2021/6/15

御神籤  雑想

この現場を無視したような価格体系の変更は何なん?説明する方が理解に苦しむ内容をどうやってわかりやすく説明しろと?

*****

ちょっと前に買ってきたガチャ。

クリックすると元のサイズで表示します

おみくじ三種とコイン3枚付き。何がすごいって、既存のカプセルに入ってなくて、これに合わせた特製のカプセル。捨てちゃったけど・・・。

0

2021/6/14

父の日  雑想

本日休日。同行人がいたら怒られそうなワイルドなキャンプ料理、吉田類さんだから許せるなぁ。

*****

特にどこ行く用事も無いので(本当はいろいろあるのだけど・・・)、相方の要望で長岡のリバーサイド千秋へ。靴が欲しいとのことであるが、まぁ、ウィンドウショッピングでしょう。上越にはこういったモール無いしね。

以前から相方に「父の日だからポロシャツとか送らないと」と言われてまして、母にポロシャツいいかい?とメールしたところ何でもいいとのこと。折角ここまで来たのでここで買って送ることに。

夏に向けて涼しげな素材の某メーカーのポロシャツを買って配送手続き。聞けば父の認知症は悪化しているとのこと。施設見学の話をしてもうまくいかないそうで、父の理性が拒否してるのかな。

見た目や喋り方や物事の理解度なんて全く想像できないのだけど、毎日見て変化に気づかない母や妹と違って、1年以上会ってない僕が行ったら相当変化してるのかもしれない。ちょっと実家帰るの怖いな。いつ帰れるかわからないけど。
0

2021/6/13

フィルムで長野県立美術館、の2  写真・カメラ

11日AM1時に5/30に注文したiMacをキャンセルし、その時点で納期が6/15になっていたiMacを再度注文。これでまた納期が伸びるようならカスタマーセンターに電話して詳細を聞くつもり。そしてもう今後二度とAmazonでiMacを注文するのはやめる。

*****

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0

2021/6/12

フィルムで長野県立美術館  写真・カメラ

昨晩のBSプレミアム「探検!博物館ワンダーランド」は面白かったなぁ。以前行った戸隠地質化石博物館が出るってんで見たけど、その他に紹介された博物館もいいですなぁ。行きたいですなぁ。

*****

先日撮ったネガ1本現像してきた。カメラはキヤノンnF-1(AEファインダー)にレンズはNFD50/1.2L。昔取ったなんちゃらじゃないけど、昔撮ったポジで培ったものは凄くて、室内で光源が違う時に「あれどう写るんかな?」って事以外は、ネガだとほぼ想像通りに仕上がってくる。

nF-1に限らず、T90もM6TTLもポジだろうがネガだろうが露出とピントで間違う事は殆ど無い、と思う。なので、ローテクなMFのコンパクトカメラややトイカメラ的にありがちな「偶然こんなん撮れました〜」ってのも殆ど無い。撮影者の意図を忠実に撮すのは本来のカメラの役割なんだろうけど、それなら今ならデジカメの方が云々・・・。

もちろん発色とか階調とかフィルム独特のものがあって、デジタルにもデジタルの良さがある訳で。それぞれ適材適所というか、カメラはデジタルかフィルムか、カメラは何かレンズは何か、フィルムはポジかネガか白黒か、デジタルなら撮るモードは何か、によって、撮る物や気分が違ってくるのが面白い。

そう思うと僕の場合、撮った写真も大事なんだけど、シャッターを押す行為自体に何らかの快楽があるのかもしれん。特にnF-1のシャッターって「カシャッ」よりも「バフォッ」って感じが強くて、何でしょ、カメラの中の空気が動いてる感じがして良いんですよね(意見には個人差があります)。まだnF-1の中にフィルム残ってるから撮るの楽しみ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0

2021/6/11

写真  写真・カメラ

本日床ワックス。

*****

家電批評7月号、写真批評のコーナーに「カメラ雑誌が消えても写真は消えない」という記事がありまして。そんな視点でカメラ雑誌を見た事無かったので、昨今のカメラ雑誌休刊ラッシュに納得。そういや僕もその手のカメラ雑誌、10年以上見てないかも。

特に「人々が写真に興味を持たなくなったというよりも、カメラに興味が無くなったということだと思います」は、もうあの歴史あるカメラ雑誌達の存在って、例えは悪いけど老害に等しい存在だったのではないだろうか。興味ある方は是非ご一読を。

写真を撮る機材なんて県展クラス以上を応募するなら別だけど、そんな高くて立派なカメラは必要ないよね。インスタやWEB位ならミラーレスのダブルズームで十分だし、センス活かすならスマホでも良いし、フィルムでも良いし、ドローンという手もある。

旧態依然を貫いたというか、抜け出せなかった老舗カメラ雑誌の休刊はちょっと寂しい気持ちもありますが、スマホカメラの登場で写真人口が増えた今、別に大御所を納得させる必要も無い訳で。個々のセンスが光る新しい時代に突入してんるだなー、と。センス…これはこれで大変だけど。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ