次世代型PSの性能紹介をみてPS4を起動する気が失せた話
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3016.html

理論派?感情派? 
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3013.html


自分の正当性を守るために相手を失笑し「おかしな奴」と思い込ませる行為
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3011.html


【本感想】私は私のままで生きることにした 
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3009.html

運動不足で痛感した「なんでできないのかわからない」という天才の葛藤
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3008.html


「経験から学ぶ」は超難しいことなのに「誰でもできる」と勘違いしている危険性
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3005.html

抵抗感を感じとったらその答えが出るまで考え抜くこと
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3002.html
0

 

2019_映画とかゲームとか  ふと思いついた事。

購入予定ゲーム

購入確率高
・プロ野球スピリッツ2019
購入率低
・グラブル(格ゲー)
・スパロボ
・エースコンバット
・アンスム

ゲーム感想

デビルメイクライ5
クリア後感想(短文)
「V」について
アクションについて


スパイダーマン(PS4)
序盤
クリア後感想

バイオハザードRE:2 Zver.
序盤感想
レオン編クリア
クレア・ハンク・豆腐

GRAVITY DAZE 2

アニメ

IS インフィニットストラトス
https://green.ap.teacup.com/paputimus/2996.html

少女革命ウテナ
https://green.ap.teacup.com/paputimus/2994.html

宇宙よりも遠い場所
https://green.ap.teacup.com/paputimus/2881.html

ゾンビランドサガ 
https://green.ap.teacup.com/paputimus/2874.html

ゴブリンスレイヤー
https://green.ap.teacup.com/paputimus/2868.html

映画


アベンジャーズ_エンドゲーム
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3003.html

勝手にふるえてろ
https://green.ap.teacup.com/paputimus/2998.html

キャプテンマーベル
https://green.ap.teacup.com/paputimus/2969.html

コードギアス 復活のルルーシュ 感想
https://green.ap.teacup.com/paputimus/2948.html

スパイダーバース 
https://green.ap.teacup.com/paputimus/2946.html

ジョン・ウィック チャプター2
https://green.ap.teacup.com/paputimus/2880.html


カメラを止めるな! 感想
https://green.ap.teacup.com/paputimus/2867.html



・私は私のままで生きることにした
星の子_今村夏子
・未来を作る権利_荻上チキ
・日本の気配_武田砂鉄

責任メモ

https://green.ap.teacup.com/paputimus/2920.html

2018年版
https://green.ap.teacup.com/paputimus/2332.html
0

2019/5/23

次世代型PSの性能紹介をみてPS4を起動する気が失せた話  ゲーム


PS4がロード8秒かかるところ次世代は0.1秒。

PS4ソフトの下位互換があること、記憶媒体がSSDだということ。


僕は今の時代HDDを使用する意味が全く理解できずBlu-rayがあるのにDVDで未だに販売する意味不明さに似ている。


ここまでロード時間が違うことを知ると、PS4でゲームをやる毎に余計「時間の無駄」を意識してしまう。

デビルメイクライ5評で「新作はできる限り発売日付近でやらないと感動が薄れる」と書きこれは未来永劫変わらない僕の価値観。

ただ、それを凌駕してしまうんですよね、ロード時間の圧倒的短縮。



6万円ですね。6万円までなら初期不良の恐怖があれど発売日に買いますかね。

ロード時間短縮であらゆるゲームをしたいですね。

0

2019/5/21

現実は悲惨だらけだからあらかじめ悲惨さばかりを教えるリアリズム主義者  1日まとめ記事



「世の中はこれだけ危険だ」

「常に注意しないとやられるぞ」



僕はこんなことを幼少期に言われ続けました。

外へでかけホームレスを指差し「あんな人間になるんじゃないぞ」という定番から何か事故があったら「お前もいつかこうなるかもしれないから気をつけろ」と。


その教えが慣性のごとく今でも続いていて「社会に対する不安」を基盤にすることで身を守ろうとする。




今回気づいたのはこの教え方は無駄に恐怖を植え付け歪んだ性格にさせる方法だということ。

この教えによって「悲惨な出来事」に興味関心を強く持ち「教えは正しかった」という証明、ならびに反面教師にしようと試みる。

「なっちゃってリアリズム主義」です。


「人生がいかに悲惨なのか」なんて個人差激しいですし、毎日誰かが死んでいて未だ飢餓がなくならない世界を考えろといわんばかり。

「個人の楽しい人生」をぶち壊す教えです。

悲惨な出来事に遭遇するとスルーすることなく立ち止まり噛み締める。



逆に「人生はなんと楽しいものだ」と教えられた場合は悲惨なことがあっても「でも楽しいこともある!」と視野を広げることで前向きな解釈を試みる。

「なんちゃってリアリズム主義」は「それは甘えだ」「現実から逃げている」とか己の鋭さを披露したと言わんばかりのしたり顔で指摘。



経験した本人だけが答えをだせる「リアリズム」なのに、第三者がその答えを冷やかす行為はリアリズムじゃない。


悲惨な目にあっている人もいれば毎日幸せな生活を送れる現実もある。

ある一方の面を基軸としている考え、危険思想であり間違った認識です。
0

2019/5/19

理論派?感情派?  1日まとめ記事

【まとめ】

・僕は感情派
・そんな僕は誰でもわかる簡単なことでも失敗する。
・ただ実践しないとわからない、そんな人間だと割り切って生きて行くしかない。
・メリット「一歩前を進む力」を信じきること。




理論派か感情派か。

理論派の対義語を調べると「行動派・実践派・感情派」が候補として上がり、今回は感情派を選択。


話題に困った時に取り上げやすい議題です。

文系=感情、理系=理論、かと思われがちですが。

僕は理系ですが「感情派」だと自負があります。




そもそも「理系」「文系」という分類に僕は意味なし、むしろ害悪だと感じています。

というのも全教科共通部分がありますしただ「やりたくないだけ」の理由でしかないから。

「数式を使った計算の使用の有無」についても、数式は言語の一種なので英語とかとジャンルは変わらず。

「俺理系だからさー」とかいう人はナチュラル差別をするヤバイやつです。





僕の勝手なイメージ

【理論派】

前もって計画を整理し、スムーズにことが進むように脳内または机上で確約されないと行動に走れない。

手をつけるまでの時間がかかるが一度始めるとスムーズで「急がば回れ」が当てはまる。



【感情派】

前もって計画することにストレスを感じ「大丈夫っしょ!」という気軽さを建前にすぐ実践に走る。

成功することもあるが失敗にぶつかることが多々あり「あーこうやっておけば」と後悔を頻繁に起こす。




理論派の方がいいじゃん!ていうことになりますが、練った計画がうまくいかなかった、なんてこともよくあります。

僕が感情派に降ったのはこれのせいだという仮説。

というのも、正直数学と物理は感情、ノリでやった方がうまくいった経験の方が多いからです。

小学生のころ「図を描く」という作業があったじゃないですか。

あれ僕すごく苦手でした。絶対どこか歪んでいる。

つまり僕の脳が耐えられないんですよね。長時間結果が出るかどうかわからない作業に。

「良い結果がでる」という確約を経験しないと疑ってしまう。

「本当に意味があるのか?」って。「余計な時間じゃないのか?」と。




「疑う癖」がついたのは、これも仮説ですが養育環境です。

兄が僕から金を奪う、殴ってストレス解消の道具にするために「嘘」をつき続けたんですよ。

2歳ごろからずっとです。お年玉の6割以上は兄にパクられていました。

だから小さな「疑心」でもスルーできず拡大してしまいます。




疑心を解消するために、あらかじめ計画を立てる、とはなりませんでした。

なぜかと考えてみると「自分を信じられないから」ですね。

無力感。これも「結局暴力で屈服させられる」経験があるからです。

あと小学校の教師からの熱いバッシングもそうですね。

本当に嫌われていました。反集団主義で「なんで運動会は全員参加なの?」て低学年の頃から先生に疑問投げかけていましたし。






なので事前計画のストレスに耐えられる能力が著しく低い。

それを、一度失敗をし「今度は絶対に上手くいく改善策」を見つけ出そうとする。

「少し考えればわかることなのに!」という後悔はたくさんありますね。

でも僕の場合「実践しなければ「少し考えたらわかるもの」もわからない人間」と割り切る。

0

2019/5/17

ソニーとマイクロソフトが協力  1日まとめ記事



グーグルのクラウドゲーム対抗として。

名前忘れましたが「未来・・・!」と目を輝かせましたよね、グーグルの発表。


ただ操作遅延が免れずゲーム機本体を気軽に買えない国の人たちを狙ってるんでは?という推測も。

スマホがアイフォンしかなかったころはこれ一択でしたよね。

つまり豊かとされている国の人たちも「やすいから」「操作に厳密性をもとめていなから」という理由で導入する人がいつの間にか多数派になる未来。

「遅延なんて考えられない!」と主張する人も慣れてそちら側に付く可能性。




「テレビのサイズ大きいのが正義」だった僕ですが仰向けでゲームできて持ち運びできる10インチサイズこそ至高と今現在。

利便性には勝てないですよ。スマホでみんな気づいたんじゃないでしょうか。

僕もやっと気づいた組ですが。



ただ僕はロード時間が爆速と噂のPS5、つまりクラウドではなく実機に今現在は注目しています。

もうすでにPS4をリモートでパソコン・スマホでプレイできるので、恐らく PS4を介さなくてもできるようになるはず。

マイクロソフトと提携ってことはウインドウズ縛りで他OSはできない、とかなりそう。

0

2019/5/14

自分の正当性を守るために相手を失笑し「おかしな奴」と思い込ませる行為  1日まとめ記事


めっちゃ話しかけてきたので「そうですか」「はいはい」以外の内容が含蓄されている言葉を話すと


「・・・ん?(失笑)  周りも失笑


みたいな謎コンボ。

「あれ?僕おかしなこと言っちまったかな?」

と思わせる。




経験頻度は高く毎回へこみます。

で、わかったのはこういう人たちのコミュニケーションは「完全なる型」が存在しているということ。

その型から一歩でもはみ出すと「失笑」となり「おまえおかしい人間になってるって気づいてる?」と恥意識を植え付ける。




これはコミュ障です。自分ではなく相手がです。

コミュ障は「きょどる」だけではなくむしろこれは無害な方で、「なんちゃってコミュニケーションうまい人」の方が実害。

「いじりまくる」「他人の尊厳を簡単に踏みにじる」「笑いのためには簡単にけなす」「ぐいぐいプライベートスペースへ侵入してくる」


上記が実害あるコミュ障です。そして今回のケースも属します。

無数存在する会話の型を知らない。

相手に恥をかかせることで有利性を得て悦に浸る。


ひと昔前の僕なら傷心し3日くらいは暗い顔でしたが今なら「事故」に近い感覚で過ごせる。

基本「自己責任」という言葉・概念が嫌いです。

人間にそんなコントロールできる能力がないという思想。

本当に自己責任で片付けられる人間は超優秀です。




一つの型にハマった会話をなしたその人も、型から出ることがコントロールできない人です。

もはや自然法則、重力加速度と同じです。

「もし〜と答えていれば笑われなかった・・」ではないです。

どうやっても笑われます。そういう物理法則です。

なので事故の類です。



別にやったっていいんですけど、相手を不安に貶めてしまうレベルの信頼関係なのに仕掛けるのはやっぱおかしい。

 (おわり)
0

2019/5/13

影響力が強い他人の存在は自己責任?  1日まとめ記事



ぼーっとしていたら勝手に頭に出てくること。

その一つが「学校ってクソだったな」なんですが、教師の影響力について。



もしも自分が生徒ながら教師を超える各教科の知識があったら全く先生に対して影響力を感じなかったのかな、と。

つまり知識がないとその分野の人の影響力を「自分の中で」上げてしまうのかな、と。




なので、これから影響力を受けそう、強く感じる人に対しては「ただ自分には知識がないだけ」でカバー。

無意味、ってことです。影響力の強度。

ただこれも使いどころが難しく。

0

2019/5/11

【本感想】私は私のままで生きることにした  1日まとめ記事

https://www.amazon.co.jp/dp/484709753X


韓国で60万部売れた書籍。

学びになったのは韓国と日本の社会的価値観がかなり似ている、ということ。

個人よりも集団、学歴主義で元は儒教。




日本で大流行りした「嫌われる勇気」が韓国でも流行った所以ですね。

僕も一時期ハマりましたが「あまりにも個人に責任押し付けすぎ」だったので今は一つの考えだよね、って感じです。






主体となる「自分らしく生きていく」については「君は君でいいんだよ」系の甘い文句じゃなかったです。

なぜ人間は自立が難しいか、自身を尊重するのが難しいかを言い表した本ですね。






僕が思うに、自身は我慢することで気持ち・行動制限をコントロールできるが相手にはできない。

だから自分の尊厳を蔑ろにしてまで相手の方針に従う、ということが日常茶飯事。


つまり自分の尊厳を傷つける=楽なんですよね。守る方がしんどい。


本書はそんなしんどさを軽視せずにがっつりと掴み続ける必要性を説いています。

世の中にはこんなタイトルの本に見向きもしない人、他人は自分の奴隷だからそれを勘付かれないようにどう扱うか、と言う考えのもと他人に足かせを付けることに長けている人っていますよね。

「お前は未熟だから俺が導いてやる」系もその類です。


心優しいと言うか、自分なんかどうせと、個人の思考よりも統計的に優れている社会の方が絶対善だと心許してしまうとすぐ餌食になる。

指南書ですね。隙見せんなよーって。反発するやつはやばいやつだよーって。




ただ、常識人が増えた、治安が良くなった副産物だと思いますけどね。

この治安の良さを維持したまま個人主義が強化されることが理想なんですが。


暴走族みたいなのが増えたら嫌ですし。





【総評】

個人的に新しい視点を得たわけではなく「だよね」と再確認する本。

ただこんな本がベストセラーなのがうれしい。
0

2019/5/8

運動不足で痛感した「なんでできないのかわからない」という天才の葛藤  ふと思いついた事。



運動不足で久しぶりに走ると背中が痛い。

これは「背筋が劣化したら」なんですが、今まで味わったことがない経験。

背筋が弱くて困ったことがなく、学生時代の体力テストでは上位1/4にいつもいました。


タイトルに天才、とつけましたが自分が天才だというわけではなく。

ただ天才がよく吐く台詞「なんでできないのかわからない」に当たるの「なんで走ったら背中痛くなるのかわからない」に置き換えられ。

そんな僕がいざ経験することで理解する。




人は誰しも「なんでできないのかわからない」分野が存在し、同時に誰かの自尊心を傷つけている。

これは回避が大変難しく、お互い理解し合うために言う必要性が出てくる言葉でもある。

言わない、方が問題を闇雲にさせ複雑化、大きな損害へと発展する危険性がある。



じゃあどうすればいいのかというと一つの解決策として「隙を見せる」ということ。

弱点にもなるので大変怖いことですが、自分にも被「なんでできないのかわからない」分野があるんだと示す。

そうすることで加害者になっても被害者である相手のダメージを軽減できる。

「バカにしている」ではなくて「本当にわからないんだな」という理解へ傾く。



僕は最近、人間が動物界最強へと君臨できたのは「強みを存分に生かしたから」ではなくて「弱みをさらけだせたから」という仮説を立てています。

病気の治療は最たる例ですし、思いやりなんかも「一人だと弱いから」を共通認識として所持しているから。

「強みを生かす」はどうしても個体数を減少させる、発展を妨げる考えなのではないか、と。

「強み」に着目するとそれ以下の個体は切り捨てることが「正」であるので全体の個体数は減少し、強いが故にそこばかりに注力する、つまり多様性が失われる。




弱みをさらけ出すのは最強だ、という話です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ