やまがっこう

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
カエデさん ありがとうございます♪

栃木に移り住んで、改めて思ったのですが、福島市から裏磐梯にかけての吾妻連峰の南縁山麓は、オクトリカブトの大群生地なのですね。塩原渓谷や鬼怒川渓谷を歩いていても、こんなにトリカブトが群生している場所って、本当に見られません。それだけ、福島のオクトリカブトの大群落は原始古代からの植生の名残として貴重だなと思いました。

霊山や浪江町の山中ではツクバトリカブトの群落を見ることができました。

福島に住んでいたときにこれだけトリカブトを見ることができたのは、ある意味幸せだったと思いました。

おっしゃる通り、トリカブトやレイジンソウの花って美しいですよね。そして、なぜ猛毒のアコニチンを併せ持っているのか、本当に不思議です。

アイヌの人々は、古来、エゾトリカブトの毒を矢毒にしてヒグマやエゾシカの狩猟に用いたと言われています。オクトリカブトも縄文時代の人々が狩猟に用いたのではないかと考え、トリカブトの花を見る時、歴史的な親しみを持ってしまいます♪

前にご案内いただきました南相馬市のミミカキグサが自生する湿地は、良く覚えていまして、懐かしいです。アギナシやサギソウを確認されたのですね。本当に貴重な湿地だと思います。

ここのところ久しくサギソウの花を見ていません。本当に貴重な植物になってしまったのですね。あの真白く飛び立つような花姿が素敵ですよね♪

夜は涼しくなって、ようやく熟睡できるようになりました。昨夜も9時には就寝。まだまだ昼間は残暑があるそうですが、夜風の涼しさに一息つけますね♪
投稿者:カエデ
トリカブトやレイジンソウも魅力のある花を咲かせますね。
こんなにステキなのに、どうしてそんな怖ろしい毒を持たなくてはいけないの? と、訊いてみたいですw。
今日ふと思いついて、午後から以前ご案内したことのある南相馬市のミミカキグサの所に出かけました。
あの後、アギナシがみつかっていますので、撮影に行きました。
アギナシの花はもう終わっていましたが、サギソウをみつけました。
新産地です。

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ