やまがっこう

 

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

掲示板

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:カエデ
そうでしたね。
ひまわりさんの御父上が亡くなられたのでしたね。水害も大きく、我が集落も今年は忘年会をやらないことになりました。
お年賀を失礼させていただきます。
どうぞよいお歳をお迎えください。
投稿者:やまがっこう
カエデさん ありがとうございます(^^♪

今回出会ったシダは、やや薄暗いスダジイの森の中で、葉が黒光りするぐらいにツヤツヤしていて、いかにも暖地性シダという感じがしました。

昨年、浪江町産のオオカナワラビのことを調べていまして、つくば市の国立科学博物館つくば植物園のシダ園を見学していて、偶然にホソバカナワラビを見ることが出来たのが役に立ちました。

僕も最初はシダは難しいなと思っていましたが、いろんな種類のシダと出会ううちに面白くなってきました。

ホソバカナワラビは、今のところ北限が北茨城市ですが、温暖化の影響で、やがては、いわき市などでも自生が確認される可能性はあると思います。

それにしても、関東地方に来ますと、福島県では希少な暖地性シダがあちこちで目にできるのに驚きました。

ウラジロなんかもそうですが、ウラジロと言えば、もうすぐ年越しとなりますね。今年は、ひまわり君の父上が亡くなったので正月飾りは控えます。そして、須賀川の姉さん宅も水害被害を受け、年越しという感じがしませんね。カエデさんも、復旧作業、本当にご苦労様です。須賀川でも一昨日あたりから大工さんが入って修理が始まりました。

来年こそはいい年でありますようにと祈りたいですね〜。
投稿者:カエデ
やまがっこうさんはシダもある程度詳しいですから、楽しいでしょうね。
私も少しはと思い、ねもしゅうさんと一緒の時など教えていただくのですが、ちっとも進歩しません。1週間もたたないうちに忘れてしまっていますね、きっと。
その場では覚えたつもりなのですが。
暖地性の常緑樹林は緑濃く、豊かな感じがしますね。そういう林床に生育するシダなのですね。きれいなシダですね。
投稿者:やまがっこう
雀さん ありがとうございます(^^♪

暖温帯の海岸近くでないとなかなか見られない貴重なシダの群落に出会えてうれしかったです。

千葉県の方に行きますと、さらに数多く分布しているようです。

長年、神宮の森として守られてきた樹叢はすばらしいです。近代化以前は、このような森があちこちに広がっていたのでしょうね。

鎮守の森から昔の自然を推定する研究がありますが、せめて、残されてきた鎮守の森は、これからも保存して行ってほしいと願っています。
投稿者:
良かったですね👏山奥が、神域として大切にされていれば、森も土も守られて、土砂災害や水害は起きなかったのでは❓と😅思いますね👍

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ