川南町のムッチー牧場だよ〜ん。

川南町の色んな出来事を紹介していきますので、ご覧ください。
ご意見等御座いましたら、コメントも宜しくお願いします。

 

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ちくさん
愚図さん
科学的にというならば、何期とか関係ないです。
科学的にいうのであれば、ワクチン接種なんて考えすら出てきません。
全ての家畜に対して県種雄牛と同様な対応が必要です。
道義的、政治的判断は県の事情とかを踏まえてはいけません。
踏まえてしまうと今後の他県での防疫対策に支障をきたします。
この点で考えたら正しい判断はできるはずです。
投稿者:愚図
ちくさん さん
感染爆発時の防疫と、感染終息期の防疫は、同じでしょうか?、同じなら、えびの、都城でもワクチン接種が必要になります。
今の時点での、非感染個体への対応は、道義的、政治的なものになりませんか?
道義的、政治的な判断は、各個人が考えるもので、必ずしも誰が正しいと判断はできないと思います。
投稿者:ちくさん
追記です。
全ての家畜を科学的に行う=時間がかかる=爆発的な感染拡大
となります。
科学的に行うという事の結果はこうなります。
投稿者:ちくさん
愚図さん
感染力の大きい豚からというのは当然です。
でも、あの時の状況はどうだったでしょうか?
埋却地がなくて殺処分できないでいたんですよね?
でも県家畜改良事業団には埋却地があったはずです。
避難した種雄牛の場所もあります。
埋却地のある擬似患畜や同居家畜を処分していかないで終息しますか?
埋却地が無くてその確保を優先だというのは違います。
埋却地確保も埋却地のある擬似患畜や同居牛の処分も最優先です。
この2つに優先順位はありません。
科学的根拠とおっしゃるのであれば、先程コメしましたが終息期とかは関係ありません。
全ての牛について科学的に行ってもらわなければいけません。
科学的にいうならば、そうしないと移動制限区域内にいる畜産農家は殺処分に納得しませんよ。
投稿者:愚図
都合の良い部分だけの、抜き書きでは、論拠の判断としてはおかしいのではないでしょうか?
まず、感染個体の殺処分を、次に感染力の大きい、豚の対応を、と防疫の緊急性の順序を考えた文章全体への、反論があるのでしょうか?

さて、感染終息期の疑似感畜ではない非感染個体への殺処分の科学的根拠は、何でしょうか?
投稿者:ちくさん
神奈川からさんの様に自分で判断出来る人ばかりではないから言っているのです。

誰にとっても大切な「お金」を義援金として集めている時点で、単純に個人のブログとはならなくなっているのではないでしょうか???
見てもらって共感してくれる人が多ければ多い程に、その大切な「お金」が集まるのです。
その状況に共感を呼び、マスメディアにも出演し、現場における口蹄疫問題の代表的なものがある事は否めません。
もはや個人であって個人ではないのです。
ムッチーさんが何を書いても「その通りだ!」的な雰囲気があります。
だから、こういった問題には訂正が必要なんです。
市井の日本人さん、宮崎県が終息してその後数年経ってから隣の県で発生し、今回の様な対応をして宮崎県に感染する、といった場合には宮崎県は文句は言えないですよね?
宮崎県の事しか考えていないというのは、今後他県から被害を被っても文句は言えないという事になります。

ちなみに言いますが、今回反対しているのは民間種雄牛を飼っている方ですが、雌側についてだって同じ事が言えますよ。
「この牛は育種価が非常に高い牛だから殺処分させない」だとか「この牛は共進会で上位にいった牛だから殺させない」だとか。
その牛の価値は人それぞれ違うんです。
そんな事が増えれば増えるほど、拡大を重ねるだけです。
悲惨な状況と防疫対策は別物ですから、もし自分の地域で出たとしても同じ事を言えますよ。
ただ、この種雄牛問題で完全なる防疫対策に支障をきたすであろう想像は容易につきます。
投稿者:神奈川から
ちくさんさんへ
>悲惨な状況と防疫対策は別物です。
>防疫対策を事情とか同情とかで話をしてはいけません。

ということ、わかります。

でも、
>この記事のコメには「殺処分反対!」やら「反対署名をどんどんしよう!」というものが非常に多いです。
>このブログから実際に署名された方がいるでしょう。
>悲惨な状況に共感して集まっている読者さんが多い中で、こういった記事は間違いであっても共感を呼んでしまっている事には責任があるのではないでしょうか???

というのは、よくわかりません。

ここを読まれる方の中に、あなたのような考えの方もいらっしゃることそのものが示すように、共感するしないは読んだ個人によって異なると思います。

ブログの雰囲気に煽られる人もいればそうでない人も確実にいるでしょうし、それはコメントで挙がらない限りわかりません。

個人のブログに何が書かれていても、それを見た読者がどう理解しどう実際に行動するかは、人によってさまざまで、自由なことだと思います。

私も、あなたにコメントしていますが、ムッチーさんのおっしゃること、ニュースなどで知りうること、ネット上の多数の意見をいろいろ読んで、共感することもあれば、反対にそれはどうだろう、と思うこともあります。

私は、”自分で”考えることができます。

だから、ちくさんさんがムッチーさんの発言の何に対して訂正を求めているのかが、私にはわかりません。
投稿者:ちくさん
5月25日の記事です。

>今後の、宮崎の畜産の事を考えたら残して欲しいと思います

>多くの農家も残して欲しいと考えてるかもしれません

>しかし、反対に処分しなきゃと思ってる方もいるかも???しれません???

>残して欲しい、署名がありましたら、俺は、是非、署名したいです。

>経過観察して、殺処分を最後の最後まで、待って頂き、その時点で感染発病しなければ

>生き残してほしですね・・・

とあります。

この記事のコメには「殺処分反対!」やら「反対署名をどんどんしよう!」というものが非常に多いです。
このブログから実際に署名された方がいるでしょう。
悲惨な状況に共感して集まっている読者さんが多い中で、こういった記事は間違いであっても共感を呼んでしまっている事には責任があるのではないでしょうか???

ですから訂正を求めているのです。

悲惨な状況と防疫対策は別物です。
防疫対策を事情とか同情とかで話をしてはいけません。
投稿者:hane
法律を縦にしてとにかく殺したいようにも思えてね。
法律の決まりや前例パターン。
世の中人を騙す人は、ここら辺はよく勉強してて
一般人は弱いもんだ。
法律の矛盾とかは良く知っているんだよね、詐欺師は。
山田のコメントにその匂いを感じる人は多いんじゃないの。

>ちくさんさん
>こんな前例をつくってしまって、他県で出たらどうするんですか?
この悲惨な状況が増えるばかりですよ?
>あなたはブログで共感を得て募金を募っています。

何故これが繋がる話題なのか解らない。
投稿者:みやざきけんみん
こんばんわ。お元気ですか?夜は、眠れてますか?先日の週刊誌、立ち読みして来ましたよ。
もうビックリ!!!
ムッチーさん、私より若いんですもん^^
なのに、こんなに、しっかりされてて、素晴らしいです。
義援金の配布の準備などで、忙しくしている方がいいですよね。
無理をせず、頑張って下さいね^^
1234|5|
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ