やまがっこう

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
カエデさん ありがとうございます

初七日が過ぎて、非日常的な日々から日常的な生活に戻る頃になりまして、無常感を癒すために、何年か前に行きました古寺山を参拝しました。

参道に並びます、三十三観音の苔むした石仏にとても癒されました。

久しぶりだったので、道に詳しい叔父さんを先達にお願いして良かったです。

静かな古刹の雰囲気が、素敵ですね。

カエデさんの「先に旅立ってしまった方は、どなたであれ、自分の死の時には必ず迎えに来て下さる方々」というお考えに慰められました。

そのように考えると、来世での再会が楽しみになりますね。その頃は、先に旅立った人の霊魂も浄化され、新しく来世の人となった僕たちの先達となってくれるでしょうね。

咲き乱れている紫陽花と棚田の雰囲気が美しく、それだけでも明るい気持ちになりました。

曇り空が続く毎日、何か、冷夏を予感させるようなお天気が続きますよね。予報通り、月末には梅雨が明けて、夏らしい空が広がることを願っています。
投稿者:やまがっこう
夢子さん ありがとうございます

須賀川のじいちゃん、すなわち、ひまわり君の父上ですが、92歳の天寿を全うして旅立ちました。

僕らが山形県寒河江市の長女宅に手伝いなどで滞在している時に知らされまして、急いで須賀川に行きました。

その前の週にお医者さんの検査がありまして良くない所見が見つかり、1カ月点滴をして様子を見ようということになったので、寒河江市からの帰りに須賀川のじいちゃんの所にお見舞いに行こうと計画していた矢先でした。

天寿を全うしたとは言え、なかなか気持ちの整理は出来ないですね。じいちゃんが生前に、東京オリンピックを見たいと言っていた言葉を思い出しまして、せめて来年まで生きていてほしかったです。

葬儀を終え、初七日が過ぎたあたりで、無常感いっぱいの心を癒したく、古寺山に行きたくなりまして、叔父さんに先達をお願いして参拝してきました。

三十三観音の石仏が並ぶ参道をゆっくり歩きました。

ちょうど紫陽花が見頃だったので、とても良かったです。

やはり、素晴らしい古刹ですよね〜

棚田の風景も、以前のままでした。

ほんとうに、古寺さんは癒される空間でした。

お悔やみのお言葉、本当にありがとうございました。
投稿者:カエデ
すばらしい所ですね。
お写真からでも空気の感触が伝わってきます。
お父上様が旅立たれ、やはり心のどこかを喪失してしまった空虚感は否めませんよね。年齢を重ねるほど、死とか喪失の意味を解することが出来るようになり、その分深い悲しみを抱えねばなりません。先に旅立ってしまった方は、どなたであれ、自分の死の時には必ず迎えに来て下さる方々、そう考えることにしています。私たちの最期を安らかにして下さるために先に旅立ったとも考えられます。暗いお空の加減も影響しているかもしれませんね。早く夏空が広がりますよう。
投稿者:夢子
 やまがっこうさん、こんにちは。

お久しぶりです。

須賀川のお爺ちゃんがお亡くなりに…

ご愁傷様でございます。

古寺山へ行かれたのですね。

私も一度、紫陽花を見に行ったことがあります。
須賀川には、すごい古刹があることに驚きました。

人間の深い歴史を肌でひしひしと感じました。
心が無になれる別天地ですね。

苔むす観音様たち、とても素敵でした。
そして、紫陽花がとてもきれいで感動します。
棚田もいいですねえ〜
古寺山、大好きです。

https://blog.goo.ne.jp/yumico170827

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ