やまがっこう

 

カレンダー

2020年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

掲示板

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
雀さん ありがとうございます♪

標本の台紙に貼り付けたシダを図柄にした暖簾は初めて見ました。とても斬新なデザインだと思います。

シダって、清らかな水が流れる渓谷などに多く自生していまして、月山の伏流水が湧き出た谷に繁茂するシダの標本なんかをイメージしたのではないかと思いました。

日本酒の醸造元としては、清らかな水が大切なので、水の豊かさをシダに託した意味をもつ暖簾かなとも考えられますよね。

梅雨の蒸し暑い季節となりましたが、シダの絵を通して爽やかな涼風を感じたいと思います(^^♪
投稿者:雀
素敵ですね❤爽やかな、良いものを見せて頂きました🎵ありがとうございます🙏
投稿者:やまがっこう
カエデさん ありがとうございます♪

最初、とっても驚きました。江戸時代創業の老舗酒蔵の暖簾に、シダ標本図柄でしたから。

店の看板を背負うような場所にこの暖簾でしたので、お店のご主人のシダに対する愛着とかこだわりを感じました。

おっしゃる通り、シダの葉は絵になりますよね。園芸でもいろんなシダを育てていますし、庭園にシダは美しく、日本的な風情を感じますね。だからシダの愛好者が多いのですね。

それにしても斬新なデザインの暖簾でした。

カエデさんも、シダを素材にした絵を描かれるのですね♪ 出来上がりをたのしみにしています。

シダは人類よりもはるか昔から地球上に繁茂していて、ある意味、生命力と自然の美しさのシンボルかもしれませんね。

銘酒「千代壽」の社長さんあたりとお話しする機会が出来ることを願っています。この暖簾には、何かシンボリックなエピソードがあるような気がしてなりません。

僕も、その日を楽しみにしています♪
投稿者:カエデ
すてきな暖簾ですね。
シダの葉はとても美しいですね。
シダ模様の絵とかこのようなデザインの何かを作ってみたいなと思っていました。
単純にトートバッグでもいいわけですが、シダ模様はおそらく飽きが来ない新鮮なデザインになると思います。
暖簾には学名、和名は入っていないようですね。
この暖簾のエピソード、楽しみにしています。

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ