やまがっこう

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
ふくまるさん ありがとうございます

石川に避難なされておられるのですね。

心からお見舞い申しあげます。

あの藤沼湖の決壊は、ほんとうに、信じられない被害でした。

僕も、平成16年に藤沼湖に行きましたが、公園となっていて、まさかあのダムが決壊するなど思っても見ませんでした。

想定外という言葉は、もう、行政では許されないと思います。責任転嫁になってしまいますから。

ダムの見直しはほんとうに必要だと思います。

考えてみれば、福島県の山間部は、ダムの数が多いです。

相当古くなっているダムもございます。

もう、想定外は許されません。

ダムの耐震状況を見直す時期に来ていますね。


http://green.ap.teacup.com/naraha/
投稿者:ふくまる
石川に越してきて1年たちます、今日のダムの説明会に行けませんでした、津波にあっているのでとても心配です。ダムの見直しをお願いしたいです。是非とも。
投稿者:やまがっこう
alkumkさん ありがとうございます♪

お久しぶりです〜。

お元気ですか?

3.11から間もなく半年、あっという間のような時の流れを感じました。

僕自身、ものすごい勢いの時間に流されて来たような半年でしたが、いろいろと必死になって考えてきた半年でもありました。

震災前は、alkumkさんたちを、一度は浜通りのスダジイ樹林帯にご案内できればと思っていたのですが、それどころではなくなってしまいましたね。

僕が去年までスダジイの現地調査で歩き回っていた海岸線が巨大津波で被災してしまい、近づくことすらできない海岸も多々ございます。

alkumkさんにお返事を書いている今も、もう秋の季節なのですが、台風が近づいているせいか蒸し暑さに閉口しています〜。

ところで、藤沼湖の決壊は、あまりに悲惨でした。

歴史資料もそうですが、多くの人命が犠牲になってしまいました。

もう「起きるはずはない」という言葉は許されませんね。

あらゆる自然災害を念頭に置いた保全策が求められると思います。

歴史資料レスキューは、今、「ふくしま歴史資料保存ネットワーク」において、献身的に進められています。

ただ、福島県は、ご案内のように原発事故にともなう重大な問題が進行中です。それが浜通り被災地の歴史資料レスキューの妨げとなっています。

この問題は、時間がかかります。

双葉郡内の土壌放射能汚染は予想以上に申告です。

この先何十年後に戻れるかわかりません。

しかし、この問題を風化させることは許されません。

とにかく、今ある問題を風化させてはならない!!!

その気持ちで頑張るしかないですね。
投稿者:alkumk
やまがっこう様
ご無沙汰しております。

まだまだ落ち着くことのないわが町ですが、
季節は間違いなく移り変わっていて、まもなく〜秋です。大好きな季節に…


藤沼の決壊の話はよく聞きました。
もっと、報道&ダムの構造・安全性に警鐘をならしてもらいたいところです。ほんとに。

被災地あちこちで文化財レスキューの話を聞きますが、福島はおいてきぼりです。悲しいことに…

これまでの文化財を保存して後世に伝える、今回の災害も伝えたい、そのために早く
完全に失われてしまう前にレスキューできるものは、確保したいものですね。

素人の考えですので、簡単ではない事と思いますが、なんとか今後の皆様のために、これから町の復興に欠かせない、自分たちのこれまでの、これからのアイデンティティのために、
今できることを専門家の皆様に託したいと思います。

TVでみていても、あーもったいない!と思うものありますよね〜

専門家の皆様のここが腕の見せ所ですね!
よろしくお願いします。

なーんて、ちょっとエラそうでした。
失礼しました。
投稿者:やまがっこう
くぅーさん ありがとうございます

藤沼湖の決壊は、あまり報道されていませんでしたが、本当に悲惨な事でした。

まさか内陸部でと思う場所で津波と同じ被害が発生してしまいました。

おっしゃるとおり、若いお嬢さんも犠牲となっています。

とにかく、

「こんなことは起きるはずがない」という考えは、もう、通用しませんね〜。

藤沼湖の決壊は、きちんと記録に残して、後世に教訓として伝えなければならないと思います。

まだ一名の方が発見されていません。

本当に残念です。
投稿者:くぅー
藤沼湖の決壊による被害は甚大でしたね〜。
まだまだ、これからのお嬢さんも亡くなられましたね。。。

3.11の事は、これからず〜っと忘れられることなく後世に伝えられる事でしょう。

もしもの時のための備えの重要さを、後世にも教訓として残さなければなりませんね。

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ