やまがっこう

 

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

掲示板

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
あねさん ありがとうございます♪

浄土平には来られたことがおありなのですね♪

この噴気口は一切経に登る中腹にございまして、そのルートは危険なために現在閉鎖されていますが、浄土平から酸ヶ平に登るルートから眺めることができます。双眼鏡で噴気口を眺めると、ちょっと不気味です〜

浄土平から姥ヶ原にかけて秋の紅葉シーズンは最高ですよ♪

磐梯吾妻スカイラインの紅葉観光コースの中核です。

今年の秋、お出でいただけるのでございましたら、僕がご案内いたします。

今度は夢子さんもご一緒していただき、秋のツアーを実現したいですね。

今度こそ、土湯温泉もしくは高湯温泉泊を実現しましょう。できれば僕も温泉に泊って疲れを癒したいです〜

高湯温泉の玉子湯も最高ですよ♪


http://green.ap.teacup.com/naraha/
投稿者:あね
いいですねぇ。

浄土平は行ったことがあるけど、この一切経山と
やらは行っていません。
こんなワイルドな所に行きたいなぁ。

夏は暑いけど、秋に紅葉も兼ねての「山行」なんぞは贅沢でござんすか?

また、みなさんとお会いしたいものです。

http://queue-pin.tea-nifty.com/
投稿者:やまがっこう
kikiちゃん ありがとうございます♪

一時期噴煙が小康状態となっていたのですが、最近は噴気口も2カ所になって、たくさんの煙が上がっています。

この間見たところでは、意外と噴煙の量が多いです。

噴煙は基本的に水蒸気だとおもいますが、そこに多くの硫黄成分が含まれ、風向きで煙がたなびくあたりは硫黄の香りがいたします。

おそらく硫化水素も含まれているので、ちょっと怖いですね〜

いまだに旧噴火口(明治時代の噴火口)の近くを通って登るルートは閉鎖されています。

この間は、この噴煙活動を写真記録に残しておこうと、ズームアップいたしました。

1200万画素で撮って、画像処理ソフトでトリミングして、横1000ピクセルまで圧縮してブログアップいたしました〜

今は、FXというか、フルサイズのCMОSを受光素子としたカメラが各社から出ているようですね〜

今使っているカメラを今年いっぱい使って、

というのもニコンD300クラスですと、シャッターレリーズ回数は15万回あたりが寿命らしいです。僕のカメラもそろそろ15万回に近づいています。

そうなったら、FXもしくは他社のフルサイズのカメラも視野に入れて、考えたいと思っています。

ニコンだとD700は生産中止、今はD800ですが、キャノンのEОS5マークUクラスも魅力的ですね。

D800は3600万画素で、僕の古いノートパソコンでは操作が重すぎるような感じもします。

いずれにしても、旧型機種はかなり値崩れしているようですね。

http://green.ap.teacup.com/naraha/
投稿者:kiki
やまがっこうさん、こんばんわ。

一切経山の噴煙がこんなに激しく噴出しているとは驚きです。
あの地震以来余震が今も続きますが、地下がまだ不安定みたいですね。
これからおさまってくれればいいですけど、五色沼方面に行くのには要注意です。

さすがに大きなお写真は迫力がありますね。
もしかしてカメラもDXからFXに変えられたのでしょうか。

お疲れとのこと、どうぞごゆっくりお休みくださいね。

http://kiki.sakura.ne.jp/mt/

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ