川南町のムッチー牧場だよ〜ん。

川南町の色んな出来事を紹介していきますので、ご覧ください。
ご意見等御座いましたら、コメントも宜しくお願いします。

 

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さよちん
きになる子さんへ

読みました。この問題に賛否両論あったのはこう言うことだったのですねえ〜。
農林水産大臣の県知事に対する態度は許せないものがあり、感情的な面で逆らいたくもなりますが・・・
ところで、この「きになる子さん」のコメントはムッチーさんのブログの一番新しい記事へ書き込まれた方が良かったかな、と思いました。ここは記事は7月9日の記事だし、リンクが貼ってあるからクリックしましたけど。
それから8’000万円の義捐金のこと、私も宮崎の姪っ子から宮崎日日新聞に載っていると前に聞きました。その時、凄いね!ってびっくりしたことがあります。
何処かの企業さんでした。その前後にプロゴルファーの横峰さくらさんが1’200万円でしたっけ?募金して下さったんですよねえ〜。
ムッチーさんのブログへこられる方々はみんな宮崎を応援したい方ばかりです。
とにかく宮崎に平安な日々が戻ってくれるのが一番の願いです。
投稿者:きになる子
(続きです)

〜この牛を助ける位なら先に殺処分された49頭の種牛を助けていなければ、その殺処分された種牛の農家の方々が黙ってません。
「百万石」と言う、「安平」と同系の種牛が、スーパー種牛に行き着く前に殺処分されました。ワクチン接種してなくて、同農場(離れた)で発生があった為。高鍋も同経営(離れた)農場で発生し400頭の種牛以外は殺処分してます。法律では、経営者が同じ農場から1頭でも発生したら全頭殺処分になっています。
スーパー種牛程の種牛でも無い牛を、さも宮崎の宝の様に知事は言ってますが、畜産農家はそうは思っていません。
知事は地元に来てません。
農家でもない市長の話だけ聞かず、地元の声を聞いて欲しい。町長の話もです。
発生したのは、川南町、都農町、木城町、高鍋町、新富町、全て町です。被害の少ない市の市長会の話だけ聞くのはおかしいです。
テレビで取り上げてくれないと知事の耳に届きません。
このブログを見た方へ、フジTVの「とくダネ!」又はTBSの「朝ズバ」へ取り上げてくれる様にお願いしてもらえないでしょうか。(宮崎はNHK以外2チャンネルしかないので)

〜〜以上が、私が受け取ったメールの内容です。
宮崎の畜産農家の為にと頑張っているはずの知事の行動が逆に畜産農家の方々を追い詰めてしまっているのだとしたら、こんな皮肉な話はないと思いました。
ごく普通の一般人が、世間の人に何かを訴えたい時、一体どうしたら良いのでしょうか。
ネットというのは不特定多数の方々が見ますから、この内容や行動?には賛否両論で疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、これも当事者の必死の訴えだとご理解頂けたら有難いです。(しかし、どうやったら良いのかなぁ〜。私も何か出来ないか考えたいと思います。)

〜最後まで読んで下さった方、有難うございます。
投稿者:きになる子
〜先程届いた身内からのメールです。皆さんにも読んで頂けたらと思います〜
(長文なので2回に分けさせて頂きます)

「宮崎県 口蹄疫 種牛問題1」(原文まま)
すみません。このメールをブログに載せてください。私は載せ方も見方もよく解らないのでお願いします。
今、宮崎は種牛問題でもめてます。日本が清浄国として牛肉を輸出する為には、疑似患畜を残してはいけない事になってます。世界規準で決まってる事です。宮崎が疑似患畜の種牛を残して、その種を使った牛は県外からも購入に来ないです。口蹄疫の疑いの有る牛を購入して、自分の農場に連れて帰る事は出来ないです。世界の清浄国レベルには成らない為、日本は汚染国のまま牛肉の輸出はまず難しい事になります。知事は畜産に詳しく無い為、種牛を作る苦労から残して欲しい要望を聞いてその方針のようですが、先々の事を考えたら残す事は日本の畜産にはマイナスです。スーパー種牛を残した時点で県外の畜産農家から宮崎には怖くて買いに行けないとクレームが有、東京で全国畜産の代表が会見した筈です。宮崎では数秒のニュースと新聞の扱いも小さかったので、県外の畜産農家の声が届いて無い為、今回の騒動が起きています。山田大臣は世界や宮崎以外の声と法律から殺処分と言ってます。それは当然の事です。今回、スーパー種牛を残す例外を許可し、更に一般の種牛を残してはもし今後、口蹄疫が発生した時に宮崎の前例が騒動の元になります。宮崎は綺麗サッパリ処分して高千穂へ避難中の種牛候補の子牛や国が用意してくれた牛に冷凍保存中のスーパー種牛の精液と青森から贈られた精液で時間がかかっても新たに種牛を作った方が将来的にも、世界規準的にも清浄国になります。ワクチン接種殺処分した家畜の防波堤を無駄にしたくないです。このまま終息しても汚染国になってしまいます。
一昨日、西都・児湯の畜産代表が県庁へ高鍋の種牛の殺処分要請をしました。TVや新聞も取り上げてました。
高鍋の種牛は実際、知事が言う程に宮崎県に貢献してなくて、年間2000本種を供給してると言ってるが、競りに出る牛で、年間20頭いるか?位で、進んでその種を付ける農家はあまりいません。
(すみません続きます)
投稿者:きになる子
>市井の日本人さん・きなる子さんへ さんへ
コメント有難うございます。
お二方のコメントを読ませて頂いて、とても納得しました。「なるほど!そういう事だったのか〜」と大変スッキリしました。
北海道の畜産関係者の方からだったとしたら、ムッチーさんには大変ご迷惑なお話を持ち掛けてしまった事、本当に申し訳なく思います。それに私はムッチーさんだとは考えていなかったのですが、仮にもしムッチーさんだったとしたら、それは逆に安心できます。

関連業者に対する義援金について〜
市井の日本人さんのおっしゃる通り、判断は難しいでしょうね・・・
私の素人考えでお恥ずかしい限りですが、畜産農家の方々だけを対象としたもの以外の義援金の配分について、当面の間に必要な運転資金の金額の出し方を考えてみました。
法人の場合は当然ですが自営業の場合も銀行の融資を受けたりする時に決算書を提出しますよね?
自営が殆んどだと思うので勘定科目内訳明細書まで細かく作成してる方は多くないとは思いますが、決算書や出納帳があれば大体のお金の流れを把握する事は可能だと思うので、年間から月の平均を出して県に申請したらどうだろう・・・と。
どうしても畜産農家の方々の被害金額の方が大きい金額なので畜産農家宛の義援金はそちらの穴埋めにまわさないと全然足りない状況だろうし、誰かが判断して〜というのではやはり不満も出るでしょうし。
県全体を揺るがす大きな危機的状況なので、直接被害の対象者だけが打撃を受けてる訳ではないですもんね。
素人考えで色々考えてみてもどうしようも無い事なんですが・・・。

この度は唐突に変な疑問をぶつけてしまった無礼な私に対して、真剣に対応してくださった事、本当に感謝しています。有難うございます。

〜先程、身内から携帯メールが届いたのですが載せて欲しい事があるそうで・・・長文になりますが皆さんに読んで頂けたらと思います。携帯から打ち直すので時間がかかりますが出来次第投稿させて頂きたいと思います。
勝手ばかりで恐縮ですが宜しくお願いします。
投稿者:きになる子さんへ
8000万円の義援金の件ですが、口蹄疫発症から間もなくして、北海道の畜産関係者だったと思うのですが、会社からとして宮崎日日新聞社に8000万円寄附をされた方がいらっしゃいます。宮崎日日新聞には毎日義援金の金額と、募金者のお名前が掲載されます。その方の義援金と間違っておられませんか?8000万円と言えば大金です。個人の方への募金だとしたら大変な金額ですし、きになる子さんが耳にされたのは宮崎日日新聞社宛てに届いたものではないでしょうか。
投稿者:市井の日本人
>きになる子さんへ
私反論ではないのですが、少し意見を述べさせて下さい。
きになる子さんが心配なさっていらっしゃる事はとっても解るんです。
自分が被災当事者だったら正直、同様に考えるかもしれないですしね。
きになる子さんのコメント内容では、個人で募金を募っている方がムッチーさんの他にもいらっしゃるかもしれないと言う事ですね。
私の狭いネット収集で個人名での募集は【川南町のムッチー牧場口蹄疫災害募金】しか思い当たらなかったので、そのつもりでコメントしました。
>先々の事であったとしても分配されるという話は未だ全然聞いてもいないそうなんですよ。
ムッチーさんの募金で言うならこの9日の冒頭に、名簿作成して募金配布の準備しますので…と記載されていらっしゃいます。もう少し待ってあげて下さい。

>他の関連業者に対しても、義援金は分配するべきだと思います。
これの判断は難しいですよ〜。実際。
元々が被災された畜産農家への募金であり、募金された方々もそのつもりである事。
のちの報道で観光や運輸業などが取り上げられました。もうどの業種がって言ってられない状態で有るのは理解できます。しかし、元々募金された方々は畜産農家へ応援したかったから送金された訳でその気持ちをどうするのか。
実際県ではふるさと納税の方の対処はわかりませんけど、新たに開設した【宮崎県口蹄疫被害義援金】は協議の上、畜産農家に配分される様です。
配分ってすっごく難しいから、必ずどこかから不満が出てくると思います。
配分に付いて広報する事も難しいのだと思いますよ。
ムッチーさんが【川南町のムッチー牧場口蹄疫災害募金】を開設された後、徐々に募金窓口が増えましたから県の応援をしたい方は県のふるさと納税へ、その中でも特に畜産関係の方を応援したい方は【宮崎県口蹄疫被害義援金】へ、ムッチーさんの周囲の畜産農家へ応援したい方は【川南町のムッチー牧場口蹄疫災害募金】へと別れてそれぞれされているのではないでしょうか。

私、きになる子さんが懸命に被災された方の事考えて発言されていらっしゃるの理解してますよ。
投稿者:きになる子
>市井の日本人さん・何故!?さんへ
コメントありがとうございます。
誤解を招く書き方をしてしまって申し訳ありませんが、私は件のブロガーの人がムッチーさんだとは書いていません。
ムッチーさんは「宮崎の被災された皆さんの為に」とおっしゃっていますので、私が聞いている人とは別なんじゃないかと思います。
何故かというと私の身内も別の町ですがJA関係に詳しい・・・というか、情報は必ず入ってくる立場にあるのですが、その個人で集めた募金というのが、先々の事であったとしても分配されるという話は未だ全然聞いてもいないそうなんですよ。ムッチーさんは農協にも連絡は取合ってると思うので、もしその人がムッチーさんと同一人物だとしたらツジツマが合わないと思うんですよね。
別の町とは言っても結構近い町なんですが・・・。
で、そのブロガーさんが川南町だというので、同じ町内のムッチーさんなら何かご存知かと思って書き込ませていただいたのです。
下世話な話ですが現実ぶっちゃけて、その人には「皆が大変な時で情報も流れてるから色々明らかになるだろうし個人の為の寄付金じゃなく経由地点として託された寄付金だとしたら、ちゃんと分配した方が後々確執が残らなくて良いのでは?」という事です。
確かに、ブログ作成・管理等だけでも大変な事を、こんな状況で続けるのは大変なご苦労だと思います。
でも誰もが皆すぐにブログ開設してトントンとパソコンを使い回せる訳でもありません。
義援金が善意の気持ちから成り立つものだとしたら、全国から宮崎の被災者の為に寄せられた義援金の受け取り手に物理的な原因以外に優先順位があったとしたら疑問に思うのはおかしい事なのでしょうか?
そんなに欲しけりゃ自分で募えって感じでしょうか?なら年配の方々でパソコン等に疎い人とかはどうなるのでしょう。
他の関連業者に対しても、義援金は分配するべきだと思います。畜産の飼料代金とか・・・そういうのも支払って不安でも何とか先を見れるような状況に早くなって欲しいと思っています。
私も「何もせずに義援金だけに物申す」という訳ではありません。
微々たるものですが5月末に義援金の募金をしました。身内に対してだけなら直接送金すれば良いのですが私は宮崎の被災者に対して募金したかったのです。私にはそれ位しか出来ないから。
長いだけで解り難い内容かな、すみません。
投稿者:ジョニー
がんばってください
投稿者:ジョニー
今、農家は地獄のように豚などが殺されているんですよね。豚とかを殺す一個の方に考えないで治療法を考えればいいのに。
投稿者:m@兵庫から
ちくさん さん
私のイメージを子供で例えるなら、昔話風ですが、

ある国を統治している一族がありました。しかし、戦争や陰謀などで、国民の多くに犠牲が出ただけではなく、一族の後継ぎ候補も亡くなりました。そんなとき、かつて召使いが産んだ実子が生きていることがわかったのです。王様はその子供を後継ぎとして迎えたので、国には再び平和が訪れるでしょう

という感じです
ちくさんさんとは主語が違いますから、かみあわないでしょうね

ただ、県の種牛のことなら理解できますよ。特例ですから。

民間種牛については、背景が非常に複雑そうで、最善の方法はわかりません
でも、大臣の対応は、思いやりに欠けて見えることもあり、言いなり損になるような気がして仕方ないのです。
1|2|345
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ