やまがっこう

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
雀さん、ありがとうございます(^^♪

昨日、初めて千手ケ浜を訪れまして、マイカー乗り入れ禁止の規制が適切だったことを納得いたしました。

戦場ケ原から小田代原を経て千手ケ浜に至る森と湿地は、男体山噴火の溶岩流が大谷川を堰き止めて中禅寺湖をつくり、現在に至るまでの自然の歴史を勉強するには最高のロケーションなのです。

そして、千手ケ浜湖畔林の自然も素晴らしいです。

しかし、そういった豊かな自然もデリケートです。マイカーの無制限乗り入れや、森林内への人の踏み込みなど、観光客のオーバーユースによって、生態系は崩壊し始めますよね。

現在、一帯は、徒歩でも立ち入り規制の箇所が設置されていまして、なんとか奥日光の自然は守られているようです。

というのも、規制前は、いろいろあったみたいですね。日光自然博物館の人の話によりますと、本来中禅寺湖畔になかった植物が持ち込まれて繁殖している例もあるそうです。

今、観光と自然保護のバランスをとりながら、奥日光は保護されているようです。

環境省のビジターセンターや栃木県立日光自然博物館の方々が、常にフィールドを巡って、状況を確認しています。そして、そういった方々の情報は公開され、健全な自然観察トレッキングに役立っています。

昨日は、幸い晴天に恵まれまして、青空と青い湖面、そして男体山、咲き始めたクリンソウを楽しむことができました♪

6月中旬のクリンソウのベストシーズンになりますと、赤沼の駐車場も満車状態で、コースはハイカーで溢れるみたいですが、エリア内は厳しい立ち入り規制の散策路設置がなされているので、何とかオーバーユースの被害を食い止めているようです。

赤沼の自然情報センターも日光自然博物館と連携しているようで、昨日も職員の方がフィールドのパトロールをされていました。

貴重な自然遺産ですので、とにかくみんなの自覚で守っていきたいですね。
投稿者:やまがっこう
夢子さん ありがとうございます(^^♪

初めて行った千手ケ浜でした。幸いにも前日の雨が上がって晴天の青空で、美しい湖面と男体山を眺めることができました。

ここは、マイカー乗り入れ禁止の、中禅寺湖でも最奥のエリアで、湖畔林は原生林でした。

男体山噴火による溶岩流で大谷川が堰き止められて中禅寺湖が出来て、その後中禅寺湖の水位の下降により湿地が広がり、やがて先駆的樹種の陽樹である白樺林が広がり、その後ミズナラが生長して、さらにカラマツ林も形成されて現在に至っています。そういった森林遷移が観察される貴重な森が千手ケ浜の西手に広がっています。

そんな森の中を流れる川沿いにクリンソウが群生しておりまして、6月中旬のベストシーズンになりますと、すごい人数のハイカーが訪れるそうです。

きのうは、そんなシーズン前の静かな湖畔を歩くことができて良かったです♪
投稿者:雀(から)
マイカー規制は納得です🙋
花も木も 見慣れた男体山さえ新鮮に生き生きしていますねぇ(^^)v
白色の クリンソウも初めてですが 清楚で素敵ですね👼

http://blog.goo.ne.jp/adatara1805
投稿者:夢子
やまがっこうさん、おはようございます(*^^*)

わあ\(^o^)/
目が覚めるような、青い空、青い湖面(;'∀')
美しい湖畔ですねえ♪♪
いつまでも見惚れてしまいます!

白樺は、青空に映えますね(^_-)-☆
クリンソウもかわいく咲いて\(^o^)/

やまがっこうさんの行くところは、観光客がごちゃごちゃいない別天地ばかり(*^^*)
爽やかな画像を見せて頂きありがとうございました。


http://blog.goo.ne.jp/yumico170827

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ