やまがっこう

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
カエデさん ありがとうございます♪

タケシマランは漢字で書きますと「竹縞蘭」だそうで、葉に縞模様があるところから名付けられたと聞いていました。全体的な姿はナルコユリにも似ていますが、背丈が低く、華奢な感じがします。

平成18年に安達太良山麓で初めて目にしましたが、おっしゃる通り、花姿を見た時は、僕も嬉しくなりました♪ 連なって吊り下がる小さな花で、少しの風でも揺れてしまいます。なので、今回も撮影には無風のチャンスを待っていまして、時間がかかりました。比較的標高が高い山に咲くらしいですが、阿武隈山地も、上の方に行けば自生しているかもしれませんね。

6月中旬というのに、登山道には残雪でしたが、考えれば月山って、夏山スキーのメッカなのですよね〜

高山植物のシーズンは今月末から7月にかけてです。でもその頃は山の天気の変化が激しくて、濃霧に覆われることも多いです。なので、月山は、別名「ガス山」と言われていますと、地元の方がおっしゃっておられました。

新田川林道にはバイカツツジが咲くのですね♪ 楢葉の海岸沿いの林縁で何度か見たことがあり、懐かしいです。ちょうど今頃ですよね。バイカツツジの花の白地に赤い点が集まった模様が大好きです♪ 来年は出会いたいと願っています。

もうしばらく寒河江に滞在して、みんなのサポートをする予定です。少しずつ自然と出会えますので、時間がありましたらブログアップしたいと楽しみにしています。
投稿者:カエデ
やまがっこうさん、こんばんは。
タケシマラン、名前は知っていましたが、多分、
図鑑で見ていたのでしょうか、姿は想像
できませんでした。
こんなお花に出逢ったら、楽しくなりそうな気がします。
小さくて静かな風にも揺れるのでしょうね。
花弁を反らして頑張っているのですかね。
新田川林道で咲いていたバイカツツジも、
花弁をそり返していました。
そんな姿は初めてです。
月山の花はこれからなのですね。
梅雨が明けたら、山はすぐに秋ですね。
こんなに雪が残っているなんてびっくりでした。

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ