2015/8/5

見返りのない親切で満たされる?  心の叫び

前回の続き。

見返りなしに他人に「自己犠牲」を払ってまで親切にすることが可能なのか?

強引に考えてみました。

1)「自分は親切なやつだ」と自己陶酔。
2)「神様がみている。」という迷信を信じている。
3)親切にしているところを他人に見せつけご満悦。
4)困っている人を放っておけなく、つい自己犠牲をしてしまう。自己嫌悪する場合も。
5)うひょーかわいい人(かっこいい人)!仲良くなれるチャンス!!!
6)相手に愛がある。相手の喜びすなわち自身の喜び。
7)友情!!友達は助けるもんだろ!!
8)この貸しいつか返せよ!


初見か、顔見知りかでわけるべきでしたが。。。。大体こんなものでしょうか。

自己犠牲を批判していますが、ルールを犯してまでの自己中心行為は許せません。

割り込みとか、暴力とか。無秩序になり破滅に向かう行動ですね。

自分は自己犠牲をしがちなタイプ。幼い頃からその立場にいたからです。

なので、自己犠牲しなくてもいいところをわざわざして。。。災いがのしかかる。

困った人が目の前にいると見過ごせないタイプ。

本当に手助けしなくても大丈夫なのかどうか、ちゃんと判断しなければなりません。

しかし、ここで判断を間違えると大きな後悔が。

ああ、あの時助けといたら。。。。ああ、なんでここまでして助けたんだろ、、、自分の大切な何かを失ってしまった。

究極は他人との接触を断絶することですが、不可能。

この判断、かなり難しい。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ