やまがっこう

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
あねさん ありがとうございます♪

清流荒川の源流域は豊かなブナ林に囲まれて今しい、その一番奥に幕滝がございます。

したがって、ここの幕川温泉はまさに秘湯の雰囲気です。交通機関もバスなどはなく、自家用車のみで、秘湯ファンにとってはたまらない温泉です。

そんな幕川の自然は、まさに原生林の雰囲気です。

今年の秋、あねさんや夢子さんをご案内したい候補地のひとつが、ここ幕川温泉なのです。

周辺の紅葉も素敵ですし、

近くにお店など、何もございませんが、何もないということは、すなわち、自然がたっぷりということでして、日本秘湯の会のメンバーでもございます。

温泉に泊って幕滝を眺めたり、周辺の紅葉ブナ林を歩いたり出来ればと思っています。

僕の車でサポートしながらご案内いたしますので、もし可能であれば雀さんもご一緒できればと願っています。

ぜひお楽しみになされていてくださいませ。


http://green.ap.teacup.com/naraha/
投稿者:やまがっこう
雀さん ありがとうございます♪

東京に泊まりがけで行っていまして、昨夜遅く福島に戻りました。

東京は蒸し暑くて〜、一昨日の夜は大雨(汗
隅田川の花火大会が途中で中断したらしいです。

今年は、何か、雨にたたられているような感じがします。

7月に入ってから、山の頂上がくっきりと見える日がなくて、ず〜っと雲がかかっていますね。

幕川は、雀さんたちと歩いた懐かしい想い出がございます〜。幕滝から麦平とか、幕川温泉から高山にかけての観察会が思い出されますね〜♪

幕川温泉から麦平を経由して高山に登るコースは、たしかに、一回の行程で登るのはきついコース。何度かに分けて歩くのがベストですよね。

四季を問わず素晴らしいコース。

ご無理のない範囲でのリハビリで幕川まで運転なされることが出来ますように、僕も祈っております。

いつの日か、あの渓谷の散策をご一緒したいです。

http://green.ap.teacup.com/naraha/
投稿者:あね
さすが、さすが、福島の自然をこよなく愛する
自然写真家 やまがっこうさん

この豊かな渓谷、ブナ林、キソチドリを
いついつまでも劣化することなく残したい
ものです。

いいですねぇ。推理小説みたいな楽しみでの山行き。 初心者には危ないけど、やまさんがいれば
大丈夫。 
いつか案内してたもれ。

空さん、
車の運転ができるようにリハビリを続けて
いるのですか。 ぜひぜひ期待しています。
ゆっくりと、ゆっくりと待っています。

http://queue-pin.tea-nifty.com/
投稿者:雀
幕川へは何度か行きました…麦平までの下見やスカイラインの途中から歩いて下った先が幕川温泉だったこともあり、様々な下見を繋ぎあわせて高山〜幕川一周の山行を完成させた時は達成感でいっぱいでした!後から振り返ってみれば本当にわずかなエリアなんですけどねT▽T自分で一歩一歩確認して全てがつながる推理小説のような楽しみだったのかも知れません^o^
観察会でも麦平まで行きましたね^▽^
幕川周辺だけの観察会もありました!
行く度に幕川温泉があまりに遠いので、道を間違えたか?と思ったものでしたウッシッシ
あそこまで車の運転が出来るように頑張ってリハビリしたいと思います^v ゜

http://blog.goo.ne.jp/vegastar/0

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ