やまがっこう

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
ハモモモさま

確かに死んでしまうことには、迷いますが、歴史上の人物で、僕が尊敬する人には、大儀に殉じた人も多くいます。坂本龍馬とかそうですね。阿南惟幾も尊敬する人です。

ただし、結果として大儀に殉じたのであって、無駄死にだけは、絶対に避けていますね。目的を達成するために、命は大切にしています。

本当の武士道とは、やっぱり、自分の信じる目的や人のために、熱意をもって大限の努力をし、その結果がいかなるものになろうと、後悔はしないということだと思います。

ある意味では、人の道ですよね。

葉隠という武士道を説いた江戸時代の本に「武士道とは死ぬことと見つけたり」と書かれていることが強調されたりもしていますが、これは、戦前の軍国主義時代に、一部を強調しただけであって、武士道の本質は、そういうものではないと思います。

むずかしくなってすみません。

会津若松市の鶴ケ城をたずねて、いろいろ考えてみたことなのです。
投稿者:ハルモモ
命懸け。そうして死んでしまうのは美しいけど…死んでしまうのはいいんだろうか。何が何でも生きたいとあがくのも(その結果死んだとしても)命を全うする事じゃないだろうか。と、考えたりもします。
その点迷いますが、認められなくても、成し遂げようという意気込みは大事だと思います。

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ