やまがっこう

 

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

掲示板

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
てつさま ありがとうございます

僕も故郷の思いでを懐かしんでおりますが、

故郷を離れる事を余儀なくされた方々のことや、これからの事を考えると不安でたまらず、いろいろな事を発言したくなってしまいます。

お許しください。
投稿者:てつ
坐して昔を懐かしむ・・・・・・
投稿者:やまがっこう
米屋の嫁さま ありがとうございます

ご実家は北海道なのですか〜。
僕の兄の奥さんも北海道の稚内出身なんです。

故郷が喪失してしまうことは、本当に辛いですね〜。

早く事態が収束して、もとの平和な故郷になることを願っています。

本当に、みんなで楢葉に帰りたいです〜。

楢葉の景色を見たいです。

お墓詣りもしたいですね。


http://green.ap.teacup.com/naraha/
投稿者:米屋の嫁
私のふるさとは北海道です。
もし、北海道が同じようになったら・・・そう考えながら、やまがっこうさんの文を読みました。涙が流れます。
みなさんがふるさとに戻れる日が来ることを、心から願ってやみません。
投稿者:米屋の嫁
私のふるさとは北海道です。
もし、北海道が同じようになったら・・・そう考えながら、やまがっこうさんの文を読みました。涙が流れます。
みなさんがふるさとに戻れる日が来ることを、心から願ってやみません。
投稿者:やまがっこう
朝子さん ありがとうございます

おっしゃられるとおりですね。

僕も、2歳と5歳の孫がいるのですよ。とっても可愛いチビちゃんたちです。

おっしゃるとおり、まずは、子供たちの安全の確保は最優先だと思います。それは僕たち家族も心がけていました。

僕が住んでいる福島市は、原子炉建屋が爆発した3月12日直後は、環境放射線の値が10マイクロシーベルト以上ありました。なので、とにかく孫たちには外に出さずマスクをさせて2週間は屋内退避状態でした〜。本当に可哀想でした。

上の子はようやく幼稚園に通い始めましたが、園庭でのお遊び時間は限られているようです。

福島市は、小学校校庭の放射線の値が高く、一日のうち1時間しか外に出ることが許可されない学校も複数校あるのです。

親御さんたちは、とにかく不安でいっぱいです。

朝子さんがおっしゃる通り、まずは子供たちの被曝を最大限防ぎ、子供たちが大人になった時、健康面で影響がでないようにすることが大人の務めだと思いますね。

同時に、子供たちにも大人たちにも、将来へ希望は持って欲しいと、それを願って、僕は昨夜アピールの記事を書いてしまいました。

とにかく絶望感から脱却したい、

子供たちの将来のためにも、大人たちが気持ちをしっかりと持って欲しい、そんな願いです。

福島県内の環境放射線測定値は、漸次低下しつつあります。なので、これ以上原発にアクシデントが起きないことを、切に願うばかりです。

今は、子供たちをいかに被曝から守るか、福島県内にお住まいの方々は、それを最優先にしております。

今年一年は、子供たちにとって、辛いですが、辛抱の年となるかもしれません。本当に見ている方で可哀想になってきます。

一日も早く原発事故が沈静化してほしいです。


http://green.ap.teacup.com/naraha/
投稿者:やまがっこう
杜若bonoさん ありがとうございます

おっしゃるとおり、大規模開発では、賛成派と反対派の対立で、地元が分裂してしまうという悲劇が少なからず起きてしまいます。

今回の震災被害や原発事故被害で、このような二次的な分裂の悲劇が起きないことを願っています。

とにかく、早く原発事故が沈静化して、郷土の復興に一丸となれるように願っています。

そのために、僕の気持ちをアピールさせていただきました。

補償問題や復興事業等で利害関係の対立など起きないことを切に願っています。

目的はひとつ、復興によって安心安全な郷土づくりをするとなのです。

応援、本当にありがとうございます♪



http://green.ap.teacup.com/naraha/
投稿者:やまがっこう
雀さん ありがとうございます

地球の自然が原発事故の放射能で汚染されれば、全てが台無しですね。

チェルノブイリの事故では北半球規模で放射能に汚染されたみたいです。

そういうことが起これば、何もかも駄目です。

http://green.ap.teacup.com/naraha/
投稿者:朝子
皆様にお願い
10人いれば10人の思いがありましょう。
それはどこからくる思いでしょうか?
ふるさとも大切、日本も大切、地球も大切・・・・・・。
でも、利己的ですが、私は、7歳と5歳の可愛い孫が大切!!
未来を生きる子どもたちが大切です!
震災の被害の地より遥かに離れ暮らしていて、この震災が原発事故が悲しくてなりません。

みなさん! 子どもたちをせめて被爆から救ってください。
国や、学者や原発に関係した方たちは、今回安全レベルを何倍にも引き上げました。
私は感じます「原発は絶対安全」と今回発表されている『安全レベル』は同じだと。

守りたいものがたくさんあるのは承知しています。
その一番目に「目の前の子どもたちを被ばくさせない」としてください。
原発が収束して、放射能の心配がなくなったら、次に故郷を・国を・地球を・・・・守りましょう。
子どもたちの未来を守るのは、今、私たちです。
京都大学 小出先生・ 中部大学 武田邦彦先生 の ご発言を聞いていただけるとうれしいです。
投稿者:杜若bono
原発をはじめ、ダム、干拓、高速道路、鉄道、国レベルの開発は話が持ち上がった時点で地元住民の皆さんは、賛成派、反対派で分かれ、仲良しだったおとなりさんとも仲が悪くなったりと、町自体が分裂してしまうという悲劇がすでに起きていると思うのです。
それが今回、こんな形で新たな悲劇を生んでしまい、やりきれません。
本気を出して、真正面から正当な方法でぶつかれば、道は必ず開けると信じます。
やまがっこうさんを応援しています。
1|2

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ