やまがっこう

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
カエデさん ありがとうございます(^^♪

阿武隈山地も、そろそろトチの花が咲いているかもしれませんね。だけど、ここのところ異常な低温で、どうでしょうか?

一昨日あたりから、仕舞ったコタツを復活させまして、夜はストーブつけたり、出勤の時は冬のジャンパー着ています。

何か、変なお天気ですよね〜

僕は、トチの花が大好きです。
カエデさんも、花盛りのトチと出会えますように、お祈り申し上げます。

遺跡からトチの実がそっくり出土したのですね。貴重な所見と思います。いつか博物館に行って見たいです。

南相馬市は、これから、全国植樹祭が行われると聞きました。どのような樹木を植樹するのでしょうか。相双地区の海岸の自然植生に一致した樹木が植樹されることを願っています。

ちょっと、そのあたりが気がかりです。相双地区海岸の植生復元にあたっては、これまでのデータをもとに行ってほしいと願っています。
投稿者:カエデ
こんばんわ
こちらのトチも見に行ってみます。
2日にはまだとんがりが立ち上がったばかりのところでした。
昨年は花が終わりかけになっていてガッカリでしたので。
鹿島の鷺の宮遺跡でもトチの実がそっくりでてきまして、現在、博物館に展示されています。
投稿者:やまがっこう
雀さん ありがとうございます(^^♪

栃木県では、けっこう街路樹にトチの木を植えています。やはりシンボルツリーなのですね。

今日も、用事があって、宇都宮市の工業団地の道路を走ったら、それは見事なトチの街路樹でした。やはり花盛りでした。

トチは縄文時代から、実は食料として、樹幹は木工細工用として用いられてきました。「まほろん」にも、トチの太い幹で作られた臼があります。

福島県内では、震災後というより原発事故後、養蜂家の方も、風評被害でご苦労なさっておられると思います。何とか自然の恵みの蜂蜜が復活できればと願っています。
投稿者:雀
ぁ、やはりマロニエですか?日光の帰りだかで、街路樹のマロニエの花を観たような気がするので🙋
震災前ですけど、知り合いの養蜂家の方にトチや山桜の蜂蜜をお世話になっていました🌈 
投稿者:やまがっこう
雀さん ありがとうございます(^^♪

トチのことを、フランス語でマロニエって言うみたいですね。栃木県はトチが県のシンボルなので、県立のコンベンションホールは「マロニエプラザ」と名付けられています。

正式にはマロニエはセイヨウトチノキらしいのですが、一般的にはトチのことをマロニエと言っているみたいですね。

トチの蜂蜜は高級品ですよね♪ なかなか手にはいりません。今、ミツバチの数もかなり減少しているらしく、養蜂家も大変みたいです。
投稿者:雀
確かマロニエもお仲間で、街路樹にあったかと⁉トチの蜂蜜も独特の香りがあって美味しいんですよね🙋

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ