町にも口蹄疫が出てしまい、2件3件と増えていっています。
新富町は今からでしょうね…友人や身内にも畜産家はたくさんいます。隣は豚やってますし。

アメブロと、ミクシィでココのブログを紹介してもよろしいでしょうか?




http://ameblo.jp/kctn/
12|3|45
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ