やまがっこう

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまがっこう
kikiさん こんばんわ

森繁久弥さんは、96歳と、完璧に天寿を全うなされたと、思っております。

いつだったか、お葬式の時の、お導師様の法話で、

「親しい方が亡くなったのは悲しいけど、その方が亡くなられた年齢まで、皆さんが生きておられる自信があるでしょうか。この方が亡くなられた年齢まで頑張って生きることが大事なので、それが故人に対しての最大の功徳なのですよ」

とお話しなされていたことが、いまだに耳に残っております。

僕の父は67歳で幽明を異にいたしましたが、僕も、父が生きた年齢まで頑張って生き抜くことが努めと、心に銘じております。
投稿者:kiki
やまがっこうさん、こんばんわ。

最近著名人でお亡くなりになる方が多いですね。
年配の方もいますが、それほどでない方もいます。
寂しいですが、生物である以上受け入れなければならないところが辛いところです。

http://kiki.sakura.ne.jp/mt/
投稿者:やまがっこう
ハルモモさま

お父様が歌っておられたのですか。

僕も知床旅情を歌うと、何故かいわきの海岸を思い出します。

もしかすると、あちらでも森繁さんが歌っておられ、お父様も楽しまれておられるかもしれませんね。

僕が掲載したお写真の知床峠は、歌詞にぴったりの場所なんです。もしかすると、森繁久弥さんは、生前、ここで歌詞を思い浮かべたのかなと思いました。

ハルモモさんのお父様と森繁久弥さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

合掌
投稿者:ハルモモ
今年は当たり前のようにいた人が、亡くなる年ですね。
知床旅情は父が好きで歌っていたので子供ながらに覚えました。

あちらが賑やかになって楽しんでるかもしれないな。

メッセージBOX

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ