やまがっこう

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
alkumkさん ありがとうございます〜♪

僕のホムペ「やまごや」
http//:yamagatuko.sakura.ne.jp
は、今のところ、過去の写真を掘り起こして公開しております。

なので、今回公開した信夫山のお写真も、平成19年4月に撮ったものなんです〜。

なので、今現在あのようにお花がさいているわけではございません。

信夫山のスプリングエフェメラルズの花々の見頃は、桜の開花を目安にいたしますと間違いないと思います。

スダジイの場所は、たんたら清水から遍照院というお寺に行く途中に低木を見つけました。

旧市役所の解体工事進んでいますね。
僕もあのスダジイの運命が気になっているんです〜。

水戸の偕楽園でしたっけ。梅の名所。
僕も一度は見に行きたいです。
あのあたりだと、照葉樹の巨木があちこちにあっても不思議ではないですね。

alkumkさんも、山ガールであらせられるのですね。

ファッション感覚を楽しみながらの自然観察も楽しいと思います。

ぜひぜひ陽春の信夫山を可愛らしい山ガールファッションで楽しまれてください♪♪


http://green.ap.teacup.com/naraha/
投稿者:alkumk
やまがっこう様

信夫山〜ホームページ拝見しました。
も春は来ているのですね(^_^)。
スミレも咲いているのですね。

スダジイはどの木なのでしょう(涙)探しててみます。
旧市役所側の工事も進んでいますが、まさかスダジイは切られたりしないですよね!?
心配で見に行ったら、フェンスの向こうで見えませんでした…(涙)


先日、水戸へ梅を見に行ってきました。
三の丸小学校の裏手にスダジイの巨木がありました!。
水戸は暖かいのでしょうね。巨大なシラカシや、ハルニレなんかもありました。天然記念物の大シイの木も!



今年の山ガールの活動は信夫山から始めたいと思います。



投稿者:やまがっこう
くぅーさん〜♪

僕のホムペにご訪問いただいて、本当にありがとうございます〜♪

喜んでいただけて、僕、嬉しいです〜。

信夫山の春は、とってもとっても素晴らしいですよ〜。

マキノスミレ、シュンラン、カタクリなどなど、可愛い春の妖精さんたちと出会えます。

ぜひぜひ、信夫山に桜咲く頃、お出でください。

そして、お花たちと戯れ、お写真を撮影なさってくださいね。

あの、

イルカさん、

僕ね、特別の思いあるんです。

僕が独身の頃ね、僕はイルカさんのファンクラブに入っていました。

でも、イルカさんのコンサートには行けていませんでした。いつかは行きたいと願っていたのですが、、、

そして、ある日、妻のひまわり君と出会ったら、ひまわり君がイルカさんに似ていたのです。

そして、ひまわり君とお付き合いしていた時、県文化センターでイルカさんのコンサートが開かれることになったのです。

僕は、喜びいさんでチケット買い求めました〜。

僕のあこがれのイルカさんのコンサートを、初めて、それも、イルカさんに似ていたひまわり君と一緒に聞けたなんて、夢のようでした〜。

あの、青春時代の思い出でした〜(恥)
投稿者:くぅー
やまがっこうさん〜♪

さっそく、春の信夫山散策させていただきました♪
お部屋の中にいて、春の信夫山のかわいい植物たちに会えるなんて思っていませんでした。
もっと早くに、こんなに可愛いお花があることを知っていたら虫眼鏡を持って出かけていたかも知れませんね。
もし、春の信夫山に行ける機会があったら、デジカメで写真を撮ってきたいと思います。
春の香り、嗅いでみたいです。

私もなごり雪、好きです!!

イルカさんではないけど、この曲を作った伊勢正三さんのコンサートで実際に聞いて、すごく感動しましたよ。
投稿者:やまがっこう
kikiちゃん ありがとうございます♪

信夫山は、本当に、自分の心をゆるゆるにして、思いっきり自然と戯れることができる場所なんです。

日ごろ、街の中で、しかもコンクリートと鉄筋でできた建物の中で、電子機器使いながら仕事していると、目に見えないストレスがたまってきますよね。

そんなストレスを、ひとときでも和らげてくれる素敵な山なのですね。

それが街のど真ん中にあるなんて、

kikiちゃんがおっしゃられるように、福島市民は恵まれていると思います〜。

だから、信夫山の自然力と歴史力を理解して、正しい信夫山との触れ合いをしなければならないと思っているんです。

シュンランの件は、かえすがえすも残念で、知人の心ある方も、同様の意見を述べておられます。

「自然は大切なので守りましょう」と口では言っても、自然の摂理を理解して、その上で信夫山のことを考えないとだめなんです。

それを福島市当局や商工会に理解してほしいのですけどね。

おっしゃるように、信夫山で夢を見ることができるようになれば、最高です!!!

でも、自然は、本来、そういうドリーム・サポート・パワーをそなえています。

しかし、自然に対して正しく接しないと、そのサポートは受けられないのです。

僕も、いろいろと考え続けて、そう思うようになりました〜。

kikiちゃんがおっしゃる、こころの中の「気」がスムーズに流れ、リラクゼーションできるようになるためには、やはり自然のパワーをお借りしなければなりません。

信夫山は、本来、そういう場でもあったのですね。

だから、昔からの仏教史跡が多く残されています。

そういう先人の歴史を学んで、これ以上過ちを繰り返さないようにしなければならないと思います。

あの、僕の大好きなイルカさん。

彼女も自然保護を訴えておられます。

昨年は、国連の国際生物多様性保護の年でしたが、イルカさんはCOP10国際会議にも参加されておられます。

そのことも、僕を大変勇気づけてくれました〜。

わあ〜、kikiちゃんもイルカさんのCDお持ちなのですね。

嬉しいです〜♪

あの、

僕、

まだ子供みたいな性格残っているので、

清純なイルカさんのような方にあこがれます〜(赤面)
投稿者:kiki
やまがっこうさん、こんばんわ。

イルカさんがお好きなんですか。
「なごり雪」はこの季節にぴったりです♪
わたしもCD持っていますよ。
清純な方がお好みなんですね〜。

http://kiki.sakura.ne.jp/mt/
投稿者:kiki
やまがっこうさん、こんばんわ。

こうして拝見すると改めて信夫山の自然の豊かさを実感します。
お写真から春の暖かいぬくもりを感じます♪
信夫山はゆっくり歩いて散策するのが適しているみたいですね。
こういうのが市の真ん中にあるなんて福島は何て恵まれているのでしょう。
自然の中に身を委ねると、日頃の喧騒から抜け出し静かなひとときを過ごせます。
それにしてもシュンランの群落は残念でした。
自然は壊れやすいのでそっと見守りたいものです。

なかなか現実社会で夢を実現させるのは難しいので、せめて自然の中にいるときくらいは夢を追求したいものです。
それが明日を生き抜く希望にもつながります。

「気」がこもったりうまく流れたりしないとわたしたちは病気になってしまいます。
お家の中もこころの中も「気」がスムーズに流れるようにしたいです。

土湯の自然は身近にありながらとてもすばらしいです。
『土湯自然観察紀行』期待しています♪

http://kiki.sakura.ne.jp/mt/

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ