川南町のムッチー牧場だよ〜ん。

川南町の色んな出来事を紹介していきますので、ご覧ください。
ご意見等御座いましたら、コメントも宜しくお願いします。

 

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:関東人改め:やまと
投稿者:牛好き
それとさしでがましいようですが、やまとさんのくださるHPの情報も少し偏っている気がします。勿論、正論だと思えるものばかりですが、すべて論調が同じですよね。
正しく判断するには、まんべんなくTPP賛成派、反対派、どちらでもない客観的な意見織り交ぜて知る必要があります。
他の件でもそうですが、日本人はどちらかに偏りやすいので、正しい判断をあやまる傾向があるんだと思うんです。
ここ数年、ずっと日本はかじ取りで判断誤っています。
国民にしても、政治家にしても客観的な視点が失われ、どうしても支持派層の期待にこたえなきゃ、支持率あげなきゃという人気取りでこんなことになってるんだと思うんです。

農家にとって、先まで見据えてどうするのが良いか?農家でTPP賛成する方は先ずいらっしゃらないと思いますが、それでは経済界はどのように言っているのか?どちらもしっかり知識として知った上じゃないとなかなか正しい判断はできないと思います。

ちょっと刺激が強いかもですが下記です。
好きか嫌いかと言われれば苦手な方の方ですがこの意見はなるほどと思いました。

http://news.livedoor.com/article/detail/5978857/

せっかくムッチーさんもブログをアップして下さったことですし政治談議はこのあたりでやめましょうかね。

失礼致しました。
投稿者:牛好き
麻生さんはTPP賛成ですよね。経団連とも熱い仲ですし・・・。いろんな考えがあって良いと思います、違う考えが売国奴と言う訳ではないと思います。
経団連、内閣府、農水省、言ってる事全然違ってこれじゃ国民も悩みますよ。
政府が上手に主導しないからこんなことになるんでしょうけどね。

私も麻生さんとか石和さん、好きなんです。でもTPPに関しては・・・どうなんでしょうね。

国内に潜む売国奴というのがなかなか難しいですね。そんなに脅威なのかな?政治団体とかそういうのでしょうか?
私はそれよりもっと外の脅威に目を向けて行かないと日本は取り残されてしまうよと思います。

農業に関してはいま思考ストップです。
難しい・・・。

はっきりと断言できる皆さまが羨ましいです。どうしてそう、反対だ!賛成だ!としっかり意見を持てるのか、凄いなあと思います。嫌味じゃないですよ。

国民、実際私みたいなのが多いんだろうな。

ムッチーさんのところの牧場もやっと軌道に乗ってきて、牛さんも農場の方たち、宮崎の農家の方たちがこの先ずっと平和に暮らせるには何が正しいのかな?と思います。

わからないです。
投稿者:関東人改め:やまと
ムッチーさん、皆さん、お疲れ様です。

昨日、書かせて戴いた韓国内の米韓FTAの不平等条約のデモや総括記事を載せたブログを
お借りしてきました。2回目になりますが、

ISD条項について・・・「米国式」
ラチェット条項について・・「後戻り禁止」
も触れています。

韓国民は、今・政府と闘っています。此処は
支持します。米韓FTA=日米TPPと云う縮図で
お手本でしょう〜!

兎に角、お読み戴きたく存じます。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/ 

経団連モンサントもお調べ戴きたいですね。

>申さん
私も夕刻の備忘録さんのファンです。物静かに、だが真髄をついて安堵と共に勇気を貰う
1日に1度は訪問しています。

>牛好き様
日本に潜む売国奴が問題なのですよ。そして歪んだ思想で大きな視点で物事を捉えられない方々です。我欲に走る者ですよ。

色々、皆さんの不安を煽ってしまう事を書き並べましたが、知らぬ幸せもあるでしょうが対策が取れず、パニックに陥る事がないように、今後の対策の一助になれば・・と、思っています。

あの麻生総理の言葉を思い出します。
「国民が政治に無関心な時は、政治が回って(機能)いる時」←的な発言を英国民のガーデニングを事例に出して。そんな時代を、今欲しいですね。解散総選挙!!!

諦めた時が負けです。私もそう思います。
八方塞がりでも、絶対に抜け道はある筈です
踏ん張りましょう〜ね☆マスコミのネガティブ発令に踊らされないようにm(__)m

お願いいたします。(良心のマスコミ関係者
の皆さん、奮起を!良心の官僚の皆さん、奮起を!良心の議員諸氏、奮起を!良心の経営陣の皆さん奮起を!・・・その他多くの良心を・・・)
 

投稿者:牛好き
TPP難しいですね。農業、食料自給率の観点から行けば申さんのおっしゃる通り。将来的に日本の食糧事情がアメリカ如何になってしまう可能性がある。ただ産業界にとってはこのままですと、もう外に出て行くしかなくなります。
農業に今以上に力を入れ、人口減少とともに経済は縮小し、大企業はグローバル化でどんどん海外に出て行く時代になっていくとすればいまさらTPPも何も関係ないのかもしれないですね。
そうであれば農業を守るためにTPP不参加と言うこともあると思います。

どの辺りを守っていくか・・・ですね。確かにTPP参加をして日本の産業界が多少強くなり経済効果が上がっても、農業が疲弊してはどうしようもありません。

いくら考えても答えは出ないですね。

花王の不買行動に関する申さんの考察、鮮やかですね。企業のためを思う、つまり日本を思うためのデモであれば反日じゃないけど、それを越して不買が業績に影響を与えるようじゃ反日なんだろうなと思います。

農業界も産業界も今大きな変換機ですね。どうなっちゃうんだろう・・・日本。
周りの大企業もリストラ、リストラでどんどん工場が閉鎖です。
本拠地がバンコクやシンガポールにどんどん移動しつつあり国内の産業の空洞化はもう免れません。

政府やマスコミももっと産業界の危機について報道してくれるとよいのですが・・・。

TPPについては私はまだ答えが出ません。
日本がもう少しリーダーシップがあればアメリカ主導ではない独自の路線でいけると思うのですが、いまその力がないですね。

アメリカと組むのか、中国と組むのか。日本の者を買ってもらわないといけないですから。それを考えるとアメリカではないのかもしれません。

シンガポールあたりと組むのは大きな利益があると思いますが、農業界で考えるとオーストラリアとアメリカ・・・大きな脅威であるのは事実ですし反対派の意見は凄く良くわかります。
投稿者:申@北海道
(´・ω・`)↓コメ続き。
続いて否。不買活動なら個人レベルの問題だが、運動となると大規模な動きになり、場合によっては、業務妨害に該当することもある。
企業をあるべき方向へ向かわせようと懸命に動いても、それが業務妨害に繋がれば元も子もない話になる。
デモという運動を実施するならば、慎重に慎重を重ねた計画が必要である。

長くてすまんこ。
投稿者:申@北海道
(´・ω・`)もはようございま。
TPPについては 夕刻の備忘録さんが、おもろい喩えを記事にしてらっしゃる。
まあ、簡単にいやあ、「TPP=アメリカの作った、アメリカに都合のいい、アメリカのアメリカによるアメリカのためのルール」である。
日本の利益なんぞ考慮しとらん だから日本の関税自主権なんぞ必要ないと剥ぎとられるのだ。
いや、私らはまだいいさ。あとは老いぼれていくだけだから。私なんぞ余命宣告受けてるしな(…の割には余命年齢より2つも老けちまいますた 'A`)
この国の未来を背負って立つ子供の将来を食い潰すモンスター・・・それがTPPでありTPP支持する現日本政府である。
TPP支持の現日本政府のクソ共は、東日本の子供達の命を蔑ろにしただけでは飽きたらず、無事に生き残り成長し、
この国を担う者達に対し、地雷で敷き詰められた地面を匍匐前進するよう強要しようとしているのである。
そんなクソ政治しか出来ないゴミンス内閣を 夕刻の備忘録さんはこう喩えている、「モンスター・ガバメント」と。
略して「モンガ」・・・昔、少年ジャンプで連載していた、にわのまこと氏のプロレスギャグ漫画を思い出してクソ吹いたわw

花王不買に関しては 活動なら賛同するが運動なら賛否両論である。
先ずは賛の方。企業が継続していくのに欠かせぬ仕組みが、内部統制である。
経営者はその仕組みを構築し、整備・運用する責任がある。内部統制の目的として4つ挙げると、
1)業務の有効性及び、効率性。
2)財務報告の信頼性。
3)事業活動に関わる法令等の遵守。
4)資産の保全。
 ・・・である。これらの内、1)、3)、4)に、不備があるという話を聞いたことがある。
それが事実ならば、経営者は今一度、見直さなければならない義務がある。
あと内部統制には経営者による不正を発見する機能を持っていない。
従って、もし、内部統制の欠陥を見直さず、且つ経営者の不正を見逃している節があるのならば、我々消費者はその企業商品の信頼の保証求めるために、
何らかのアクションをとらねばならない。その一つが不買である。
投稿者:陰ながら、応援しています。
ムッチーさん、お元気でいらしゃいますか?久しぶりにコメントさせていただきます。


こないだからコメ連投しまくってる人。必死過ぎて、痛々しいわ。
まあ、今に始まったことではないですけどね。
以前から多くの人たちに何度となく非難されまくってても、しつこくムッチーさんのブログにくる理由は何なんでしょうね(^^)
よほど「真実」を日本国民に知られるのが、まずいみたいですね。

TPPの内容を知れば、“真っ当な”日本人なら反対しないほうがおかしい。

花王の件もそう。日本を貶めることに加担していることを指摘・非難されても姿勢を改めないばかりか、訴えた消費者に対して「嫌なら買わなきゃいい」って喧嘩売る企業。
花王が変わらない限り、一生不買だ。


>また国産品と信じて疑わない商品の「中身」をどこから調達しているかまず知ってください。
ああこれ、花王の一部の商品でしょ。

“国産品を買わない”のではない。“花王以外”の日本企業の国産品を買っている。愛する日本に為にね。



ちなみに今日は伊勢神宮に参拝してきました。もちろん、護国をお願いして参りました。
投稿者:牛好き
産業界にとってはTPPは待ったなしなんです。このまま世界中で市場開放が進むと、日本の商品だけに「高い関税」がかかる状態です。各国品質を上げてきていますので、益々日本製品が売れなくなるのは目に見えています。すでに負けていますが益々国際競争力を失い、日本の産業は衰退の一途をたどるかもしれませんが、その前に大手は海外に出て行ってしまうでしょうね。経済界では死活問題です。
ただ農業に関して考えると・・・やまとさんの添付して頂いた物を見てもかなり考えさせられる事がありますね。食糧難に対処するには国内農業を伸ばすと同時に輸入の確保も必要です。TPPでアメリカ、オーストラリアから安い穀類が今以上に大量に入ってくれば価格崩壊も起きるでしょうし、国内農業の衰退も(あるかもしれない)。これもチャンスに変えるにはあまりにもまだ準備が出来ていない気がします。

花王に関してですが、花王のみならず海外とのつながりが多いのが産業界です。花王は反日企業ではないです。
だったら祖国に帰ったら?という意見をたまーにネットのみで見ますが、祖国ってどこなのよと思いますね。
日本人でも様々な考えがあってしかりでしょう。国産品を買わない事こそ反日じゃないですか?と思います。
また国産品と信じて疑わない商品の「中身」をどこから調達しているかまず知ってください。
投稿者:関東人改め:やまと
急を要する案件なので、シツコク書かせて
戴きます=T P Pの危険性とマスコミが報じない事。

私はアメリカと云う国が好きです。勿論・諸外国も・・・でも、日本が大好きです。
いくら、反日国家であろうと、中には非常に
日本贔屓の方もいる。「有り難いことです」

しかし、今・世界は通過戦争(経済戦争)の渦中です。各国で庶民がデモに沸いています

で・本題の【TPP】ですが・・・
10日迄に参加結論ありきで、与党政務三役
で「参加ありき」で、進行中です。

◆韓国でも、数千人の警察動員で、国民が米韓FTA(二国間協議)の批判で騒ぎになっています。不平等だからです。

◆日本の知事のTPPへの賛否
賛成6  反対41

◆コチラで語ると「農業」=TPP
だと思われますが、全産業に影響で市民生活
日本の根幹が崩れます。

◇大事な事は、もう既に、他国とは、FTAは推進され履行されていると言う事実です。
「開国」は、しています。国交のない数カ国
を除きです。

◆今回の政治家の顔ぶれも、普段の政争と異なる点は、民主も自民もなく、賛否が割れて
います。支持母体と言ってしまえば、そこで
話は止まりますが、それだけ・裏理(利)が
ある事です。日本各地や産業が疲弊して、町はシャッター通りで、相次ぐ増税や震災が大きく傷を負った「日本」では、TPPは「No!」です。

時代は繰り返す、悪しきは毅然と戦い、そちらを撤廃すべきです。先人が辿った道です。

昨夜、夜中・勉強の中で1つの資料を有志の
所で拝見致しました。少し長い文章ですが、
日本以外の米国との交渉での問題点・亀裂点
を紐解いてくれています。

◎ご参照戴けたら幸いです。(隣の芝生はの理論が沢山)国家間なら、そういったレベル
ではない事は皆さんも周知と・・・・

■ニュージーランドのオークランド大学
 ジェーン・ケルシー教授に寄るT P Pの問題点 2011年7月12・13日の札幌・仙台での講演会・議事録です。

T P P=復興に取っても【No!】です。
http://tpp.main.jp/home/wp-content/uploads/f11537ecb20216a3baf1a64784ba2bbe.pdf 

お読み戴けたら幸いです。
■ISD条項が加味されている事も問題です。 
馬鹿な私ですが、国民(一般庶民)が泣くのは嫌です。国が亡くなるのも。各国の鬩ぎ合いは外交ですが、内なる敵はもっと困るのです。 
1|2345
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ