2016/10/4

利己主義の時間  ふと思いついた事。

人間、時間に厳しいのか緩いのかもうワケが分からない。

仕事では時間厳守という通念があります。

プライベートでは時間厳守じゃなくてもいいと。

これは個人観点なんですが、

【時間厳守する場合】
・自分が興味あること、楽しめると確信していること。

この条件が不動で、誰かに命令されてなくても給料をもらわなくても実施します。

友人との待ち合わせでは絶対遅れますが残念ながらそこまで楽しくはないということなのかというとそういうわけでもなく、待ってる時間が苦痛だからです。
(スマートフォンのお陰でだいぶましになりましたが。お互い待つのが嫌な者どうしだと集合時間+1時間が本当の集合時間になります)

なので友人知人と共に行動より、1人で行動するほうが時間厳守になりがち。

マナーという暗黙の了解がありますが、それを守ることにより「普通」というアドバンテージを世間から頂戴できます。

マナーを破ると世間から「不潔」だとか「恥知らず」「育ちが悪い」とバッシングされる一方で自分よがりな利己的な行動ができます。

普通を維持するためか利己的にするか。

なんの話をしているのかわからなくなったのでここまで。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ