やまがっこう

 

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

掲示板

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
ねもしゅうさん ありがとうございます

土偶と埴輪、同じ本で取り扱っている図鑑もございますので、最初はまぎらわしいですよね。

土偶は縄文時代、そして埴輪は古墳時代なのです。

磐城高校の天冠埴輪、確かに素晴らしい造形ですね。

あのレプリカ、そうですねー、専門のレプリカ業者に頼むと、とんでもない価格が請求されそうです。

でも、たしかにかっこいいし、欲しいですよね。
投稿者:やまがっこう
kikiちゃん ありがとうございます

持ち時間の2時間で縄文時代早期から晩期にかけての土偶の変化をご理解いただけるように、僕なりに、なんとか頑張りました〜!!!

そして、終わって、ホッとして、帰り道に東北自動車道を運転していたら、ふと、「土偶って、最初、粘土で形を作るんだよなー。じゃあ、生乾きの段階の土偶を火にくべて焼成するということはー、少女としての土偶を殺して、成女として生まれ変わらせる儀式ではないのかなー?」と思ったのです。

そのことから、記事に書いたように、土偶の三段階の画期を考えました。

kikiちゃんも、この三つのステップをご理解いただけるのですねー。

このことと、kikiちゃんがおっしゃられる錬金術のことも併せて、僕もこれから再考してみたいと思います。

土偶のことは、まだまだ未解決だらけですので、かえって面白いですね♪♪♪

お教え、ありがとうございました。
投稿者:やまがっこう
雀さん ありがとうございます

今日は、久しぶりに、前身のパワー全開で、熱くお話してきましたー!!!

縄文時代の土偶について、ご理解いただけるように願って、僕の心も熱くなりました。
投稿者:ねもしゅう
恥ずかしながら、土偶と埴輪の違いを知りませんでした。今、改めて調べましたら、前者が縄文時代、後者が古墳時代のもので、形状も全然違うんですね。

磐城高校にある天冠埴輪、考古館でレプリカみましたが、あれはかっこいいですね。僕もレプリカ欲しいです。だれか作ってくれないかなーと思っています。

http://blogs.yahoo.co.jp/nemo_syu
投稿者:kiki
やまがっこうさん、こんばんわ。

講演、大成功おめでとうございます。

おっしゃるとおり土偶は女性の性的機能を強調してありますので、生殖とそれに伴う儀礼を意味するのは間違いないと思います。
しかもこれは女性のみに与えられたいのちをつくるという神秘的な側面もあります。

おそらく@からBの少女から成女式を経て大人になり出産というステップを意味するものと思います。

考えすぎかもしれませんが、新しいものをつくるという意味では錬金術の四大元素(火、水、土、空気)との関係もありそうな感じもします。

http://kiki.sakura.ne.jp/mt/
投稿者:雀
お疲れ様でしたm(__)m


http://blog.goo.ne.jp/vegastar/

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ