やまがっこう

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
あねさん ありがとうございます♪

南相馬市は歴史的にも古い町で、文化遺産が数多く残されています。

震災で津波被害を受けた海岸近くにも多くの遺跡が残っていまして、今回そのような場所を発掘調査することになりました。

昔からの言い伝えも残っていまして、お酒の湧く井戸という、とってもうらやましい井戸の伝説もありました。

おっしゃるとおり、これは養老の滝の伝説にも似ていますよね。

そのお酒というものが、実際には何だったのかも興味があります〜

このあたり、海岸からは良質の砂鉄が採れまして、それを原料にして製鉄操業がなされていたようです。

ほんと、アテルイの時代なのです。

福島の浜通り地方と、岩手の北上山地は、昔から製鉄が盛んでした。

北上山地は「南部鉄」で有名ですよね。

今度の発掘調査で、どのような製鉄遺構が見つかるのか、楽しみです〜♪


http://green.ap.teacup.com/naraha/
投稿者:あね
いいですねぇ。古代のロマンと共に
お仕事ができるなんて (^O^)/。

酒が流れ出る泉といえば、親孝行息子の
昔話があり、精錬所といえば、
あの桓武天皇に対して、部族の自由の
為に戦った 「アテルイ」を
思いだします。
投稿者:やまがっこう
カエデさん お電話ありがとうございます♪

僕、昨日は、カエデさんが酒井戸にいらっしゃった1時間後に、あそこに立ち寄りました♪

原町駅の近くで、発掘調査現場プレハブを建てる予定地の地権者の方とお会いして、それから現場に戻る途中、酒井戸が気になって、立ち寄ってみました。

天化沢遺跡は、津波被害を受けた水田の基盤再整備事業にともなって土取りする丘陵にありまして、土取りが行われる前に、埋蔵文化財の記録保存のための発掘調査を行います。

ところで〜

なぜ「天化沢」という地名なのか、僕も不思議なのです。

これから調べてみますね〜

それも楽しみです♪


http://green.ap.teacup.com/naraha/
投稿者:カエデ
こんばんわ〜
お疲れ様でした。

私も今日午後2時ころ、この酒井戸に寄りました〜。天化沢地区もずいぶん山を崩していましたね。住宅地にするのでしょうか?

泉、北泉はまあお察し通りなのですが、天化沢の地名の由来を知りたいですw。

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ