Oh My Giulia3(club Mother Head)

アルファロメオ2000GTV(ジュリア)との生活日記

 
 

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おかんの頭の頭
やーさんさん
そう言って頂けるとUPした甲斐があります。
しかもGTAの為にお役に立てたとは嬉しい誤算(笑)ってのは大げさですが、NSXなどの外装について少し疑問があり聞いてました(柔らかい純アルミだとしたら何故強度が出るのか?)。
Peralumin25とゆう素材は知りませんでしたので、私も勉強になりました。
投稿者:やーさん
いやー、勉強させていただきましたよ。お頭の記載を見て、GTAの外皮について疑問に思っていたことがあったので調べてみました。よくアルミの外皮と言われますが実際には純アルミでなくジュラルミンの一種であるPeralumin25というMg,Si,Niなどのアルミ合金でした(結構外皮は硬い感じです)。GTAはシール材がないにもかかわらず、アバルトのような鉄との接合部にも電食が見られないが不思議だったのですが、純アルミとはイオン化傾向が違う素材のようですわ。
投稿者:おかんの頭の頭
fiat124としさん
そこでしたか!
技術ってすばらしいですよねぇ〜

askashizkaさん
貪欲とゆうより楽しくて聞き入っちゃってます。
レスのお陰で続いてるようなブログです、いつも有難う御座います。
やっぱ見てくれてる声って嬉しいです♪
投稿者:askashizka
おかんさんの貪欲といい、みんなの反響レスといい、すごいっすね。
負けてられませんが、おつむが弾性域限界に・・・

http://blogs.yahoo.co.jp/askashizka
投稿者:fiat124とし
 お頭さん> 超々な物は・・・スタビのブラケット(某同県民の方製作)です。あの方に任せておくと間違い無い物が出来るのでこうなっております。

 ちなみにプーリーはアルマイト処理(硬質アルマイト処理)を施しております。 熱処理同様硬度は上がりますが処理を行った後の精度にばらつきが出るのが欠点でしょうか?

http://red.ap.teacup.com/fiat124spider/
投稿者:おかんの頭の頭
カバさん
そうそうグルンゲ銃から身を守る為にね♪
いざとなればカバ物欲菌からも身を守り(笑)

あの方はミサイルどころか、自然災害をも・・・(大笑)
投稿者:カバ
たしか機動隊の使う盾もジュラルミンでしたよね。金とかプラチナ同様、自分には縁の無いモノだと思ってましたが、こんな身近にあったんだね〓。

しかしgrungeさん、ミサイルまで持ってたとは・・・やっぱりスゲー♪
投稿者:おかんの頭の頭
grungeさん
自転車パーツですね。
しかしよく知ってるなぁ〜
そんな番号とかって記載されて無いし、気にもして無かったです。
流石ダークだけある!(笑)
投稿者:grunge
ウチには、6061アルミ、7005アルミ、4130クロモリ、
ミサイルの弾頭にも使用するスカンジウムの◯◯◯があるよ〜
5000番のアルミは非熱処理合金で加工後に加熱しなくて良いけど、
6000番、7000番は加工後に加熱が必要な、熱処理型合金だそうです。
投稿者:おかんの頭の頭
ぐっちさん
そうなんですね、知らなかった・・・
今だ未携帯なので(自慢)
知っていて損は無いかと思います、お時間のあるときにじっくり是非!
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ