やまがっこう

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
カエデさん 続きです

写真に載せた卵は、やはりサンショウウオの卵だったのですね。
おっしゃるとおり、白くて、カイコ様の繭のような感じです。
クロサンショウウオですか。夏になると渇水気味になる沼地なのですが、生息できているのですね。今度、お姿を拝見したいと思います。
投稿者:やまがっこう
カエデさん ありがとうございます(^^♪

えいたんは、最近大きくなりまして、身体もしっかりしてきました。おかげさまで一等賞をもらうことができました♪
やはり、食事の量が増えて、運動も多くなると、筋肉がついて大きくなるのですね。

久しぶりの福島の初夏を歩きましたが、カザグルマの自生地で花を見つけることができませんでした。もう少し時間をかけて歩けば見つかったかもしれませんが、、
どこかでは咲いていると思います。

水原のクマガイソウ群落も、最初は盗掘が多かったらしいですが、あえて公開するようになったら盗掘が見られなくなったそうです。

個人の盗掘を恐れて秘密にしておくよりも、あえて公開した方が保全されるそうです。そして、公開することにより開発からも守ることができますものね。

考えたのですが、平成20年度までに福島市南西部で56箇所の分布を確認したカザグルマの自生地も、ここで公開してしまったほうが、開発行為から守ることができるのではと思いました。

栃木県のとある自治体では自生地が確認されたカザグルマについて、国立科学博物館つくば植物園の先生のご助力を得て、自治体の天然記念物に指定することができました。

僕も、福島市南西部におけるカザグルマ自生地群について、公開による保全を考えてみたいと思っています。

個人の盗掘よりも、大規模な開発行為の方がダメージは大きいですものね。

埋蔵文化財も、包蔵地を公開の上、周知の遺跡として保存しています。カザグルマも周知の群落とした方が保全のためにはいいのかと思いました。
投稿者:カエデ
えいたん、大きくなりましたねえ。
びっくりです。
本当に数年の時間って、すごいことなんですねw。
カザグルマの白い花がないのは、やはりさびしいですね。
クマガイソウは保全さえすればこのようになると約束してくれる光景ですね。
3年前に購入した我が家のクマガイソウ。気がついたら今年は顔を出していません。心配しています。
サンショウウオの卵は繭みたいだったでしょう。クロサンショウウオです。

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ