川南町のムッチー牧場だよ〜ん。

川南町の色んな出来事を紹介していきますので、ご覧ください。
ご意見等御座いましたら、コメントも宜しくお願いします。

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

QRコード

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:申@北海道
(´・ω・`)“バレエの地合い”に見えた
ムッチーさんチュチュなんて穿いて地合いチェックしとるのかと変態妄想してしまいますた

さて、マジメな話。元来は国難までは発展しないはずの災害である口蹄疫問題
バカ松や あとどっかのミンスじじい(名前忘れた思い出す気にもならんが)の相継ぐ宮崎県民に対する名誉毀損、人権尊重の侵害にもめげず
(実はあの名誉毀損発言にはアイヌ民族文化の冒涜に等しい発言もあったんだが、北海道のアイヌ人権保護団体は何も動かんかったな
所詮クサヨ政党の金蔓団体か・・・情けなさすぎて涙も出やしない)
みんなで協力しあったから、宮崎県は少しずつ立て直されているのです

アイヌの歴史から、その昔アイヌ族は山で熊の仔を捕らえると、カムイ(神)がその仔の成育をアイヌに任せて育てさせるのだと考え、
神の子を「あずけられる」という意味で飼ったのだそうな。
成獣に育った神はアイヌ族にいいました「この皮をなめして寒さを凌ぎ、この肉を食して飢えを凌ぎなさい」と。
豚・牛・馬などの大動物も同様に飼養する事を「あつかう」といい神の子である野獣を成育させたのである。
そこから考えると現在の畜産業は、神の恵みと人間を引き合わせるための重要且つ神聖な仕事なのである。

もし、口蹄疫災害のPTSDで自信をなくしたり、虚無感に襲われている人がいるならば、伝えたい。
八百万の神々からの恵みを育てて私たちに引き合わせてくれてありがとう・・・と。
投稿者:関東人改め:やまと
 ムッチー審判!お疲れ様でした。

主催者の皆さま・裏方の皆さま・父兄の皆さまお疲れ様でした。その他多くの皆さま。

昨年は本当に皆さまのご不自由な日常を
察するに及びない事、伝わってまいります。

涙の意味も・・・
私も泣き虫が今、騒ぎ出しました。
学校では習わない事。皆さんは沢山学んで
何回りも大きくなったと思います。

皆さんの目に映る大人が、少しは信じて
貰えるように頑張らないとですね。

綺麗な体育館の床・大事にしている証拠ですね。体育座りも懐かしいです。

皆さんの将来に、幸多い事を望んで止みません。
◎どーしても、この動画が皆さんと被って
貼らせて戴きます。

☆春の選抜選手宣誓☆ 
http://www.youtube.com/watch?v=FI2BFNwT0c0 
※天候不順・暑さ・世の中の不安定に負けず
踏ん張りましょう〜ね。少しづつでも。
そんな私も既に暑さにメゲタ日を体験orz
(偉そうな事言っても、説得力ない。)

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ