エンピロのネタ箱 復刻版

いち早く世相をキャッチし、ユーモア・風刺で鋭く切り込む。話のネタづくりへあくなきチャレンジ。タイムリーなオチのある話であなたをエンピロの世界へ誘(いざな)います。

エンピロのネタ箱はあなたの知的ギャグライフを応援します。
寝タバコはお勧めできませんが、ネタ箱はイチ押しです。雑学ネタも満載。では、ごゆっくりと。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:エンピロ
yukiさん 
私もネモフィラは初めてでした。奥様は訪れたことがあったのですね。仰せの通り別世界のような気分に浸ることができました。もう少し満開であればとも思いましたw 秋のコキアも最高です。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:yuki
私は行ったことありませんが 女房は行ったことがあります
その写真を編集した時のことを思い出しました
まるで別世界かと思いました
投稿者:エンピロ
メイの家さん 
昨年申し込んだのに中止とは残念でしたね。見ごろを過ぎて実施すれば、客からのクレームが見えていますからねw

今年はいいところ4月いっぱいで終わりでしょう。取り敢えず私は初めて見に行くことができホッとしています。コキアもクリアしましたからw

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:メイの家
昨年、ネモフィラ見学のバスツアーを申し込んだのですが、その期日の日の直前に「見頃を過ぎたのでツアーを中止する」という連絡が来て、行くことができませんでした。
今が見ごろだと、今日のニュースでやっていましたが、大混雑が予想されるので、この連休には行く気がしません。
でも行って見たいね。(笑)
投稿者:エンピロ
ダキさん 
職場の休みを頂いて参加しましたw 平日は混んでいなくていいです。ツアーの旅行ではないですが、ふれあい学級の研修行事に一般参加で加わらせて頂いたのです。個人負担金のことを書くのは憚っていたのですが、会員と同じく千円しか払っていません。

私が平日限定の鮨に飛びつくのは想定内でしたか(笑)でも、遠慮して一つしか注文しなかったことは想定外だったではないでしょうかw

私の「しゃべる人間ナビ」が役に立ててよかったです。ダキさんはツアーコンダクターとして今まで数多くの企画を組んでいますから、時間の配分などは得意分野ですよね。

初のネモフィラを観賞もでき、コキアも見たので、ひたち海浜公園の2大見せ場をクリアできました。

もちろん、ダキさんがよく「♪ネモフィラを太陽に 透かして見れば…」と歌っていらっしゃることを女房に伝えました(笑)

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:エンピロ
karinさん 
ネモフィラ観賞に行かれたことがあったのですね。それではあの感動は忘れられないでしょう。16日は五分咲きで満開ではなかったですが、みな満足して帰ってきました。

高齢者教室の年齢ではないですが、せっかくのお誘いですからね。都合をつけて参加することにしました。運転手も会員の皆さんも私の提案やアドバイスを喜んでくれていたようです。運転手は「おかげさまで助かりました」と私にお礼をされていました。

野口雨情は小平霊園に眠っているのですか。全く知りませんでした。野口雨情は小平市と深い関りがあったのですね。今回の企画で少しでも関心を持っていただけたことが良かったと思います。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:ダキさん
平日に行かれたのですか?しかも格安(?)旅行でビール🍺🆗✌️ですか?お昼はなんと言っても平日限定5名のお寿司、しかも通常価格の半値の1,500円とあればエンピロさんが飛びついたのは想像に難くなかったです。おまけに念願のネモフィラ詣りが出来たとあれば喜びもこの上ないでしょう。道中のしゃべる人間ナビもご披露出来、ご満悦のお顔が浮かんできました。司会と余興をやっていたらナビは出来なかったことでしょう、流石です。ネモフィラを太陽に透かして見てみましたか?
投稿者:karin
エンピロさん こんばんは

国営ひたち海浜公園のネモフィラを観に行ったことがありますが、素晴らしいですよね。エンピロさんがいらした日は五分咲きでしたか、、、そろそろ満開になる頃でしょうか。みはらしの丘にもう一度立ってみたいです。

今回は奥さまもご一緒に高齢者教室の「ふれあい学級」の行事に参加なさったのですね。運転手さんはエンピロさんのアドバイスに感謝なさったことでしょう。

野口雨情記念館新装オープンのことをテレビで放映したいました。小平霊園に眠る野口雨情をしのんで、小平市のルネ小平では「こだいら雨情うたまつり」が毎年開催されます。お写真を拝見して思い出しました。

https://wave.ap.teacup.com/karin02/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ