エンピロのネタ箱 復刻版

いち早く世相をキャッチし、ユーモア・風刺で鋭く切り込む。話のネタづくりへあくなきチャレンジ。タイムリーなオチのある話であなたをエンピロの世界へ誘(いざな)います。

エンピロのネタ箱はあなたの知的ギャグライフを応援します。
寝タバコはお勧めできませんが、ネタ箱はイチ押しです。雑学ネタも満載。では、ごゆっくりと。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:エンピロ
埼玉のHさん
訪問ありがとうございます。お約束?どおりブログでHさんに登場してもらいましたw

いい講演会でしたね。山田氏の高羽さんを称えた、控えめな話しぶりに好印象を持ちました。友というものの大切さを再認識させられた気がしました。

「袖振り合うも他生の縁」ということで、よろしくお願いいたします。

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:エンピロ
ダキさん 
寅さんの「男はつらいよ」は最初テレビ番組だったんだよね。人情コメディーものというんでしょうか、「笑いの中に涙あり」で、ひとりでに涙が出てきてしまいますよね。

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:埼玉のH
早速、ブログ拝見しました。僕のことが書かれているのでびっくりしました。講演内容が細かく書かれていて、素晴らしいです。
僕のいとこのそば屋が若松市内にあるのですが、監督がそこのそばを食べにきていたのでよかったら行ってみてください。詳しくは、僕のブログで。

http://plaza.rakuten.co.jp/takamitsu619/
投稿者:ダキさん
山田監督の作品は『寅さん』をはじめ大好きです。日本人の心をくすぐりますし、笑い、涙なくしては見られませんね。そう、泣きながら映画見るのって快感です。
投稿者:エンピロ
ホームレスさん 
ありがとうございます。高羽哲夫さん、渥美清さんが亡くなられたから、その偉大さを偲ぶということから見れば、現役のころではイベントはなかったかもね。

会津出身は高羽哲夫さんです(汗・苦笑)入力ミスですねw ちょっとヨウジを思い出したのでしょう(爆)

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:ホームレス
合併50周年にふさわしいイベントですねw

ここに高羽哲夫さんが生きていて、寅さんも50作品(それ以上でしょうが…)となっていたら、さらに凄いイベントになっただろうと思えるとちょっぴり残念ですが、500人以上の方が来られたようで大盛況でしたねw

会津出身の山田洋次監督は、エンピロ師匠の誇りですよねw
郷土に誇りが持てるということは良いことですよね〜♪

http://wind.ap.teacup.com/homeless/
投稿者:エンピロ
omotannさん 
そうですね。高羽哲夫さんのことを書いたことがありましたw omotannさんが「男はつらいよ」に思い入れが強いということで、コメントしました。近くから偉大な撮影監督が輩出されていたことは誇りですね。

代表質問されたHさんに話しかけなかったら、このような情報は得られなかったわけです。「袖振り合うも多生の縁」ということで、いい機会に恵まれました。「きょうの行事はブログで公開します」と、ちゃんと拙ブログもPRしてきましたよ(爆)

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:omotann
湯川村合併50周年記念に相応しい、粋なイベントでしたね。
いつか高羽哲夫さんのことはエンピロさんからお聞きしていました。思い入れも一入でしょう。
寅さんファンの小生としては、近くならば是非とも拝聴したい講演でした。

挨拶に立った村長が高羽さんの裏の家だったとか、エンピロさんの隣席で埼玉県から駆けつけ代表質問されたHさんの伯母と知り合いだったなど、奇遇ともいえる絵に描いたような話の展開に驚きました。

山田洋次、高羽哲夫、渥美清の名トリオあっての「寅さんシリーズ48作」でした。
山田監督には49作目のシナリオが出来上がっていたようですが、主役なしではどうすることも出来ません。この映画に限っては、代役はありえないですから。
1996年8月死去の渥美さんの後を追うように、同年10月には高羽さんが逝去され、残念ながら終わるべくして終わったシリーズなんですね。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
メイの家さん 
区切りのいい年ですね。確か合併は昭和31年だと伺っています。昭和の大合併ですから、生まれる前のことで、だいぶ昔の話なんだなあ(汗・笑)

50周年記念事業の一環ですが、これが1番のメーンイベントじゃないでしょうか(笑)

会津から偉大な撮影監督が輩出されていたんですね。

湯川村が生き残りをかけた郊外型量販店の誘致は白紙に戻ってしまったようですが、めげずに堂々と独自路線を歩んで欲しいものです。

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:メイの家
合併50周年、なんか分かりやすいなあー。

50周年記念事業の一環、ということはほかにもいろいろと楽しそうなイベントがあるのかな。行って見たい。

全国に吹き荒れた、平成の大合併の嵐はすごかったですが、会津でも、市町村の境界図が一変しましたね。

今後も生き残って、合併100周年を迎えてほしいと思いますが、でも小さいところの台所事情は大変だと思います。

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ダキさんの部屋V

読売新聞

QRコード

掲示板

掲示板の設定が行われていません
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ