やまがっこう

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
夢子さん ありがとうございます♪

ほんとうに暑い毎日、身体もだるくなってきます〜

戦場ヶ原から湯ノ湖にかけて避暑できたのが、せめてもの救いでした。

夢子さんは湯ノ湖を一周されたのですね♪
僕は、湯ノ湖に到達したところで折り返しました。

でも、奥日光の高原は魅力的ですよね♪
クルマユリと出会えたのもラッキーでした。

この次は、湯ノ湖からさらに奥に足を延ばしてみたいと願っています。雄大な自然が魅力的です。

今夜も暑いですが、アパートの部屋で扇風機の風にあたりながら中禅寺湖から湯ノ湖にかけての写真を眺めながら、気持ちだけでも涼んでいます〜(笑

夢子さんも、奥只見の自然を満喫されたのですね♪ のちほどコメントを送らせていただきますね。

中禅寺金谷ホテルの百年カレーは、これは逸品ですよ。ぜひぜひお奨めです。
投稿者:夢子
毎日暑いですねえ((+_+))
避暑に戦場ヶ原を散策なんていいですね♪
ひまわりさんも喜ばれたでしょう。
何年か前、湯ノ湖を一周したことがあります。
いいところですね。
高原にクルマユリは、一際目立って、見つけると私もうれしくなってしまいます\(^o^)/
金谷ホテルで百年カレーですか、いいですねえ…
私も食べてみたいです。
人込みの観光地へ行くより、高原散策の方が何倍も贅沢な時間が過ごせますね。
爽やかな画像をありがとうございました。


http://blog.goo.ne.jp/yumico170827
投稿者:やまがっこう
空さん ありがとうございます♪

今回初めて行きまして、中禅寺湖から戦場ヶ原は近いと思いました。ただ、僕らが中学生の当時は、修学旅行で戦場ヶ原を散策するには、修学旅行の日程から難しかったかな〜と思いました。

あの湿原は、大勢で行くよりも、一人でゆっくりと自然観察しながら散策することに魅力を感じますね。

中禅寺湖から戦場ヶ原を経由して行く道の先に、尾瀬に登る出発点の鳩待峠がございます。

湿原の性格は、尾瀬とは少し異なると思いました。だけど雄大な自然の魅力は同じですね♪

戦場ヶ原は、足を運びやすく、トレッキングコースもきつくないので、それが魅力的です。
投稿者:やまがっこう
カエデさん ありがとうございます♪

おっしゃるとおり、僕も、フィールドでクルマユリを見つけますと、本能的に嬉しくなりまして、興奮します〜♪

なぜなのかは分かりませんが、あの花姿に、たまらない魅力を感じますよね。そして輪状に展開する葉も素敵です。

あの8月の日、カエデさんたちと日山に登山したときにクルマユリと出会った感動と興奮が、今でも僕の心と体にインプットされていますよ。

平成20年の8月ですから、もう7年前なのですね〜。
投稿者:空
日帰りの修学旅行で戦場ヶ原までは無理ですよね?中禅寺湖までで精一杯ですよね?名前だけで覚えていて、すっかり行った気になって居ました(^^;)この半世紀!
戦場ヶ原は尾瀬のような高層湿原なのでしょうか?
行ってみたいですo(^-^)o
投稿者:カエデ
クルマユリってなぜかうれしくなるユリですよね。♪

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ