やまがっこう

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
カエデさん ありがとうございます

いよいよ復興関係の発掘調査も本格的になりつつありますね。

今朝テレビに流れた広野町の遺跡は、桜田遺跡といいまして、他の県から応援に来られた自治法派遣の方々が発掘調査を担当されています。福島県のために馳せ参じて来られた方々に感謝の気持ちでいっぱいです〜。

僕らのチームも、伊達市霊山町や新地町などでの調査が本格化します。

この間、カエデさんが花ママさんと通られた、国道115から飯舘村の虎捕山に向かう道の交差点近くでも発掘調査が始まります。

縄文時代から平安時代にかけての遺跡、江戸時代の遺跡など、さまざまな時代や種類の遺跡が土の中から姿を見せることでしょう。

お話の、お魚を煮炊きした痕跡が見つかった土器は、北海道帯広市の大正3遺跡というところから出土した一万四千年前の、縄文時代草創期の土器で、その頃から土器を用いて魚の煮付けが行われていたという貴重な証拠になります。

こういうお話を聞きますと、ワクワクしますね〜
投稿者:やまがっこう
雀さん ありがとうございます

この間は、楽しいひとときをありがとうございました。

この現場は、おっしゃるとおり、鹿狼山の山麓なのです。そこに流れる細い沢にも狼沢(おいさわ)という名がつけられていますように、何か狼と縁があるようです。

狼を神様として崇めていたのでしょうか。

雀さんも鹿狼山に登られたことがおありなのですね。

僕も昨年の春に登りましたが、自然の豊かさに感激いたしました。

今年は初夏にでも登ろうかなと思っています。
投稿者:やまがっこう
モコ姐さん ありがとうございます

久しぶりの発掘調査現場で、フィールドに立つと、古代のロマンに包まれた感じになりました。

ここの遺跡の場合は、平安時代の竪穴住居跡や建物跡が検出されておりますので、まさにアテルイの時代だと思います。

新地町から相馬市にかけては、平安時代の製鉄遺跡が数多くございます。

アテルイの時代のタタラ場なのです。

平安時代に朝廷の軍隊が「撃ちて取るべし」と蝦夷征伐を行ったのは、実は、陸奥国の馬と鉄が狙いだったと思われます。

なので何度も征夷の軍隊を送り込み、最後はアテルイを捕らえて、現地の抵抗軍を押さえ込みました。

天皇を頂点とする征夷軍の侵略ですね。

昔は陸奥の国と言われました東北地方、平安時代には征夷大将軍に率いられた朝廷の軍隊、鎌倉時代には源頼朝の奥州征伐軍、幕末には戊辰戦争の薩摩・長州軍に侵略された歴史がございますが、まさか平成の世になって東京電力の原発事故で放射能汚染されるとは思ってもみませんでした。これも結果的には我が郷土を破壊した行為ですよね。

歴史をしっかりと学んで、これからの事を考える必要があると思います〜。

この日は暖かで、野山にはスミレが咲き誇っていました。

これからは、野山の花をブログアップする機会が増えると思います。

楽しみです〜。
投稿者:カエデ
大変なお仕事ですね。高速道路や復興住宅建設などで遺跡がみつかっており、考古学分野は大忙しですね。本当にご苦労様です。

今朝のニュースでは広野町での発掘が急がれているということでした。
もう一つは、発掘された土器についていたおコゲから魚の成分がみつかり、古代人も調理をしていたことが分かったというものでした。

火を使い、土器を作るようになったら、当然煮炊きをしていたと素人は考えますが、確認できる証拠が必要なのですね。世界で初めての確認と聞いて、びっくりしちゃいましたw。
投稿者:雀
矢張りあの鹿狼山のエリアなのですね!鹿狼山には今頃の季節に尋ね尋ね行ったことがありますが、何か懐かしい太古の空間とだぶるようなエリアでした!
別な登山口に狼の名が付く峠がありましたね?
投稿者:モコ姐
発掘調査って歴史のロマンを感じます。
歴史は現代と対話するともいいますから

大昔というとどの位の昔なのでしょうか?

アテルイがいた時代?
あの時代にはもうたたら場がありましたものね。

すごい! めんめんたる日本の歴史を体感
できるお仕事ですね。

マキノスミレ・テングスミレ。スミレにも
お詳しいですね。もう一つの花は
花にらではないかしら?
うちの庭にもいっぱいあって、どんどん
領地を広げています。

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ