やまがっこう

 

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

掲示板

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
夢子さん ありがとうございます♪

寒河江や河北町に残されました江戸時代の雛人形のお顔は、品があり、京の貴族の面影が感じられました♪

調べましたら、最上川の舟運によってもたらされた富は、ほんとうに素晴らしかったらしいですね。

大石田町には舟役所の遺跡があるとか。今度はそちらも行ってみたいです。

酒田は魅力的ですね〜♪

日本海の海運(西廻り航路)は、上方文化のみならず、博多方面や北海道の松前方面の富ももたらせたそうですね。

いつかはゆっくり、西回り航路の文化遺産を訪ねて歩きたいと思っています。


http://green.ap.teacup.com/naraha/
投稿者:夢子
 まあ!なんて素敵な雛人形\(^o^)/
高貴なお顔ですねえ…

最上川は、重要な交通路だったのですね。
内陸部の紅花や米が、酒田から上方に運ばれ、お土産に上方文化が持ち帰られ、酒田は隆盛を極めました。
酒田の方は、東北人には珍しいきれいな話し方をされます。
福島県の桧枝岐もそうですが…
脈々と流れる歴史を知ると、その訳が納得できて感動してしまいます。

上方の雛人形が流域の旧家に保存されたのでしょうね。
京都から遠く離れた山形が、奥羽随一の商業都市に発展した歴史を思うと興味深いです、
投稿者:やまがっこう
空さん ありがとうございます♪

寒河江から河北町近辺は、江戸時代は紅花の産地で「最上紅花」のブランドは京都でも有名だったらしいですね。

お雛様の衣裳にも紅花染めのものがあります。

庄内から最上そして村山と、最上川流域には、私たちが想像する以上に上方の文化が入り込んでいるみたいですね〜

これもまた山形県の魅力かなと思いました。


http://green.ap.teacup.com/naraha/
投稿者:空
さすがに紅花の産地♪お雛様の衣装も立派ですねぇv▽v


http://blog.goo.ne.jp/vegastar/0

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ