エンピロのネタ箱 復刻版

いち早く世相をキャッチし、ユーモア・風刺で鋭く切り込む。話のネタづくりへあくなきチャレンジ。タイムリーなオチのある話であなたをエンピロの世界へ誘(いざな)います。

エンピロのネタ箱はあなたの知的ギャグライフを応援します。
寝タバコはお勧めできませんが、ネタ箱はイチ押しです。雑学ネタも満載。では、ごゆっくりと。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:エンピロ
ホームレスさん 
キーボード汚さないでくださいよ。ブログ更新できなくなってしまいますからね(汗・笑)私も今心地よいビールを飲んでいました(笑)

苦悶塾に通ってますから。うそ!(爆)

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:ホームレス
>苦悶の巣
お陰様でビールがキーボードにかかってしまいました(笑)
流石は師匠!
やられました(笑)

http://wind.ap.teacup.com/homeless/
投稿者:エンピロ
omotannさん 
クモは気持ちいいものではありません。しかし生きるための武器を持ち備えているんですからね。

先にも書きましたが、クモの巣は芸術品にもなるんですね。規則正しくできていますから。巣を作るところの一部始終を見てみたいものですw

私たちも「輪っか」を作って遊びました。若い人には輪っかんねだろうなあ(笑)

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:omotann
「縦糸・横糸の違い」から「コーヒーと規則正しい蜘蛛の巣」まで、大いにためになりました。

我が家では新聞を取り込みに出て被害に遭うのが小生です。
かみさんは遭いません。身長が幸いしているようです。
朝一の爽やかな気分が一遍に台無しです。不愉快極まりないです。

子供の頃、蜘蛛の巣を張った輪っかでトンボ捕りをやりましたね。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
モモエさん 
写真家にとっては、クモの巣も格好の被写体になるんですね。確かに雫がたれたりする画像なんか、モモエさんの得意とするところですよね。

頭についたときなんか、白髪になったような感じです。とか言って、私はすでに白髪頭ですが(汗・爆)

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:モモエ
クモの巣は、芸術的な匠?の世界で、写真好きにはたまらないのです。クモの巣に、朝露や雨が乗っかり、そのバックに花なんかあると雫のひとつずつに花が写ったり。
朝は糸そのものが七色に輝いてたり。

でも、クモの巣に気がつかないで、つい夢中になり顔やアタマについたりしますね。

ぞっっ!

http://blog.livedoor.jp/lulu1211/
投稿者:エンピロ
ホームレスさん 
私は縦糸(放射状糸)・横糸の違いなんて知りませんでした(汗)

ハエ、蚊などがクモの巣にかかればいいんですね。クモ様様ですか(笑)

今度試したいと思っても、クモがコーヒーを飲んでくれるかどうかわかりませんが、クモにとっては「苦悶の巣」になるのですね(爆)

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:ホームレス
なるほど!
横糸が絡まるんですね〜
絡まる糸とそうでない糸があると聞いたことはありますが、はっきりと分かりませんでした。

ちなみにホームレスは飛ぶ虫が大嫌い(ハエ、蚊、アブ、蜂など)なので蜘蛛には感謝しています。

そういえば、蜘蛛にコーヒーを飲ませると、普段規則正しい蜘蛛の巣がでたらめになるって聞いたことがありますw

http://wind.ap.teacup.com/homeless/
投稿者:エンピロ
くろぞおさん
「朝グモは縁起がいい」とか聞いたことがあります。いいことの起きる前触れだとか言われていますよね。待ち人が来たりとかねw

やっぱり夜は気持ち悪いです。くろぞおさんは平気なのですね(笑)クモといえばやっぱり芥川龍之介の「蜘蛛の糸」でしょう。

昔は松ヤニでいろんなものを獲って遊んでいたようですね。今の子供らにはわかんねだろうなあ(汗・笑)

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:くろぞおさん
ヲレの場合、部屋の中で小さなクモを見つけても、そのまま放置しておく。セアカゴケグモのように、明らかに、刺してくる毒蜘蛛は困るけど、むしろ、クモは、人間にとって、かなり都合の良い節足動物。
部屋の中に来る他の不快な小さな昆虫類を食べてくれるんで、むしろ飼ってるくらいの感覚かも〜^^
戸外で見る大きなクモといえば、最近では、ジョロウグモくらいしかいない。
むかし沢山いた、コガネグモとか、どこに行ってしまったんだろう。子供の頃、夏になると、セミを捕まえるのに、竹竿の先端に直径15cmくらいの細い竹の輪をつくって、そこにコガネグモの巣の糸を沢山くっつけて、捕虫網のようにしたもんだった。
今時、そんなことをするやつはいないだろうな〜^^
1|2

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ダキさんの部屋V

読売新聞

QRコード

掲示板

掲示板の設定が行われていません
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ