やまがっこう

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
雀さん ありがとうございます

縄文土器は、特に土器の器面に施された文様は、単なるお飾りでなく、何かのスピリチュアルなデザインで、当時の個々人が勝手に描いてはいけない、描き方の決まりがあったようなのです。

なので、例えば、仙台湾周辺から阿武隈川流域や阿武隈山地の遺跡から出土する縄文土器には、同じような決まりに従った文様の描き方がなされています。

それで、綱取式とか大木2a式とかいう縄文土器型式が認定されるのですが、その縄文土器型式を象徴する土器の文様は、当時の地域文化や地域社会を反映していると言えます。

松島湾の貝塚から出土した土器の文様と二本松市の遺跡から出土した土器の文様が同じ決まりに従った描き方をしているなんて、考えると、今から数千年前においても、広域文化が存在し、広域で情報伝達がなされていたことが推定され、縄文時代の社会は、想像以上に広い地域間で連携が取れていて、情報伝達や交易がなされていたことが考えられます。

そう言った意味で、縄文土器の文様は、非常に重要なファクターなのですね。

広い地域で同じ文化を共有し、支え合っていた、その標徴が縄文土器の文様だと思います。そこには信仰的なスピリットも含まれるのではないかと思います。

考えれば考えるほど、面白いです。

僕の身体のことご心配いただき、申し訳ございません。

ありがとうございます。

相変わらず、いろいろ忙しいですが、無理せずに過ごしたいと思います。


http://green.ap.teacup.com/naraha/
投稿者:やまがっこう
ねもしゅうさん ありがとうございます

最近、とみに忙しくなってきて、まあ、秋のイベントシーズンなので、忙しくなるのも仕方ないですが、疲れたまってきました。

縄文土器の文様、現代のデザインにも通じるのですか。そのように考えて改めて見ると、新鮮に感じますよね。

素焼きの蛸壺、僕も見たことありますよ。素焼きということで、確かに原始・古代的な雰囲気感じますよね。あれは、浜独特の焼き物ですものね。懐かしいです。一度蛸壺を中通りの人にお見せしたら、不思議がっていましたよ。

最近、縦長写真にこっていまして、、、

というのも、僕が利用しているこのブログのフォームは、縦長写真が効果的なんです。

ブログのフォームの種類によっては、横長がいい場合もありますが、しかし、縦長写真撮って、特に青空を取り込んでテーマ性を持たせると、写真も面白くなって、それではまってしまいました(笑)


http://green.ap.teacup.com/naraha/
投稿者:雀
縄文土器は気取りがなく、作者の素直な思いが伝わって大好きです(^^)v

勢いに任せて、また働き過ぎないように気をつけて下さいね、、、^^;)v
秋の夜長は夏の疲れを取るためにぐっすり眠るためにあるかもよ?(^^)/^^
投稿者:ねもしゅう
やまがっこうさん

またまたお忙しいようで、体が3つくらい無いと足りなさそうですね。どうぞご無理なさらないでください。

縄文土器の模様いいですね。なんとなく、アントニーガウディ建築の有機的デザインにも通じるものを感じさせます。
先日、浜で家の解体が有りまして、使い古しの素焼き蛸壺を何個も頂戴してきちゃいました。質感が縄文土器っぽくて、眺めてるとホッとします。

やまがっこうさんマイブーム(?)の縦長写真、素晴らしいです。

http://blogs.yahoo.co.jp/nemo_syu
投稿者:やまがっこう
kikiちゃん ありがとうございます

コメントのご返事しなければと考えているうちに、ウトウトしてしまいました。

お風呂に入って、さっぱりしましたー。

ちょっと最近、再び疲れたまってきたみたい、、、

近接撮影した縄文土器をご覧になると、生々しく感じられるのですねー。

縄文土器、それは何千年も前の先人が作った土器ですが、土器を作った人のスピリットが、土器の文様にプリントされて、当時の人たちの意識を現代に伝えている、そんな感じがしますよ。そのパワーをkikiちゃんはお感じになられたのではないでしょうか。

人間が本来持っているパワー、現代の文明社会では大分失われてはいますが、縄文時代の人々は、スピリチュアルな部分も含めて、大きなパワーを持ち、それが縄文土器の文様にも反映されているような気がしてなりません。

再び、河合隼雄先生の本、読み始めました。

先人のお心に、一歩でも近づきたいです。

山木屋の牛乳、本当に美味しかったです。疲れている時に飲むと、本当にそれを感じますね。

コスモスのお写真のこと、、ありがとうございます。

僕、コスモスという言葉は、宇宙を連想してしまいます。

それで、今日は、一番下の写真を撮ってみました。

お写真のポリシーご理解いただいて、とっても嬉しいです!!!

おっしゃられるように、僕らは、宇宙のなかでは小さな存在。だけど、宇宙のパワーは、皆さんに平等に降り注いでいます。

このコスモスさんは、皆さんの苦しみ・悲しみ・喜びを受け止めるシンボルなのでしょうか??? そう願っています。

でも、明るい日差しと青空は、皆さんに等しく微笑んでいます。

それを感じることが、明日への元気とつながれば幸いですよね。

頑張りましょうね!!!!!
投稿者:やまがっこう
クリさん 

先ほどは、お電話で失礼いたしました。

あれから、ちょっと疲れてウトウト、、、
あわてて目覚まして、お風呂に入りました。

ちょっと最近、立て込んでて、疲れでました。

お風呂上がりに、疲れ予防のサプリ、「青森県産 雪待にんにく卵黄」2粒飲みました〜〜〜(笑)

今日の縄文土器の仕分け、久しぶりに楽しめました。クリさんが感じられるパワー、それは、縄文土器に秘められたスピリチュアルなパワーでしょうか???

縄文土器って、作るのも体力いりますが、それだけでなく、文様にはアニミズム的な何かを入れているのですね。

それが知りたいがために、僕も、アイヌ民族をはじめとして、北方民族の事例を探し求めたことがありました。

まだまだ未解決ですが、縄文土器の文様は、ただの飾りではありません。人間の最も素朴な分野のスピリットが入っていると、僕は考えています。こんなこと考えて23年になりました(苦笑) まだ、解決を見ていません。おそらく永遠に解決しないでしょう。

アニミズム、トーテミズム、シャーマニズム、いろいろな分野の本を読みあさりましたが、

ただ、ただですね、もしかすると、河合隼雄先生の研究が、その解決の糸口になるのではないかと、期待しているんです。

僕、土偶も調べていまして、11月には、「まほろん」でお話しなければならないのですが、土偶と心理の関係で、河合隼雄先生の本も参考に読んでいます。ただ、忙しくて、なかなか読み進めないですが、、、

とにかく、日本原始美術は、まだまだ謎がいっぱいで、楽しみな部分が多すぎますね(笑)

あっ、自分のことばっかりでごめんなさい、、

今日の木戸川でのお仕事、本当にご苦労さまでした。

ねもしゅうさんの記事、楽しみにしています。

昨日は、花パパさんとお会いになられたのですね。僕もお会いしたいです。

説明会を改めて行う件、了解いたしました。

今度、ゆっくりお会いしたいです。

宜しくお願い申し上げます。
投稿者:kiki
やまがっこうさん、こんばんわ。

お休みの日にお仕事お疲れさまです。

わあ、生々しい縄文土器ですね。
お写真が鮮明なので細部までよく見えます。
浪江にこんなにたくさんの土器があるとは驚きです。
先人の暮らしがわかるような気がします。

山木屋の牛乳おいしそうです。
何回かいただきましたが、独特の濃さがいいです。

高原のコスモスのお写真、抜けるような大空でとてもさわやかです。

一番下のお写真、コスモスさん宇宙に向かって咲いているんですね。
そしてこの世の楽しみも苦しみもすべてを受け入れてくださるのでしょうか。
宇宙のパワーを考えると、地球は小さな存在なのかもしれません。
しかし小さいなりにそこに住んでいる人はがんばって生きています。
このコスモスさんはその象徴なんですか。

いろいろ想像が膨らむとても素敵なお写真だと思います♪

http://kiki.sakura.ne.jp/mt/
投稿者:クリ
お疲れ様でした〜。

縄文土器は破片といえど、美しいですね。

なぜ、パワーを秘めているのでしょう。

本日の木戸川の件にかんしては、多分、ねもしゅうさんが報告してくださると思います。

昨日の説明会では花パパさんとも会いましたw。

昨日ご都合がつかなかった方々のため、もう1回くらい説明会をもちたいと、K先生がおっしゃっておりました(今日の話)。

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ