やまがっこう

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
楽山さま

コメント、本当にありがとうございます。
思ったより参加人数が多く、僕も職場の上司の随行だったもので、どこにどなたがおられるのか、よく見ていませんでした。

個人的な感想を申し上げますと、基調講演とパネルディスカッションでは科学的根拠に乏しい面が目立ちました。

ただ、それなりに、ブナ林とブナ林帯森林文化の持続の重要性を一般の方々に訴えるのには効果があったとは思いましたが、、、

そのためには赤坂館長の文学的ロマン的コーディネートが役立っていたのでしょうけど。

しかし、今回の企画を初め、森林文化企画展などの事業を計画している県森林計画課の仕事ぶりには落胆しています。

福島県には、森林生態系保護活動を経験された方々や森林に詳しい自然科学系の人も多くいるのに、そういった方々をイベントの軸にすえていないのです。

僕は、そのことがおかしいと、前回のフォーラムで関係者の一人で知り合いの方にお話ししたことがございました。

意識的にそうしているのか、それとも単に無知なのか分かりませんが、今回のフォーラムの司会に超学際的研究機構の人間を充てていること自体、僕はおかしいと思っています。

あそこは、森林環境税を基金とした事業の出納業務を受託している機関なのです。

いろいろ疑問だらけの事業、、、

今度、僕のブログでも、辛口コメントしたいと思っています。

今度、楽山さまのブログにもおじゃまいたしますね。

これからも、よろしくお願い申し上げます。
投稿者:楽山
こんばんは。会場でお見かけしましたが、あいさつできずに失礼しました。かなりご無沙汰でしたので。
今回のフォーラムは、面白い内容でした。「生存のミニマム」。
ただ、たしかに文学系というか、ロマンチスト系のまとめでした。あそこに、もう一人自然科学系のパネリストがいたら、ちょっと違う展開だったかもしれないですね。

http://blog.goo.ne.jp/mildwoods
投稿者:やまがっこう
「大」@安達太良山麓さま

こんばんわ

蒲生岳の紅葉は、僕も初めてでした。

それにしても、頂上付近が岩場の急登の厳しい登山になるのですね。

さすがに会津のマッターホルン!!!

長距離運転の出張、ご苦労様でしたー。

やはり、車の運転は、神経が疲れますよねー。
投稿者:「大」@安達太良山麓
蒲生岳、紅葉で凄い色になってますネ。
緑の時と雪で真っ白の時しか見たことないので、新鮮な印象です。
私は先週2泊3日で中部関西へ出張してました、車でしたので疲れました。
走行距離2200km(笑)

http://officedai.blogspot.com/
投稿者:やまがっこう
kikiさん おはようございます

さすがに、昨日は疲れました!!!
只見は日帰りする場所ではないですね。

昨日の只見は晴天で、とっても暑く、ワイシャツの袖をまくるくらいでした(笑)

紅葉は、素晴らしかったです。
後日、詳しくお伝えしますね。
投稿者:kiki
やまがっこうさん、こんばんわ。

日帰り只見お疲れさまです〜。
蒲生岳の紅葉、山一面に張り付いているようでおもしろいですね♪
会津はくもひとつない晴天だったのですか。
福島は一日中くもりでした。

http://kiki.sakura.ne.jp/mt/

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ