やまがっこう

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

掲示板

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
へこきあねささん ありがとうございます(^^♪

コメントありがとうございます。ほんとうにお久しぶりです。お元気でしょうか。

こちらこそ、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

益子焼の里は素敵な所ですよ。のんびり散策するのに適しています。焼き物のほか、骨董品を見て歩くのも面白いし、足を延ばせば、室町時代のお寺さんめぐりも楽しめます。

ぜひおすすめです。JR宇都宮駅から益子までの直通バスもございます。

季節が暖かくなりましたら、ご案内したいです♪
投稿者:へこきあねさ
お久しぶりです。
今年初めての投稿なので、遅ればせながら
明けましておめでとうございます。今年も
よろしくお願いいたします。
益子焼の里に関しての詳細な情報、なるほど
このような地なのですね。職業柄ともいっても
いいほどの詳細な観察、行ってみたくなりました。
投稿者:やまがっこう
カエデさん ありがとうございます(^^♪

10連の登り窯は、すごかったです。あの窯で陶器を焼くとき、最上段の部屋まで火が行くようにするには、燃やす方も大変な作業だなと、その当時のテクニックに驚きました。何せ、窯の焼成温度が1200℃ということなので、それを三日間維持するのは、本当に大変ですよね。

カエデさんも益子に来られたことがおありなのですね♪

ここの窯元周辺は、お天気が良ければ、散歩には最高のロケーションですよね♪ 僕も、何度も行きたくなります。 濱田先生の作品は、何度でも見たいと思っています。

今朝の栃木は寒いです。今夜あたり雪が降るかもと、天気予報では言っていました。カラカラ天気が続いたので、そろそろお湿りが欲しいですね。
投稿者:カエデ
すごい登り窯ですね。10連とは。
益子は2回行っていますが、濱田庄司作品のいくつかが、いまでも記憶にあります。
のんびり、散策気分で歩きたい里の雰囲気でした。
投稿者:やまがっこう
雀さん ありがとうございます(^^♪

濱田先生は、益子で柿釉を用いた陶芸を発展させて、益子焼の名を世に知らしめたようですね。
今でも、柿釉をベースにしてさまざまな陶芸アートが発展しているみたいです。

僕も、また行って、ゆっくり一日かけて散策したいです。
投稿者:雀
濱田さんは、柿渋釉だったのですね🙋好きな陶器のあれこれ、勉強になりました😆ありがとうございました🙏

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ