やまがっこう

 

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

掲示板

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
kotohananaさま ご訪問ありがとうございます

楢葉町が警戒区域に指定されてから、懐かしい景色が思い出されて、何とも辛かったです〜。

kotohananaさまのお母様が働かれていた障害者施設の隣が、僕の実家なのですよ〜。

僕が最後に訪れたのが、今年の3月7日でした。その4日後に大地震に襲われたのですね。

Vチェ−ンの根本さん・・・、懐かしいです〜。

あと、竜田駅前の小松酒店のおばちゃんとか、

早く楢葉に帰れる日が待ち遠しいです。

kotohananaさまも、心を強く持って頑張ってくださいね〜。僕も頑張りますよ。

僕の拙い写真がkotohananaさまの励みになるのでしたら、本当に嬉しいです。

一緒に頑張りましょうね!!!

くじけずに!!!!!
投稿者:kotohanana
初めまして。楢葉町の情報を得ようと検索していたら、懐かしい風景を目にし思わず涙が出ました…。私の実家は大谷です。祖母は北田鐘突堂に住んでいます。母はそのすぐ近くの障害者施設で働いています。Vチェ−ンの根本さんは元気ですよ(親戚になります)
こんな事になるなんて、ほんとに思ってもみませんでした。心が折れそうになったらまたこの写真を見て頑張ろうと思います。一日も早く帰れるようほんとに願うばかりです。
投稿者:やまがっこう
ドキドキ弥生さま ありがとうございます

もう2カ月、あっという間に3カ月がたとうとしていますね。

楢葉町、そして双葉郡からすべての人が避難する事態など、想定もしていませんでしたよね。

僕の手元にある楢葉町関係のデータが、今は、ただむなしいです。

会津美里町での慣れない生活、大変だと思います。今度お会いしたいです。

とにかく、早く楢葉に帰れる日が来て欲しいです。

環境放射能測定値は、楢葉町よりも福島市の方が高いのですよ。

楢葉は意外と早く警戒区域が解除になるのではと期待しています〜。
投稿者:やまがっこう
宇佐見海斗さま ありがとうございます

愛する故郷の楢葉町、今は心の中にポッカリ穴が空いたような気持ちですが、一日も早く帰れる日が来ることを願っています〜。
投稿者:ドキドキ弥生
あの3月11日から早2カ月以上が過ぎました。あの日を境に生活が一変しました。会津美里ではたくさんの方にお世話になっていますが、今だに悪い夢を見ているような気がしてなりません。あの美しかった楢葉の故郷へ戻れる日が早く来ることを願わずに入られません。山ちゃん落ち着いたらまたお会いしましょう。  masa
投稿者:宇佐見海斗
僕も愛しています
投稿者:やまがっこう
mocoさん ありがとうございます

やはり、僕の母親、リリー園にいたときにmocoさんにお世話になっていたのですね。本当にありがとうございました。

今日も母親が二次避難で入院している平田村のひらた中央病院にお見舞いに行ってきました。だいぶ落ち着いては来ましたが、食事が通常の三分の一なので、まだまだ体力が回復できていません。

母親も高齢のため、ゆっくりと時間をかけて体力の回復を図りたいと思います。

一昨日の夜、リリー園のhiguchiさんより久しぶりに電話がありました。リリー園は警戒区域内のためしばらく休園だそうです。僕の母親が入所する時は、higuchiさんに大変お世話になりました。彼女にも何とか幸せになって下さいとお伝えいたしました。

mocoさんは井出の西原なのですね。楢葉中学校に近い所ですね〜。

mocoさんは郡山に嫁いで来られても老人介護関係のお仕事をなされておられるのですか。本当にご苦労様です〜。

僕の母親は、二次避難で入院しているひらた中央病院のあとは、福島県内には受け入れ先がないので、病院の先生のご紹介で米沢市に移動する予定となっております。

早くリリー園が再開できるといいですね。

mocoさんのご両親様はお近くに避難されて来られたのですね。毎日でも顔を合わせることができますね。

でも、早く楢葉に帰ることが出来る日が来ることを願いたいです〜。

山菜採りに乙次郎や女平へ行かれておられたとのこと。僕も今頃の季節、木戸川渓谷や郭公山方面に植物観察に行っておりました。

早く、故郷の山野を歩くことが出来る日が来ることを願っています。
投稿者:moco
やまがっこう様
お母様が平成19年の5月に入所されたのでは、何らかの形でお世話させて頂いたと思います。ご無事で何よりです。他の利用者様の安否も気になっていたので、一か八かで検索した次第です。

実家はきっと名前を言えばわかると思います。楢葉で同業者は2軒のお店ですし、(ほんとは3軒ありましたが、そのうち1軒は郵便局近くに移転してます) 西原ですから…。

天神岬から見た光景以外、他はもう見れなくて実家に引き返し詰めるだけの荷物を積んで郡山に戻りました。

たしか、3/26だったと思います。
両親は嫁ぎ先近くの貸家に避難してきています。
いわきの避難所に移った次の日に迎えに行きました。

郡山の職場でも、利用者様の部屋が被害に遭い、地震当日は避難場所へ移動し、職員が交代で夜間の介助に追われましたが今は利用者様も自室に戻り、通常業務が出来ています。

嫁ぎ先は、古い家ですが瓦1枚落ちずおかげさまで何ともありませんでした。主人も不思議だと言ってるくらいです。

故郷が好きさんも書かれていますが、毎年両親と山菜採りに乙次郎や女平へ出掛けていたのですが、今年はそれも叶わずで残念でなりません。

先は見えませんが、必ず帰れる事を信じて。
楢葉町の写真楽しみにしています。



投稿者:やまがっこう
ねもしゅうさん ありがとうございます

あの日のお昼、みんなで蕎麦屋さんで、ワイワイガヤガヤしたことが、昨日の事のようです〜。

今日掲載した写真の中に、あの蕎麦屋さんがちょこっと写っていますが、あの蕎麦屋さんは楢葉でも有名な味処だったのです〜。

今、あそこは誰もいない無人の街となっていることが信じられません。

一日も早く楢葉に皆さんが戻られて、何とか復興することを願うばかりです。

どっかの大学の変な教授がまき散らす風評被害も、楢葉の復興を遅らせているようです〜。
投稿者:ねもしゅう
こんばんは。

観察会の後、長靴履いたまま蕎麦屋さんに入ったのが昨日のことのように思い出されます。あの活気にあふれた町が一瞬のうちにゴーストタウンになるなんて、未だに信じられないです。

楢葉町が見事に復興して、また楽しくお蕎麦すすれる町に戻ることを願っています。
1|2

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ