川南町のムッチー牧場だよ〜ん。

川南町の色んな出来事を紹介していきますので、ご覧ください。
ご意見等御座いましたら、コメントも宜しくお願いします。

 

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:道東人
このエントリーで書きすぎたのでこれで終わりにしますが、ちょっと固有の県を出しすぎました、申し訳ないです。
確かにその手の話は多少知ってますがあまり具体例はちょっと。
私は攻撃したい訳ではないですし、その話をそのまま切り出して宮崎県の人が書いたコメントにして紹介とかされたら目も当てられません。
協力は難しいと言いたいのかもしれないし私もそう思いますが口蹄疫、豚コレラ、鳥インフル・・伝染病等は共通の敵ですからという事を言いたいだけです。
投稿者:道東様へ
隣県どうしの上、共に“畜産王国”を自認してるだけあって宮崎と鹿児島の仲は含むところがあるみたいです
霧島黒豚で有名になった霧島高原ロイヤルポークがそれまでのランドレースから黒豚に切り替えた際に「旧薩摩藩繋がりで『サツマ黒豚』って名称を使いたいが…」と鹿児島蓄連に話を持ちかけたところ「ふざけんなバカ!」と一蹴されたって話もありますし
その霧島黒豚が売れ始めるや本家のかごしま黒豚は東京市場以外には一切生体での県外持ち出しはまかりならんみたいに畜産王国のプライドかけた暗黙のバトルが続いているみたいですし・・・
投稿者:道東人
珍しく長文ですね。
今まで知事が嫌いしか情報がなかったけど少しパーソナリティーが見えました。ちょっとひっかかったのですが私が養豚家的考え方を古いと言っていると思ったなら否定しときます。
この言葉を使ったコメントは視点の置き方で考え方が違う事例を書いたもので、日本の方針を見て殺処分をしない方針を決めた国の事です。
裏を返せば日本のやり方は古いという考え方もあるという意味です。
まず養豚家が防疫意識が高いのが先か、牛に比べて繁殖、再生が早い、だから思いきった措置もとれるとの考え方が先かも水掛け論です。
別に現地に入れと言ってる訳ではなく、意識の高い所から足りない所に教える、もし考え方が県によって違うなら、例えばJA等の九州単位でいざという時の方針を最低限決めておけば、県同士の不満も少なくなるのでは?という考えです。
あそこは話聞かないからダメだではなく制約あるものを結んどけと。
これはこうしとけばよかったと過去を論じると同時に今後にも繋がります。
投稿者:Null
困っている人を助けるのに、嫌いな奴だからとかありません。
でも、口蹄疫は法定伝染病でむやみやたらに隣県だからと言って動きまわっては、さらに蔓延させてしまいます。

それが決まりなのに養豚家的な考え方が古いと言われれば溝が埋まることはないです。
投稿者:道東人
ありがとうございます。
ただちょっと違うんです。人間弱音を吐きたくなる事はありますが、どうもムッチーさんもいろんな事に苛立ちがあるのかな?という内容が続いてたので心配してました。
当然コメントは励ます内容が多くなります。
でも叱咤激励の叱咤が抜け落ちたやり取りを危惧しました。
内容がエスカレートしてしまったこのエントリーで賛否両論が噴出してしまったのは当然です。
だから個人の考え以外の可能性、いろんな切り口からの問題点をコメントしてみました。
結果非難されましたけど汗知事や政策が嫌いな人はそんなの他の県が助ける必要あるの?と思うかもしれないけど、人として考えたらどうなりますか。
目の前に困った人がいる。嫌いな奴の取り巻きだったら助ける必要ないと必ずしも思いますか?
善でも偽善でも行動しないよりましだし、無関心はもっと悪い。
だから手の届く位置にいるなら助けてほしいですね。勿論過ぎた事をあれこれ言うなとの意見もわかりますが、今後に活かす事にもなります。個人の考えを残す事も大事だと思います。

投稿者:Crimson&Clover
道東人さん、今何かが訳を分からなくしている状態で、冷静さを保っている貴方の意見に感服しました。
こちらに出入りされている皆さんもそうです。あきらめず頑張りましょう。
投稿者:ななしさん
みなさんそれぞれに立場があり、それぞれに思うことがあると思います。
ただ、あまり感情的になりすぎると、相手の立場に思いを馳せることなく自分の立場だけを主張しがちです。
あくまで一般論ですが、自らのことを省みても案外正しいのではと思います。

それぞれに主張もあれば要求もあるでしょう。
ただ、何かを声高に叫ぶ前に、他の人のことを考えてみてください。
あんなことをしていたあの人の、真意は何だったのだろうか?自分には○○という様に見えていたが、実はそうではなくて、□□だったのではないだろうか?と見えて、やはり○○か・・・?
あれをしなかった人は、何故しなかったのだろうか?できなかったのだろうか?いや、実はしていたのだが、情報が正しく伝わっていないのだろうか?いやいや、本当に何もしていなかったのだろうか。

色々と考えてみると、感情的になって批判する暇があったら自分なりに調べてみるのが先だ、と思います。
もちろん、個人的に調べられることなんてタカが知れていますから、答えなんて見つからないことが多いのですが。
それでも、ちゃんと自分なりに調べた後ならば、批判するにしてもそれなりに理性的に、落ち着いてできるのではないでしょうか?

あくまで一般論です。
私見、長文、駄文失礼いたしました。
投稿者:弥永睦雄
11月15日の質問書に対する件からの回答には、
和牛繁殖農家5名、和牛肥育農家4名、養豚農家3名
酪農家3名の出席でした。

種牛の件では、賛否両論あります、被害者協議会内でも
意見が分かれております、お互いの言い分があるのは
わかります。

両方の立場から考えなくてはと思ってます。
特例措置で県外の農家に与えた影響は大きいと思います、
県外の方々から色んなご意見もお聞きしております。

今後、どうあるべきかを、今、我々畜産農家も考えなくてはと
思います。種牛を今、処分しろとか言ってるわけではありません。
高鍋町の議会によると、家畜改良事業団での殺処分の報告書が
出されたのが間違いとか言われてます。
どれが、本当の報告なにか?疑問です。

私達は、真実が知りたいのです。
ただ、何が起こってたのかを知りたい
知らせるべきではないかと思います。

感染源、感染経路に関しては、まったく、納得の出来る答えは
得られてません。

今後、畜産業を営む上で、今回の口蹄疫が有耶無耶にされたら、
安心して牛さん、豚さんを我が家に迎える事が出来ません。


投稿者:トリコン
鹿児島がとか、いまさら、どうにもならんだろ。
書くなら前向きな事にすれば
投稿者:Null
家伝法が古く今回の口蹄疫にあっていないと言って早急に動かなかったから、周りの県や他県は防疫体制をさらに強化したのに、そんな県になんの協力ができるのでしょう?
1|2345
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ