エンピロのネタ箱 復刻版

いち早く世相をキャッチし、ユーモア・風刺で鋭く切り込む。話のネタづくりへあくなきチャレンジ。タイムリーなオチのある話であなたをエンピロの世界へ誘(いざな)います。

エンピロのネタ箱はあなたの知的ギャグライフを応援します。
寝タバコはお勧めできませんが、ネタ箱はイチ押しです。雑学ネタも満載。では、ごゆっくりと。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:エンピロ
ダキさん 
懐かしいですね。あの時、中日が敗れキヨピーさんが悔しがっていたような(汗・爆)
「晴れ男」の衆において、キヨピーさんが「荒れ男」にならなくてよかったかも。

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:エンピロ
いまちゃん 
あれから13年も経つんですか。懐かしいですね。あのころは、それでもまだ登れる体力があったようです。今は全く自信がありません(汗)

それでも、頂上に立ったときの達成感は最高ですね。また挑戦したいと思います。いまちゃんは、ビデオ片手に余裕でしたね。

あの時は同僚と偶然頂上で一緒になりましたw 彼が職場の登山クラブのリーダーです。

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:エンピロ
ホームレスさん  
そうなんです(爆)山を甘く見てもらってはいけませんよね。「てめーら 甘く見んじゃねー。ざけんなよ」などとは言いません。私はシツゲンが多いので気をつけないと。釧路シツゲンのM男さんと同じに(笑)

ダキさんに触発されて何回も行きましたw
リピーターはたくさんいますよ。

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:エンピロ
omotannさん 
中田喜直さんは、尾瀬を見たことがなかったのですか?想像力が優れていたのでしょう。

omotannさんも生の尾瀬を眺めたら、「こんなところがあるのか」と驚き、絶句するぐらいの感動を覚えると思います。

「夏の思い出」は、誰も聞いてはくれませんが、車の中でよく口ずさんでいますw

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:エンピロ
NAONさん 
そうです。まさしく、その歌の尾瀬ですよw
九州からはちょっと遠いですが、先ずは写真を眺めて、尾瀬の素晴らしさを吸収してください(笑)私もしばらくぶりに行ってみたいものです。

へえー 2週間も遅れれば4,000グラムにもなるんですね。よく出たもんだあ(爆)

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:エンピロ
ダキさん
また、ダキさんの尾瀬の時期がやって来ましたね。尾瀬はダキさんなしでは語れません。私もずっとご無沙汰してしまいました。

報告会は楽しくやれたようですねw やはり心配なのは、残雪よりも挫折でしょうか(笑)どうしても体力不足が否めませんから(汗)

ダキさんのレポートと写真を見たら、きっと大勢の人が尾瀬のとりこになるでしょう。一部関連記事として使わせていただきました。

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:ダキさん
いまちゃん、確かにあの燧ケ岳登山はそうそうたるメンバー6名が集まりました。でもそれは残念ながら夏ではなく秋でした。10.8(10月8日)ジャイアンツがドラゴンズを破って優勝を決めたことを尾瀬小屋のラヂオで知りました。今から13年前平成6年の出来事、当然天気は晴れ(全員自称晴れ男)でした。
投稿者:いまちゃん
ボウリングお疲れ様でした。
昨夜は遅くまで「みつや」で反省会でした。
みつや氏もエンピロさんに会いたがっていましたよ。
あの夏の燧ケ岳登山は、忘れられませんね。今考えれば、よくぞあれだけのメンバーが集まったものだと思います。
投稿者:ホームレス
スカートで登山?
随分と山をなめていますね…

そう言う格好で来る人が、
遭難しそうなんだ…

ダキさんのコメントを見させていただき、エンピロ師匠が登山にのめり込んでいたのだと言うことが分かりました。

ゴミもさることながら、マナーを守って楽しい登山、ハイキングにして欲しいですね。

http://wind.ap.teacup.com/homeless/
投稿者:omotann
尾瀬と聞けば、「夏の思い出」がシンクロナイズしてしまいます。
今なお愛唱される数々の名曲を生み出した中田喜直氏は、尾瀬を見たことがなかったのにスラスラと作曲できたそうですね。

小生もまだ行ったことはありませんが、この曲を覚えた頃にタイムスリップし、感極まって熱いものがこみ上げてきます。
心の中だけにある“永遠の尾瀬”です。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
1|2

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ダキさんの部屋V

読売新聞

QRコード

掲示板

掲示板の設定が行われていません
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ