やまがっこう

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
バジルさん ありがとうございます♪

残念ながら、記事そのものは消滅してしまいましたが、おおよそのストーリーが頭に残っていたので〜、略式で編成しなおしました〜。

ちょっとつかれましたね〜(苦笑

最近は、僕のブログアップも2日に1回程度となりました。これから年末になると忙しいのでさらに少なくなると思います。

その分、アップするときには、撮りためたお写真をまとめて(〜笑)アップします。

今夜、口太山観察会の記事、まとめてアップいたしますね。

今夜はトラブルがございませんように〜(祈
投稿者:バジル
記事が戻ってきて良かったですね〜。

それにしても、そんなシステムエラーなんて考えられないですね。
やまがっこうさんのブログは、文も画像も多いですから
書くのは大変ですよね〜。
それが、一瞬で消えたら、すご〜〜く
ショックですよね。

でも、戻ってきて何よりです。
投稿者:やまがっこう
雀さん ありがとうございます♪

口太山の登山は、僕、今回が初めてでした。とっても素敵な山ですね〜♪

雀さんは何度も登られておいでなのですね。

途中の自然林が素晴らしく、岩場などがあって適度にスリリングな登山コースには魅力を感じました。

山頂近くのミズナラ林も素敵でしたし、頂上にはドウダンツツジなども自生しているのですね♪

こんな素敵な山も放射能に汚染してしまったとは、とっても残念です。

今度は春に登って、タキネツクバネウツギの花を眺めたいです〜。
投稿者:やまがっこう
kotohananaさん ありがとうございます♪

久しぶりに僕が所属している会の自然観察会に参加できて、精神的にもリフレッシュできました。

ところで、除染のことですが、

警戒区域ならびに計画的避難区域における根本的な除染は、はっきり言って困難です。

特に、大熊町から双葉町、そして浪江町の室原から昼曽根〜津島にかけての高濃度放射能汚染地域はかなり困難だと思います。

政府も今頃になって、長期間の帰宅困難地域を設定しようとしていますが、そんなことは3月の段階ですでに分かっていたことなのです。

はっきり言ってほしいですよね〜!!!

広野町や楢葉町、富岡町の南部そして南相馬市の小高区は、福島市と同じ線量なので、インフラを整備すればある程度帰宅可能と思われますが、原子炉が爆発したときのプルームがもろにかかった大熊町から浪江町にかけての山麓腺沿いと浪江町の国道114号沿いは絶望的に線量が高いです。

浪江町の昼曽根では20〜30μSv/h以上あるのですよ。

そんな地域の山林の除染を考えると、途方もない年月がかかるのは目に見えています。

情報を小出しにする政府にはあきれています。

ここではっきり判断しないと、取り返しのつかないことになりますね。

困ったものです。

杉林がかなり汚染されていることは、だいぶ前から指摘されていましたが、今でも詳細は、公的には伏せられたままです。

もう無責任な情報隠蔽はやめて欲しいです。

福島市の市街地も、相変わらず線量が高いのですよ。

小さな子供さんや妊産婦さんにおかれては、線量が下がるまで避難すべきと思っています〜。

本当に心が痛みますね。

チェルノブイリの教訓を生かすどころか、故意に隠蔽しようとしている行政に不信感を抱かざるを得ませんね。
投稿者:雀
口太山は幾度となく訪れた懐かしい山です・・・猿の首取り岩の岩場やや迷い平の
素敵な林、頂上のタキネツクバネウツギの群生・・・懐かしく思い出すに付けて悲しみと怒りがこみ上げます、、、−−;)

投稿者:kotohanana
やっぱり、除染は無理なんでしょうかね…。
あれだけの広大な山々の除染なんて、到底無理なんですよね…。やっぱり…。

実家の庭で1.5〜2μSv/h 裏庭に至っては5μSv/hありました(父が立命館大学の先生にお借りしたガイガ−カウンタ−で測ったので間違いはないと思うのですが…、間違いであってほしい〜!!)
やっぱり山がすぐそばだからかなぁ〜。(山の中はもっと線量が高いのかなぁ〜)

でも、福島市も相変わらず高い数値ですね。
その環境で子供達が生活をしなければならないなんて、胸が痛みます…。

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ