川南町のムッチー牧場だよ〜ん。

川南町の色んな出来事を紹介していきますので、ご覧ください。
ご意見等御座いましたら、コメントも宜しくお願いします。

 

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ちくさん
愚図さん
道義的というのは県の事情に対してですよね。
その後の検査で陰性で生かしているという事実。
それはどんな事情であれその後の防疫対策に悪影響を及ぼすのは間違いありません。
防疫対策は国レベルでなくてはなりません。
県の事情を道義的とか言ってしまったら、それはどの県もどの家畜も動議的に当てはまる可能性を高くします。
防疫対策上では動議的とか言ってしまったら完璧ではなくなります。
ムッチーさんへの話は、今までのコメで話した通りです。
これを曲げるつもりはありません。

市井の日本人さん
私が書いたコメを見て下さい。
きちんと話しています。
投稿者:市井の日本人
>ちくさんさんへ
口蹄疫ってちくさんが書かれていらっしゃる通り感染力が強いので、その感染力をどう捉えてどう行動するかをおっしゃってるんですね。
怪しいと感じる時に殺傷か様子見か‥。
その判断を強く発言されていると解釈しました。

あの、話は変わりますがムッチーさんは種雄牛の事どこかで記事にされてますか。
私の見落としだったら、またまたお詫びしないといけないですが。
ムッチーさんの募金はこちらのブログで5月7日に初めてUPされています。
当時個人での募金はあやしいとかの書込みが多くて、私、時系列を調べてコメントしたんですけど今は多くのコメントに埋もれて発掘出来ません。
おさらいになりますが、5月7日の時点で口座振込みで募金出来るところはムッチーさんの口座だけでした。県は手間の掛かるふるさと納税しか無かったし、JAなどの他の機関も無の状態でした。
ムッチーさんはJA等とも協議の上口座を作成されていますし、それもコメントされる方々に押されて動いていらっしゃいます。
誤った記事って言うのが現在の私には解らないのですが、そういう経過が有ったことをお含み頂けたらと思います。


投稿者:愚図
ちくさん さん
非常に難しい例であることは理解しています。
ただ、抗体検査をして、陰性であれば、現時点での、この種牛からの感染拡大の可能性は大変低いものであると考えます。
現在、この問題は、県と国、の政治的な問題となっています。また、他のワクチン接種家畜との公平性の問題も理解しますが、これは、道義的な問題と思います。
私自身も当事者ではありませんし、ムッチーさんも、この問題の当事者ではありません、被災者という立場はあるでしょうが。
したがって、外から意見を言うことがあっても、その意見に、当事者が従わなければならない理由もありません。
ムッチーさんの影響力が大きくなっていることについての、意見はあっても、ムッチーさんが対応する必要もないと思います。
投稿者:ちくさん
市井の日本人さん
私も初期状況ではそうでした。
国は何をやっているんだと。
私は県家畜改良事業団から移動しまでは許せました。
その2日後に県家畜改良事業団で発生。
アウトです。
その後避難させた種雄牛で発生
更にアウト。

これで尚更理屈は通らなくなりました。
その後の検査対応で生かしている事実は、その後の防疫体制に問題を残してしまっています。
5月25日の記事は、私がアウトといっている時点以降のものです。
投稿者:ちくさんは工作員
ちくさんは朝鮮と中国に足を向けて寝れない、売国政府の工作員ですよ。
うん○はスルーしましょう
投稿者:市井の日本人
>ちくさんさんへ
前のコメントは私の心の中に元々初期発症時に県と国とで協力して動けなかったのかと言うくすぶっていた気持ちと、現在とにかく県にだけに責任を負わそうとする現政府への不信感が元にありました。
失礼な言葉を書きましたことお詫びします。

>宮崎県が終息してその後数年経ってから隣の県で発生し、今回の様な対応をして宮崎県に感染する、といった場合には宮崎県は文句は言えないですよね?
確かに言えませんね。

おっしゃられている種雄牛は県の管理に入った様です。
ちくさんさんの今回の様な対応ってどこからどの部分まで含みますか?

本日児島先生のブログと知事のブログ両方を読んで考え込んでいます。
投稿者:ちくさん
殺処分をしなければ、他への波及が大きいという事です。
法改正するとしても、非常に難しい前例を残しているなと思っています。
拡大していった時に、うめさんは今と同じ思いを抱けますか???
「いい加減にしろよ!」と思うに違いありません。
この補償金は税金から出ているのですから。
投稿者:うめ
私は、科学的にとか、政治的なとか、ちと難しすぎてわからないのですが、
「ちくさん」さんは結局、あれこれ理由をつけて、種雄牛は殺せって事が言いたいんですよね。
投稿者:ちくさん
m@兵庫からさん
どんな状況であれ、この問題の代表者的だと思っていますから、こういった事には冷静な記事が必要なはずです。
コメですっぱくなる程言っていますが、県の事情と防疫対策は別物です。
お金を集めている以上は、この悲惨な状況を広めてはいけないというものが必要なはずです。
種雄牛の話はこれに真逆なものです。

これを前提に考えたら訂正は必要です。

愚図さんの科学的なってで行けば、当然野生動物も検査しなきゃならないでしょうね。
科学的というのは曖昧なものではいけないのです。
投稿者:m@兵庫から
ちくさん さん
先日は、私の種牛のコメントにお返事下さり、ありがとうございました。
その時、種牛の問題は非常にデリケートだと認識し、素人が意見すべき事ではない、と思っています。

ただ、以前の日記はあくでも49頭の種牛で、感染が拡大していた頃です。今、ムッチーさんは種牛の事で何もコメントされていません。

ワクチン接種地域に、家畜がいることや、種牛を生かしてほしいというコメントにずいぶん感情的になっていらっしゃるように見えます。
もちろん飛び火を心配されてるのだと思いますが、じゃあ野性動物はそのままでよいのか、などキリがないですね。

いろいろなご苦労があったとお察ししますが、訂正、というのはやはりわかりません。

過去の日記は、そのときの思いも含めて貴重な記録です。
123|4|5
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ