やまがっこう

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
雀さま

エゾアザミも検討してみましたが、葉の形があまりに違うし。難しいです。

何らかの種の海岸適応を遂げた変種とは考えています。

可能性の高いのは、トウヒレン属に属する何らかの種の海岸適応変種かなと思っていますが、証明が難しいですね。

日本では、アザミの仲間が80種あり、そのうち、20種は未だ未認定らしいです。
投稿者:雀
良く分からないけど、単純に考えると、エゾアザミ(チシマアザミ)の海岸バージョンと思えない事も無いかなあ??←素人の浅はかさですけど、、、^^;)
投稿者:やまがっこう
クリさま

波立海岸の、断崖直下で数株確認しました。

背丈は、だいたい膝株程度だったから、40p〜50pです。葉はアザミらしくなく、花はアザミのトウヒレン系の姿でした。

研究会会長のY先生のお話では、アザミって、とっても難しいらしいんです。ナンブアザミと思っていた種が、専門の先生のお話では、阿武隈山地にはナンブアザミはなく、アブクマアザミだとか。そんな種名初めてー!

図鑑には、ほんの一部しか載っていないとかー………。

何をたよりに調べればいいのかなー。

でも、めげずに、頑張ります!!

ちなみに、波立海岸は、県指定の天然記念物になっていて、残念ながら、植物個体の採集はできないそうです。
投稿者:クリ
アザミもむずかしいですよね。

このアザミの背丈ってどれくらいでしょう。
初めて見ますがきれいですね。

標本採集したほうがいいのでは。。。

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ