Oh My Giulia3(club Mother Head)

アルファロメオ2000GTV(ジュリア)との生活日記

 
 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おかんの頭の頭
nishikamaentさん
ワンダーSiで峠を走り回ってたあの時代は、皆車大好きでしたよねぇ
特にテンロクスポーツ大流行で手の届きそうな各メーカーの1台1台に悩んだものです。
投稿者:nishikamaent
こんばんは。ワンダーシビックもハチロクも憧れます。今見てもかっこいいです。自分が免許取りたての頃に輝いていた車だからでしょうか。当時友人のを乗せてもらったくらいでしたが、所有したいくらいです。

http://blogs.yahoo.co.jp/nishikamaent
投稿者:おかんの頭の頭
ogさん
そうなんです、一番厄介なのがゴム系パーツ。
流用できそうで出来ないし、ワンオフといっても金属加工のようにはいかないし・・・
進化してプラパーツが多くなり、それらの劣化はボディの防錆が良くなっても廃車の運命の原因かと・・・・
投稿者:og
国産旧車はパーツ入手がなかなか難しい様ですね。
特に80年代インジェクション車はほぼ全滅。
まさしく絶滅危惧種ではないでしょうか。
これからの車はリサイクル向きなのかもしれませんが、長く乗るという風には出来ていませんね。
中身もコンピューターやら配線やらとても複雑になっていますから経年劣化でそこいらやられますと、修理やろうにも中古相場価格割れ起こしてしまう様に思います。
よほどの稀少車や高級車でない限り誰もやりませんわな。汗。
劣化したらややこしいプラスチックやゴムパーツも多いしパーツ点数もやたら多いです。
古いコンピューター車などはどんどんコンピューター基盤がイカれたり、ヒューズボックスの中身の配線シートティラミスが張り付いたりして難しくなる場合がありますね。
アルファでも145や155、916系gtv、スパイダーのヒューズボックスに支障が出始めているとも聞きます。
このテはジュリアの様に長く持たせるのは難しいかも・・・。汗。

投稿者:おかんの頭の頭
カバさん
フル装備は当たり前すぎて、手動レギュレーターなら旧車の雰囲気って事になるのでしょうね。
そろそろこれらの車達もパーツ供給は厳しく、ある意味ジュリアやチンクより維持していくのは大変なようです。
投稿者:カバ
てぇことは、クルマといえばインジェクションがあたりまえで、白い顎した赤いアルファロメオとかは派手なクラシックカーみたいなモンなの!?
平成一桁が旧車とはオドロキです・・・程度が良くてエアコンの効く安くてまだまだ走れる狙いメ中古車にしか見えないのです。

http://www.geocities.jp/kaba1120/
投稿者:おかんの頭の頭
カバさん
昭和の車どころか、平成一桁も今の若者には旧車らしいですよ。
そんな車を紹介する雑誌もあります。
逆に30年以上前だと興味もわかないほど、古すぎるとか・・・・
投稿者:カバ
免許取得から22年、乗り継いだクルマは数知れず、足グルマは15万で乗り出せる中古車で車検取るなら乗り換えるってのがワタシの基本理念ですので、いずれ劣らぬイイカゲンなモノばかり。
15万グルマで最も当たりだったのはホンダライフ360かな、とてもよくできた乗り物でした。
ワンシビやハチロクって旧車なのね、ハチロクはともかく80年代大流行した車種もめっきり見かけなくなりましたねぇ、車も使い捨ての時代になってたのかな?

http://www.geocities.jp/kaba1120/
投稿者:おかんの頭の頭
白のSR311さん
ですね!
ハコスカRでしたねぇ〜、快音の・・・
近々懐かしの数枚と共に記事にしますね、お楽しみに〜
投稿者:白のSR311
わしの車が写っておらんぞい?
この風景は池田山だがのー
SRLだろー写っているのは。
この時はGTRだったかな?
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ