やまがっこう

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

掲示板

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
あねさま お見舞いのお言葉、ありがとうございます♪

姉の家も、片付けが一段落し、これから、水没した一階をどのようにするかが課題です。間もなく冬になりますが、集落のほとんどの家が床上浸水してしまい、床板の張替や壁の修理、畳の新調など、大工さんが何人いても足りませんね。今度の冬は、二階で過ごすか、親戚の家に身を寄せるか、アパートを借りるか、それぞれになると思います。家財道具はほとんど全滅なので、家具や電気製品を新しく買い揃えるのも大変です。車がダメになった人も多く、どれだけお金がかかるか分かりません。

今まで体験したこともない水害ですが、家を改築しても、再び同じ災害が起きないという保証はありません。

昭和時代の大水害を教訓に行われた河川改修でしたが、今回は役に立ちませんでした。

これからは、このような大雨や大規模水害が必ず起きるという前提で対策を行う必要がありますよね。

東日本大震災から8年目での大水害、これからも大きな自然災害が起きるような気がしてなりません。

防災を最優先に国家予算を組んでほしいです。ダムでの治水は限られています。まずは避難して命を守ることが最優先ですね。あとは、大水はどこかで逃がさないと、下流の被害がさらにひどくなります。こうやってみますと、信玄堤や霞堤は優れた治水事業でしたね。近世の人々の知恵は素晴らしいです。
投稿者:へこきあねさ
メディアでも刻々と放送された19号台風被害。 お姉さまおよび被害にあわれた方たちに心からお見舞い申し上げます。
私は高齢でボランティアに参加する気力もなく
ただ、ただ貧者の一灯を赤十字に差し上げたのみです。
防災、減災をもっと政府は真剣に取り組んでほしい、自然豊かな日本は両刀の刃を自然は持っていることを改めて教えてくれた今度の災害でした。

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ